ご投稿はユーザー登録から・・・786人のユーザー様
この記事を書いた人

光を求めて

Sponsored Link

Unsplash / Pixabay

皆さまこんばんは。
仕事が不規則な上に体調不良で更新が遅れてしまいました。

前回の続きです。

私達がこっそり連絡をとっているのが、奥様にバレてしまったのです。
これが二度目の発覚。

その直後、彼からの連絡で突然別れを切り出されました。
もう二度と家族を悲しませたくない、
家族が一番大事だから、もう二人では二度と会わない、と。
今までの彼とは違う、強い、何か自分に言い聞かせているようにも聞こえる口調でした。

それまでは何があっても、
私への気持ちは変わらない、出逢ったことも後悔していない、ずっと一緒だよ、
と言ってくれていたことさえも、否定されました。

後にそれは、そこまで言わないと決心が鈍ってしまうから、本心ではなかったとわかるのですが。

その後、どうにか一度直接会って話をする機会をもらいましたが…。
彼の気持ちは変わらないようでした。
奥様の精神状態が限界で
監視が極限になり、もうどう頑張っても、彼が身動き取れない状態になってしまったことを知り、私は打ちのめされました。

彼がどんどん憔悴しきっていくのを見て、
私に何かできることはないか、必死で考えましたが、全てが空回りのような状態で…

平日毎日くれていた彼からの連絡がなくなり、
仕事中の態度も明らかによそよそしくなり、
社内でこれは生き地獄だと、何度も泣きそうになりました。

それでも暗いところだけは見せまいと、普段通り明るく接するように努め、
完全に離れていかれるのが怖くて私から連絡したりしていましたが、
事態は好転することもなく、心が折れ、連絡ももうやめました。

それでも
彼がたまに見せる笑顔や、くだらない冗談、時折、私を見る時の切ないような眩しいような視線。
付き合っていた頃と変わらない、彼の気持ちを感じ取る瞬間もありました。

そんなことでほんの少しの期待をしてしまう自分は、ほんとにバカだなって思います。

彼はもう、私といると罪悪感でいっぱいだって言っているのに。
好きな気持ちはずっと変わらない、でもそれを素直に表すことはもうできない、と言っているのに。

私にできることは、もう彼を解放してあげることだけなのかもしれない、
彼の幸せのために、身を引くことだけなのかもしれない、
頭ではそう思っても、ほんの少し前まで私に向けられていた彼の愛情や、楽しかった想い出を思い出すと、どうしても諦めきれず…

もう一度、二人で会う時間を作ってもらえることになりました。

ただここ最近の彼の態度は、輪をかけて冷たいんです。
まるで別人のようです。
職場は階が分かれていますが、仕事柄関わることも多く、彼がラウンドしてくるので避けるわけにもいきません。
ただ淡々と、必要最低限な会話しかしていません。

私への気持ちなど、綺麗さっぱりなくなってしまったかのようにみえます。
むしろ、私の存在が彼の負担になってしまっているのでは、とさえ思ってしまいます^^;

こんな状態で、彼はどういう気持ちで会うことを決めてくれたのでしょうか?

私の気持ちに応えられない、という懺悔のつもりで最後一度だけ頑張って機会を作ってくれただけなのでしょうか。

私としては、二人の時間を精いっぱい楽しく過ごして、良い想い出を残したいです。
やっぱりこいつといると楽しいな、気が合うな、イイ女だったなって、最後にそう思ってもらいたいです^^

今のままだと、彼の中で、重くて悪い印象で終わってしまいそうなので。

そのためにも、その日まで目いっぱい女磨きを頑張ります。

その時がくるまで、私は彼をほっておく感じで良いのでしょうか?
これ以上彼を追い詰めたくないし、今はそっとしておくのがベストだと思っているのですが…。
社内での接し方が難しいですが^^;
普通に、ってのがすごく難しい。。

人は余裕がなくなると、本当に変わってしまうものだよ、と親友から言われました。

この先、彼の環境や気持ちに余裕が出来たとき、(そんな時がくるのかは謎ですが)
一番に、私を思い出してもらえるように、今はそれを目標に頑張っていくつもりです。
縁があれば、どんな形であれ、彼とはまた繋がれる。
自分がどんな未来を生きようと、後悔ないようにしたい。そう思っています。

皆さま何かアドバイス等ございましたら、お願いします。

コメント

  1. はな says:

