②不倫相手からの、目が覚めた一言

2015年4月20日不倫に悩んでいる方へ




先日のお話の続きになります。

不倫相手からの、目が覚めた一言。

 

「そんなときに、パパ何やってんだろね~」

文字通り、子供がまだ体調不良だというのに私の欲望しか考えていない行動に

 

まさか言われると思っていなかったその時の言葉に

分かっているからこそ、目が覚めました。

 

ちなみに、不倫をしている男性は女性に対して

「妻とはずっとセックスレスだ」

「妻を女として見れない」

「家には居場所が無い」
※以前の記事「不倫男の常套句」にて詳しく書かせて頂いてます。

 

自分の妻に対する不満はわりとこぼしていると思われます。

 

 

でも、不倫相手に「自分の妻の写真」は見せようとしない、見せたくないと思います。

 

話はするけど、写真は見せない。

これはどういう事かと言うと、

不倫相手よりも家庭が大事であることを言っていると思います。

 

私は、個人的な見解ですが男性のほとんどが

どう言おうと結局は、

不倫は遊び、セッ○スありきであると思います。

 

 

不倫相手に妻の事を話すだけなら問題はありません。

妻の写真を見せるという事は、容姿においての不倫相手との比較対象の材料を与える事になります。

 

よく人の第一印象において、「見た目が9割」という言葉を聴きますが、

アメリカの心理学者、マレービアン博士の研究結果によると初対面の第一印象を決める情報の割合は

目からの情報が55%、耳からの情報が38%

合わせて93%なのだそうです。

 

 

不倫相手の妻の写真を見て相手のイメージの半分を構築し話の中で相手のイメージを声を聞く以上にどんどん膨らまして
いきます。

 

不倫相手に夢中になりすぎると、相手の配偶者の事が気になってきます。

夢中になりすぎて独占欲が出てきてしまうと、

不倫相手の配偶者に対する

「嫉妬」や「羨み」が沸いてしまうと思います。

 

遊びで不倫をしている男性は、妻自体に対する愛情は希薄になっているかもしれません。

しかし、今まで積み重ねてきた社会的地位や家庭を捨ててまで不倫相手を想っている事は、

まずありえません。

 

 

「大事な家庭を壊される要素は与えないほうが良い」

これが不倫相手に写真を見せない理由だと私は感じています。

 

これに対して、

子供の話はよくするし、写真も見せる。

 

子供の写真は、妻の写真とは別次元のものなので、何の警戒もなく見せてくれるでしょう。

むしろ、それを見せる事で不倫相手に対して

「私の大事な家庭を壊すようなマネはしないでほしい」

 

と、子供の写真を見せるのと、妻の写真を見せないのとでは行動は真逆ではありますが、

意味は全く「一緒」であると思います。

 

 

先日、仕事で取引先に行った時

しばらくお会いしていなかった私と同世代の男性と話しました。

かなり痩せてしまっており、全く別人になっていました。
最後に会った時から17キロほど体重が減ったとの事。

 

理由は離婚されたからだそうです。

 

お仕事が忙しく子供を見れないご主人様に対する奥様の子育てに対する価値観の不一致が原因と話されてました。

少し仕事が落ち着き、時間もできてお金もあるので

体型が変わったからスーツや私服も全て買い換えて、

また大好きな車に、色々とつぎ込めるので楽しくやっている。らしいです。

 

 

でも

「子供の顔が見れないのが、一番辛いね~」

と話されてました。

 

奥様に対しては全くの「他人」だから、どこで何をやっていようと全く気にならないし、

やっぱり血が繋がっていない相手だから、幸せになっていてもなっていなくても、全く気にならないそうですが

 

「・・・とか色々思うけど、

やっぱり子供の顔が見れないのが、一番辛いね~」

とその後も何度かリフレインされていました。

 

私と同様に娘さんがいらっしゃった方でしたが、

自分の子供に会えない辛さだけは、しみじみと伝わりました。

 

 

私も大いに共感します。

 

もし不倫をされていらっしゃる女性で、この記事をお読みになられた方は

ちょっとだけでも気に留めておいて頂ければ幸いです。

 

 




Posted by 不倫パパ