不倫相手のことで頭がいっぱいになり「子どもへの愛情不足」を感じてしまう…W不倫のタブーに向き合ってみる時期では?

不倫に悩んでいる方へ

不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

W不倫中に相手となかなか会えなくて相手の気持ちが分からなったり不安になると、どうしても子どもに対して優しい気持ちになれない時もあると思います。

ずっと楽しみに待っていたのに、久しぶりのデートもお相手さんのお子さんの風邪でドタキャンになった…そんなことばかりが続くと心も不安定になり、育児でのストレスも一人で抱え込んでしまう。そして子どもに辛くあたってしまう。

自宅で子どもと一緒でも不倫相手のことを考えてる時間の方が多い…そんな自分は母親失格だと思ってしまう女性へ、W不倫のタブーである「子どもと不倫相手」について向き合っていかないといけない時期にいらっしゃると思います。



自分をダメな母親だと思ってしまう原因

W不倫ではお互いの子どもの話も相手とすると思います。私達はまだ子どもが小さかったので子育ての話もよくしていました。

不倫相手の子どもは夜泣きがひどく、一睡もできない夜も多々あったそうです。旦那様は仕事がいつも夜遅いので育児に関しては母親に任せっきり。育児のストレスでいっぱいいっぱいのある日に、旦那様は両親と一緒に三人で温泉に行ってしまったこともありました。

「どうして家で孤独を感じないといけないの?」とその当時の私は不倫相手の心の支えになっていたと思います。

W不倫での関係は、お互いに生活のストレスからの支えとして相手の存在が大事に感じる場合もあります。でも実際にそう相手に言ってしまうと重く感じられてしまうでしょう(涙)だから不倫相手の都合を考えて無理に会いたいとも言えず、外でも中でもどこにも逃げ場がない状態になってしまいます。

そんな状況では子どものことを考える余裕がなく「子どもへの愛情不足」を感じ、自分はダメな母親だと感じてしまう。不倫を続けるなら子どもともしっかりって思うけどなかなか器用にできないのが実際のところ。

W不倫で相手との関係がうまくいっていない時は、不倫相手のことばかり考えている自分に気づいて「子どもへの愛情不足」を感じてしまい、自分をダメな母親だと思ってしまう負のスパイラルから抜け出せなくなってしまいます。

 

子どもへの愛情不足を感じてしまう原因

家にいるときにも不倫相手のことばかり考えて、子どものことを考える時間が少ないダメな母親だと感じてしまう…。

不倫をしていた頃より娘たちが大きくなった私が思うのは、子供への愛情不足というよりもただ罪悪感のほうが勝ってるだけのような気がします。母親としての問題はまた別のところにあると思います。

子どもの顔見る度に、不倫をしている自分に「いいのかな、いいのかな」と自問自答をしている。保育園に迎えに行ったり参観日に行く度に「現実はこっちだよ」と思ってしまう。すべては子どもに対する罪悪感から来る感情です。それを母親としての問題で片付けようとしているのです。

そんなこと考えてても変わらないものは変わらない。変えれるのは自分の思考だけです。

W不倫をしているのなら簡単に会えないのは当たり前。でもそれぞれの大事な時間があり、それを尊重しながらでも二人の時間も大事にしようと考えなければいつまでたっても気持ちは楽にはなりません。

「不倫に都合のよい言い訳」に聞こえるかもしれませんが(涙)自分にとって都合よく考えることは自己防衛のために必要だと思います。自分が壊れたら他の人を愛するどころじゃなくなります。他者への思いやりは大事ですが、自分を守れない人間に他者は守れません。

 

お子様への変わらない愛情を

そして、子どもへの愛情不足ということに関しては、最近思うのは子どもは子どもの思いがあって、自分自身が原因ではないと感じます。

子どものシグナルが何かあった場合に、以前の私なら不倫をしている自分に原因があるのかもと思ってしまうでしょう。ただ実際にはすべては子ども自身の思いであって、親の思い子知らずであり、子の思い親知らずなんだと感じます。そう感じるのは子どもたちが成長してきた証しでしょうか(笑)

不倫相手との関係を続ける続けないというところで子供への愛情レベルは変わらないと思います。

私は以前は自分の子どもだけ特別かわいいと思っていましたが、最近は自分の子も人の子も、どの子も同等にかわいいと思います。

W不倫をしている女性でどうしても子どもに辛くあたってしまう自分がダメな母親だと感じるときは、不倫相手とも離れ、子どもとも離れ、お一人様時間を持つことで気持ちを調整することも必要です。

一歩引きながら、「子どもと不倫相手」についての気持ちを調整してみてください。

本日もご閲覧ありがとうございました。




Posted by 不倫パパ