    おはようございます、菜奈さん。
    菜奈さんは独身なのですから、既婚者とお付き合いをされるのは時間の無駄かな、と。(ごめんなさい、表現が酷で)
    結婚して10年とか経つと、夫婦関係には恋心はなくなってドキドキも無くなりますので、そこで気のある人が自分に飛び込んできたら、、、恋愛になるとは思います。でもね、不毛ですよ。好きだ、という気持ちは持ち続けても構わないとは思いますが、なるだけ早く独身の方と結ばれるように行動をとった方がよろしいかと思います。

    年上の既婚者って何もかも満たされているから、ガツガツしていなくて落ち着いていて魅力的に見えるでしょうが、深入りしちゃダメですよ〜。
    罪なのは既婚者なのに未来のある独身女性に声をかけたこと。
    振られて悔しい〜ってなる前に、ご自分の方から 捨ててしまえ!!っていう気持ちになられた方が後々さっぱりするような気がします。

    今後結婚をされた時、不倫をしていたことが自分の中で汚点として残ってしまわないように、なるだけ早く切り上げられた方がよろしいかと思います。どれくらいの期間、お付き合いをされているのか文章の中ではわかりませんが、これが2年とか3年とかになりますと居心地が良くなり、もっと別れ難くなると思います。別れられるタイミングがあるのなら、むしろラッキーだと思ってご自分から離れられた方がよろしいかと思いました。

    独身なのですから良縁に恵まれ、皆に祝福される恋をされることを望みます。

  2. さつき さつき says:

    菜奈さん

    はじめまして。こんにちは。
    体調、どうですか?
    ちょっとキツイことを言ってしまうことになるので、コメントをするかしないか迷いました。

    菜奈さんが求める答えにはならないかもしれませんが、こういう考え方もあると思っていただけたら幸いです。

    私は不倫された側の経験もありますし、自分も不倫をしています。どちらの気持ちも少なからず分かります。

    菜奈さんの今の状況、菜奈さんが思う以上に深刻だと思います。

    まず不倫は秘密の恋です。
    相手の奥様に2度もバレてしまった状況、会社にもバレてしまった。。。これは、お二人が周りが見えなくなっていた結果だと思います。

    ちょっと軽率だったんじゃないかな…と思います。。。

    私も経験しましたが、された側は1番近くにいた人に裏切られたわけですから絶望しているはずです。彼さんが言うように、かなり精神状態は良くないと思います。

    1度目でも辛いのに、2度目もバレてしまった。奥様は菜奈さんに対して許せない気持ちでいるはずです。

    奥さまが離婚を考えているのかいないのか分かりませんが、菜奈さんに慰謝料を請求することも考えているかもしれません。

    会社にもバレているなら、
    奥様の立場としても、そのまま見過ごすことはできないので、出るとこにでるかもしれません。

    世間はどんなに本気の気持ちがそこにあったにしろ、不倫した側が悪いのです。法律でも不倫はいけないことなのです。

    既婚者なのに他の人を好きになった彼さん、既婚者と知りながら付き合ってきた菜奈さん。どちらも世間に認められることはないと思います。

    この先、迂闊なことをしたらご両親やお友達にも知られて、会社にもいられなくなるかもしれません。

    菜奈さんは彼が大好き。
    彼も菜奈さんが大好き。
    でも、それは裏切りの上に成り立った恋です。裏切りには代償が必要で、その代償はかなり大きいです。

    それでもいいと菜奈さんは思っているかもしれませんが、彼さんは同じように思っているのかな…

    3度目のバレになってしまうかもしれないというものすごくリスクを犯してまで、菜奈さんは彼さんと会ってしたいことはなんですか?

    菜奈さんのことを考えると、
    もう彼と2人きりで会うのはやめたほうがいいです。

    このたった1回のことで、彼さんがすべてを失ったら、いい思い出になんてならないし、菜奈さんの人生もおちてしまうところまで落ちてしまうかもしれません。

    本当に辛いと思いますが、
    もう会わない。
    いろいろありがとう。
    彼さんに、この言葉を伝えて会わずに終わる。これが菜奈さんの書いてあるような理想の別れ方につながる1番の方法だと思います(´・_・`)

    菜奈さんにできるのは、彼のためにできることは、彼と別れること。彼から離れることかなって思います。

    私、菜奈さんだけが悪いとはおもっていません。Wならまだしも、独身の方と付き合う既婚者の男性に本当にいいたいです。

    離婚するつもりがあるなら、バレる前に奥さまと話して、ちゃんと話を進めていくべきです。離婚するつもりが本当にあるなら、バレる前から離婚にむけて動けばいいのです。

    それができないのは、この関係に甘えているところがあるからだと私は思います。バレなきゃ今のままでいい。と面倒なことを避けているだけ。

    離婚するつもりがない。
    離婚できない。
    そう思うなら、初めから期待するようなことを言ったらあかん。

    僕は離婚するつもりはないけど、君が好き。それでもいいか?と言えないなら、独身の女の子に手を出したらあかん!って思います。

    彼が菜奈さんに言った言葉は本当の気持ちだったと思いますが、結局はこうなってしまったのは、彼が現実をちゃんとみていなかったから。。。

    菜奈さんはまだ未来があります。
    ここは人生の節目。大切な時です。冷静にちゃんと現実をみて考えてください。

  3. さつき さつき says:

