不倫を終わらせるのは、男性?女性?

2017年5月23日不倫に悩んでいる方へ

The following two tabs change content below.
不倫パパ
管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング

いつかは覚えていないのですが、

「男は選べない生き物、女は決める生き物。」

という言葉を聞いたことがあります。

 

 

不倫に限らず普通の恋愛においても「惚れた方の負け」というように、別れは男性・女性どちらから告げるのかの答えは難しいです。

 

普通の恋愛でしたら「結婚」ですが、不倫はどちらかが離婚をしない限り、大半はいずれ終わりを迎えることがほとんどだと思います。

またそれを理解してルールとして始める方もいると思います。

 

 

そして不倫の終わり方は、

「独身と既婚者の不倫の場合」と「W不倫の場合」によって、

男性と女性どちらから終わりを決めるのかは若干違ってくるでしょう。

 

 

「独身と既婚者の不倫の場合」において、不倫に決着をつける大半は「女性」の方からだと思います。

 

女性が独身の場合、妻帯者であり仕事もある男性との不倫においては会う機会は「男性側」の都合によってしまいます。

仕事のスケジュール、家族とのイベントなど、どうしてもそれに合わせていかなければならない。

男性が遊びと割り切っているのを理解した上なら別ですが、なまじ本気っぽいと嫉妬や満たされない気持ち、孤独感から
「彼と結婚してあたたかい家庭を作ろう」

といった夢をみて惑わされてしまいます。

 

そして、不倫をしている後ろめたさはあっても、いつかは誰にも後ろ指を指されない関係をと思い続けることが、孤独感からの支えにもなります。

 

ただ、男性と女性の差において、男性の場合はこの「孤独感」はもちろん薄いです。

 

男の本質として私の見解は

女性で本当に好きな人としかセックス出来ないという方もいるかもしれませんが、

男は割り切って付き合えます。

 

 

女性だけが執着して苦しむのは

不倫の恋でも「真実の恋」だと思っているからでしょう。

男は最終的に家庭を取ります。

男はそれが「一瞬の恋」だと思っているから。

これが現実だと思います。

 

 

こうして不倫を続けていけばいくほど、独身女性の方が満たされない気持ちや孤独感に耐えられず、叶わない夢と分かっていても精神的にしんどくなっていき、そして自ら答えを出すのだと思います。

 

 

「W不倫の場合」の終わり方については、

女性の方からだけではないでしょう。

 

W不倫はお互いの家庭において、片方でも双方でも何かしらの問題がある事がきっかけで始まることが多いと感じます。

また、不満夫婦仲は悪いわけではないけれどもう身体の関係はないという場合も多いので、その欲望を満たすためにも別れられないことも多いと感じます。

 

 

まあ男から終わらせる時は、

よほど嫌になったときか、配偶者にバレてしまった時でしょうか。

 

セックスができて結婚を迫られない、都合の良い相手を自ら棄てることはまずないです。

責任は軽ければ軽いほど、二人の関係を楽しむことができます。

 

 

お互い条件は一緒なので、言わなくても理解できる気遣いも多く、「ストレス」がたまりにくいのです。

 

先日の「広末涼子さんと佐藤健さんの不倫疑惑」のニュースがありましたが、

ここ最近の広末さんに対する世間の反応は

 

 

相手が9歳も年下のイケメン俳優とは、あっぱれ

うらやましい

 

という、矢口真里さんの不倫とは違った反応があらわれているようです。

 

 

それこそが本音かもしれないと感じますが、

相手の過度な束縛もなく、日常の主婦・妻としての生活の繰り返しの中で「恋愛」という足りない部分のみを補えるW不倫は、

いつまでも「トキメキ」や「女」を忘れたくない女性にとっては願ってもない機会かもしれません。

 

しかし男の身勝手な本音としては、結婚してるのに他の男とセックスする女性を、本命にするわけはありません。

それは一時の恋愛と割り切ってるから、甘い言葉もいくらでも言えるのでしょう。

 

責任を取る心配がないから、恋愛を語ってられるわけだし、やさしくもできます。

 

 

W不倫の場合、男性・女性のどちらから終わりにするかは、どちらかの情熱が冷めた方からではないでしょうか。

面倒くさくなった時。

メールも会うのも、その人では、心に響かなくなった時。

 

私が不倫相手に会わないと話してから三ヶ月目になりましたが、

未だ相手とのメールは楽しく続けています。

 

 

そして、

「不倫が発覚」

という記事を書いたその日に、

不倫相手との今まで撮った写メを消そうとずっと思っていましたが、まだ削除できずにいます。

 

その時に懲りたはずなのに・・・。

 

この「別館」に頂いたコメントでも感じましたが、

不倫でも色々ありますし、最後に責任とって結婚するケースだけは別だと思います。

 

こればかりは、人間ですから、

順番間違えただけであとから誠意を持って対処するのは誠実な人だと思います。

 

誰でも大なり小なり嘘をつくものですが、不倫の場合はそのレベルが違いすぎます。

誠実か不誠実かで言ったら、どんな理由があるにせよ不誠実な人だという事です。

 

 

不倫から脱け出そうと思っている私は、不倫をしている人に対して肯定も否定もできません。

それを選んだ人の人生はその人のもの。

誰がなんと言おうと、その人はその人の想いを全うするでしょうし、後悔したとしても、その人の人生です。

 

 

それは当人が一番よく分かってると思います。

全て分かった上で選び取ってる人もいるでしょう。

 

 

もし、こんなブログを読んで頂いて、それでも不倫をしてみたいと思う方がいらしたら

ついうっかりで不倫に手を染める前に、

「ちょっとだけ考えてみてください」

とだけ言いたいと思います。

 

 




Posted by 不倫パパ