②不倫相手の「理想の年の差」は?

2015年4月20日

先日の続きになりますが、

不倫相手の「理想の年の差」について、まずこの関係の前提は「秘密の関係」であるので「秘密を共有できる事」が条件になります。

 

その条件をクリアした上で、更にそこから最適な「相手の年齢の条件」と絞り込むと答えが見えてくると感じました。

 

 

では、まず「秘密を共有できる条件」についてですが

 

 

もし、あなたがトイレで用を足す時に、いつも「全裸」にならないと気持ちよくできない!という秘密があったとします(笑)

いえ、むしろ一人で自宅にいるときは全裸でないと落ち着かない「裸族」ぐらいのほうが分かりやすいですね。

 

そんな秘密を他人に話したとしたら、もし付き合っている彼氏がいたらちょっと引いてしまうかもしれません。

喜ぶ可能性もありますが。

 

そのようなあなたの「秘密」、誰かに話すとしたら

妖怪ウォッチでいうと「どちらのタイプの妖怪」のような人を選びますか?

 

①「ノガッパ」

nagappa

お散歩が好きなお人よし、自分の秘密もそのまま正直に話す素直な「正直者」の妖怪

 

②「U.S.O.(ゆーえすおー)」

uso

誰でも嘘つきにしてしまう、背中にチャックの様なものが付いているエセ宇宙人「嘘つき」妖怪

 

ありがとうございます。

どうやら①ノガッパという方の方が多い・・・ような気がします(笑)

 

 

では、正解・・・かどうかはわかりませんが、

私は

「どちらにも話してはいけない」と思います。

 

「嘘つき」が信頼できないのは当然なのですが、「秘密を守る」ということに関しては、「正直者」も信頼できません。
「ここだけの秘密」をどこかで正直に話してしまうかもしれないからです。
しつこいようですが、この関係は誰かにバレてしまっては本当に全てを失います。

秘密を守ることに関して信頼できるのは、「基本的には正直だが、守るべき秘密はちゃんと守る人」です。
信頼できる人とは、

「正直だけど、嘘もつける人」のことだと思います。

 

 

キャラクター的に言うならば、妖怪では思い当りませんが(笑)

ONE PIECE(ワンピース)でいうところの「ウソップ」のような人でしょうか。

8631598

決して嫌われているわけではなく、仲間のために嘘をつくなど愛すべきキャラクターです。

 

まあ、「嘘もつける人」なんてわざわざ言わなくても、今日すでに「嘘ついちゃった」という人もいる気がします。

しかし「他人の秘密を黙っていられない人」というのは、もっともっといそうな気がします。

 

「秘密を守る」=「守るために嘘をつく」と考えると、

秘密を黙っていられないのは「嘘がつけない」のと同じだと思います。

 

 

「○○さんのご主人と、○○さんの奥さん、不倫しているらしいわよ!」

人間が秘密を守るのが難しいのは、情報を他人と共有できないと「孤独」を感じるという心理もあると思います。

 

 

「秘密を共有できる条件」というのは、

自分の秘密も、他人の秘密も、固く守れるというのが前提だと思います。

 

 

この関係を続けている人は、配偶者、家族、多くの人に嘘をつかなければなりません。

嘘をつくと、バレないかどうか気になって落ち着きません。誰だって黙って秘密を抱えているのは
苦しくしんどいでしょう。

 

秘密を他人に知られると損をしたり笑われたり、

ましてやこの不倫関係という事が知れたら全てを失うので、私は自分の秘密はどれだけしんどくても守っています。

 

ですが、他人の秘密を別の誰かに話しても、実際に自分は平気でしょう。

だから、他人の秘密を守るのは難しいのだと思います。

 

 

もし、このブログをご閲覧の「不倫関係」の方、

お相手の普段の言動を、よく思い出してみてください。

 

その「信頼できる相手」は他人の秘密まで話してくれる、何でも話せる人ですか?

「ここだけの話・・・」とか言うのが口癖だったりしませんか?

 

もしそうなら、とても心配です。

 

 

他人の秘密を守ることができる信頼できる人は、正直さと嘘をつく能力、

「ノガッパ」と「U.S.O.」というような矛盾した要素を持っていて、「自分の価値観」によってそれらを使い分けることができる人だと思います。

 

その「守るべき秘密」とは何でしょう。

秘密を守る「べき」かどうかは、その人それぞれの価値観によって決まるでしょう。

たとえ、どんなに仲が良く、腹を割って話せる「親友」だとしても

この関係は話して良いものでしょうか?

 

私は無理です。

相手以外、決して知らない二人だけの「秘密の共有」です。

 

人によって、それを話す、話さないは考えの違う所だとは思いますが、

守るべき秘密というのは「その人の価値観そのもの」だといえるのかもしれません。

 

価値観が違えば、ある秘密を守るべきかどうかの判断も違ってきます。

 

 

ですので、秘密を守ることに関して信頼できるのは、

「正直だが、嘘もつける人」であり、

 

その上で「自分と価値観を共有できる相手」だということになります。

 

 

そして、ようやくですが(笑)

不倫相手の「理想の年の差」は、

「お互いの価値観」が共有できる年齢差

ということになってくるのだと、感じます。

 

 

また後日に続きます。

 

 

Sponsored Link