    菜奈さん

    すいません。
    途中が抜けていました。

    この恋愛の最大の思いやりはバレないこと。それは自分にとっても、奥さまにとっても最大の思いやりです。

    既婚者である彼さんは
    独身の菜奈さんを守るためにバレないように注意すべきだったし、奥さまのことを考えて行動すべきだったはずです。

    人はピンチになったときに
    本当の気持ちが行動に現れます。
    言葉ではなくて、行動です。
    彼さんの行動は、菜奈さんの目にどううつりましたか?

    ただでさえ辛いこの関係。
    Wならまだしも、どちらかが独身の場合、本当、既婚者側がちゃんと相手のことを考えてほしいといいたいです(>_<)

    おばちゃん、おせっかいで申し訳ないです。。。

  4. まっき says:

    菜奈さん

    はじめまして
    私なんかがコメント出来る分際では無いのですが・・・・・
    昔を思い出して、どうしても一言と思ってしまいました

    菜奈さん
    はなさん、さつきさんのおしゃっる通りです
    今は何も見えないかも知れないけど・・・・・

    私も若い頃既婚者と不倫してました
    大人で・・・・・同世代とは比べものにならない
    その時はとても楽しい時間でした
    でもそれだけなんですよ!
    全うされる方もいるかもしれないけど
    既婚者は新鮮な恋に飢えてるだけ
    若くて可愛い子を連れて歩ける優越感に浸る・・・・・そんな所ではないかなと

    私も今思えばあの時の経験は良い思い出になっています
    でもあの時は早めに別れて良かったと思ってます
    でなければ子供達に出会う事は無かったと

    菜奈さん
    こんな偉そうな事言ってしまいましたが・・・・・私は今、その時の彼とWの関係です
    ホントに最低な人間のコメントでごめんなさい

    1度しかない人生
    後悔しないように楽しんでください!
    幸せになってください

  5. 匿名希望 says:

    横から失礼します。
    さつきさんも奥様が手術で入院されているような時でも
    春には逢いたい、、とLINEされていますよね。
    今さつきさんに逢わないでいるお相手さんの「行動」は、奥さんに対してとても誠実な方だと思います。

    確かにさつきさんが菜奈さんに言われるのは、正論と思います。
    でも「やっぱり逢いたい」と思うのも人の気持ちではないんでしょうか。
    Wであってもシングルであっても、それは同じなのではないでしょうか。
    世の中には、バレるより人を本当に傷つける行為もあると思います。

    最後に逢うか逢わないかは、どんなリスクがあろうとも自己責任で菜奈さんが本当に後悔しないようにしたらいいのではないかと思います。

  6. Rei says:

    菜奈さん

    今、毎日がお辛いでしょうね。心中お察しします。

    自分は、25歳の時に9歳上の人と約1年、不倫関係にありました。相手が自分を好きでいてくれたのはわかりましたが、罪悪感と自分が一番でない関係を不毛に感じたし、もし略奪したとしても幸せにはなれない、と考え別れを告げました。

    菜奈さんのお相手、恋に落ちてしまったのはしかたありませんが、あまりに覚悟がなさ過ぎだった。夢中になり周りが全然見えなかったのでしょうね。40過ぎて、バレてから家庭が一番大事、あなたを縛れない…なんて。

    だったら、最初から告白するんじゃないよ!って言いたいです。

    私見ですが、お相手さんは今、守り&逃げの態勢になっています。もちろん、菜奈さんに申し訳ない気持ち、まだ好きな気持ちもあると思いますが。

    なぜ会うのか…最後に菜奈さんの要望に応えようという、彼なりの誠意と、カタをつけたいという気持ちがあるのではないでしょうか。

    会う時までは、放っておいた方が良いと思います。

    菜奈さんが綴っているように、最後は楽しく良い思い出を作って、キレイにお別れしたい…そのお気持ち、痛いほどわかりますが

    お相手さんの、最近避けている態度から…そうならない可能性あり。そうなった時の菜奈さん失望、さらに傷ついてしまうことが心配です。

    男は、別れを決断するとしばらくは相手のことを考えたくない生きものみたいです。
    それなので、男は復縁に時間(短くて半年、長い人は数年)を要するらしい。

    菜奈さんが、努力しなくても、必ず彼はあなたのことを、一番に思い出しますよ。彼の人生の中で一番輝かしい恋愛なのですから。
    きっと、しばらくしたら連絡もあるでしょう。

