不倫の「別れさせ屋」って??突っ込みどころ満載な別れさせ工作のシナリオとは




不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

来月はクリスマス、終わればもう年末ですね。不倫が始まりやすい時期というのは色々とイベントの多いこれからの季節らしいです。探偵事務所に浮気調査の依頼も多く入るそうです。

そしてこの時期もう一つ、「不倫の別れさせ屋」にも依頼が多いとネットで見ました。…そもそも不倫の「別れさせ屋」ってどんな方法で別れさせるの?本当に成功するの?と興味が湧きました。



不倫分散の目的は不倫で沼らないため


彼への好きは永遠に、分散相手への好きであなた自身の愛をもっと大きく変えていく。「不倫で沼っている女性」へのささやかな願いです。

これが「成功率90%」の不倫相手と別れさせるシナリオだ!!

夫と不倫相手を別れさせたい。逆に奥さんと別れさせて自分だけの男にしたい。

そのような依頼をもとに、人と人の関係をあたかも自然を装い演出し、そのシナリオに沿って工作を進め相手と別れさせるのが「別れさせ屋」の業務です。

費用は一般の探偵業務の10倍以上の「約200万円前後」というとても高価な相場らしいです。どんな方法で不倫相手と別れさせるのか?とある「別れさせ屋のホームページ」で載っていたそのシナリオをご紹介します。

「不倫しているご主人様」を不倫相手から別れさせるシナリオ。

(第一段階)男性工作員と友人関係の構築

ご主人に同性である男性工作員を接触させ友人関係を構築させる。ご主人と男性工作員の連絡先の交換をして情報収集・仕事や恋愛観・結婚観の聞き出しを行う。

期間…約二か月間

 

(第二段階)女性工作員との親密な関係作り

男性工作員を介し、ご主人と女性工作員を接触させる。女性工作員との連絡先の交換から親密な関係作りを進めていく。その際、共通の友人である男性工作員が二人の間に入り、本音を聞きだしながら関係を取り持っていく。

期間…約一か月半

 

(第三段階)女性工作員とご主人の交際から不倫相手と別れさせる

女性工作員がご主人に交際を申し込む。自発的にご主人と不倫相手を別れさせる気持ちにもっていき関係を終わらせる。その後、約一ヶ月ほど交際し奥様とやり直す様に仕向けて別れる

期間…約一か月半

自発的に別れる気持ちにならない場合は、女工作員とご主人が不倫相手に偶然出会うなどの修羅場を作り最終的には別れさせるそうです。また、不倫問題は他の案件内容とは異なり非常に複雑であり、担当スタッフは多くの経験を持った優れた人材にて行なうそうです。

第一段階、第二段階と成功していくにつれて成功報酬が上がっていく。これが「不倫の別れさせ屋」のシナリオの例です。

…いやあ、

突っ込みどころ満載ですね(笑)

 

とある「別れさせ屋」さんのホームページに載っていた別れさせ工作らしいですが、これを読んで依頼をする人は悲しいくらいにいないでしょう。

ご依頼も不倫をされている妻側からが多く、ご主人と不倫相手の女性の関係を断ち切りたいという依頼内容。

この方法で、もし私に「別れさせ屋」が別れさせ工作を仕掛けてきたら?

本気で考えてみました。

 

W不倫中の不倫パパが「別れさせ屋」に仕掛けられた!!

なぜか知らない間にボルダリングジムで男の友達ができました。たまたま近所に住んでいるそうで、なんとなく友達になりました。第一段階は成功です。

まあ、ここまではいいとして。

今度、女友達の一緒に飲みに行こうと誘われました。行ってみたら私と不倫相手を別れさせたい女性工作員がニコニコとアプローチをかけてきました。

不倫相手のほうがカワイイから別になんとも思いません。

第二段階でそもそも失敗でしょう。ただもし私の好みのタイプである椎名林檎さんに激似な女性だったとしたら、そして私の趣味である電子タバコに詳しい人だったら意気投合する可能性は高いです。

デキる別れさせ屋だったら、リサーチの結果そんな刺客を送り込んでくるかもしれません。

そんな感じで運命的に仲良くなった工作員の林檎さん。関係は急接近してしまいました。で、ここからが第三段階。林檎さんが「不倫相手と自発的に別れさせて妻と復縁」させようとしてきました。

自発的にとなると、不倫をすることで家族を裏切っている「罪悪感」を大いに感じさせて考え直させる方法。

もしくは不倫がバレた時にはこんなことになって全てを失うといった「恐怖心」を煽る方法。そんなとこでしょう。

言われなくても死ぬほど葛藤して今に至るのですが。

付き合って二年経つ大好きな不倫相手との良好な関係。悩んで苦しんでそれでもお互いに今を選択して続けている関係に、仲良くなって三か月の女性工作員の存在は何か意味があるのでしょうか?

なんで別れないといけないの?代わりに不倫してくれるの?

こんな思考の男性なら成功するかもしれませんが。

 

実際にあった別れさせ屋の刑事事件

人の気持ちをコントロールする事に絶対の保証はありえません。ですので別れさせ屋を巡っては刑事事件に発展するケースが実際にあるのでしょう。

2009年には東京都で別れさせ屋の調査員が依頼者の妻を殺害する事件も起きているようです。

また、交際していた男性の浮気を知り「別れさせ屋」に依頼した女性は80万円を支払ったが、ほとんど仕事はされず浮気も解消せず訴えたケースもあります。

疑似恋愛で人をだます「別れさせ屋」の業務。大半は探偵業者が手がけていると書かれていました。調査業協会は「公序良俗に反する」として調査活動の自主規制項目に別れさせ工作を挙げており、別れさせ屋は詐欺業者も多いらしく消費者センターには別れさせ屋の料金トラブルの相談が増加しているそうです。

別れさせ屋のホームページを眺めているとどこまでウソかマコトかは分かりませんが、そもそも不倫において「別れさせ屋」の必要はありません。

不倫は誰かによって「始める」ものでも「終わらせる」ものでもありません。気づいたら「落ちている」ものだし「抜け出せる」ものだと思います。

別れさせ屋の力では何もできません。

ですのでこのブログをご閲覧の「ご主人の不倫をやめさせたい奥様」がもしいらっしゃったら、余計なお世話かと思いますが別れさせ屋へのご依頼はやめたほうがいいでしょう。

実際に別れさせ屋のホームページを見ると

 

別れさせ屋に依頼することで未来が確約されるわけではない、本人が変わらなければ工作自体は成功しても、幸せがくるとは限らない

と謳っているところもあります。

これは「高いお金を払っても保証はできません」としか捉えられない意味だと私は思いますが、そうでないと思った方はご依頼するのも良いかもしれません。

本日もご閲覧ありがとうございました。

不倫相手を分散しても…本当に良いの?
不倫相手を分散すること。不倫に理解のある話し相手を見つけることで苦しい気持ちがラクになり、色々な角度から本命相手と向き合えるのがその第一歩です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

不倫パパ

管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング (※画像はSnapchatで女性化しました)