    しかし、今は会っても、別れる話にしかならないかもしれない。期待しないでいた方が楽です。

    恋愛の真っ只中で、相手が良い部分しか見えない中でのお別れは、悲しいと思います。どうして?って言いたいけど言えない。

    私は、相手の情けない所を嫌いになることで忘れようとしました。そして、次に明るい男性と付き合ってみたり。

    菜奈さん、今はお身体大切に。彼にどう思われたい…より自分をもっとケアするように、日々過ごしていただきたいです。

    そして、今度会う時は、あれ?そっけない?っていうくらい清々しい感じでサヨナラしてほしいなぁ。演技でも。
    かなり、つらいと思いますが。。

    あぁ、惜しいことをしたなぁと思わせてやりましょう。

    私も菜奈さんが、もし私の友人だったら…という気持ちで書きましたが。好き勝手書き過ぎですね、ごめんなさい。

    傷ついた分だけ、優しくなれる、輝けるって、私は信じてます。菜奈さんの未来は可能性に満ちていますから。

    菜奈さんが、1日も早く元気になられることを、お祈りしています。

  7. さつき さつき says:

    匿名希望さん

    なにか気に触るようなことを私が言ってしまったみたいで、ごめんなさい(>_<)

    菜奈さんの自己責任で、最後は決めたらいい。本当、そうだと思いますが、
    不倫された妻側は、けっこうシビアにいろいろと考えます。

    離婚はしてもしなくても、慰謝料を請求するために法廷に持ち込む方も多いので、 私はそれが心配になってコメントしました。

    バレる前なら、匿名希望さんの言うようにふたりで会って、話しても良いと思います。でも今回。2度もバレてしまっているので、奥様はものすごく警戒しているはず。

    2人で会っている時に、奥さまが乗り込んで来られてしまって修羅場になってしまったら、それこそ菜奈さんが傷ついてしまうやろなー…と考えました。

    これはあくまでも私の考えです。
    匿名希望さんがいうように、最後はどうするか菜奈さんが決めたらいいと思います(*^^*)

  8. 睦月 says:

    菜奈さん

    こんばんは。はじめまして。
    私もシングルで、既婚の方と付き合っています。年齢的なところもそんなに遠くないと思います。

    菜奈さんのところと違う点は、私たちはバレてはいないという事。あと、私の彼はハッキリと私たちに社会的な未来は無いと断言している事です。

    きっかけは彼さんからなのですよね。私たちのところもそうです。独身×既婚の関係は、たいてい既婚者からのアプローチから始まるものなのでしょうね。
    そして既婚者にとって、この関係は非日常。私たちにとってはどうしても日常になってしまいますけど…、つまりは気持ちのベースがもうはじめから違うんです。

    今は耳にタコが出来るくらい、私に僕の主軸は家族なんだという話を、会うたび滔々と聞かせてくる私の彼ですが(おそらく自分に言い聞かせてるのだと思います)、最初の頃は、毎週家族にウソをついて会いに来ようとしていたし、平日は毎日電話してきていました。私が不安になって、LINEは毎日消してる?って聞いたり、無理はしないで、女のカンを甘く見たら駄目と釘を刺してしまうくらい、元来理性的な性格の彼でも明らかに浮かれていました。

    いま、未来は無いけどいいのか?と相手に聞かれ続ける事、本当に辛いです。不毛なのはわかってるし、こんな道を取る自分は、どこか欠陥があるんだろうな、とも思います。

    冷静に考えてください。彼の立場で、どういう道が彼にとって失うものが少ないか。
    誰でも自分が1番幸せになれる道を進みたいんです。

    同じ職場という事で…自分がこの状況だったら…と思うと、想像するだけで胸がつぶれる思いです。

    このあとどんな決断をされても、菜奈さんに大きな負担があるのは間違いないとは思いますが、菜奈さんが少しでも納得できる答えを見つけられればいいなとホントにホントに思います。

  9. ミキ says:

    後悔のないようにするための
    アドバイスを
    菜奈さんは求めていますよね。

    自分ひとりでは気づけない、
    違った視点からのアドバイスが
    多ければ多いほど、
    菜奈さんにとっての選択肢が
    増えますね。

    皆さんが気づき・知恵を
    持ち寄って、いかに『死角』を
    なくすか。

    全てが、心のこもったやさしいコメントだと思います。

    何事も、実体験に勝るものは
    ないと私は思っています。
    信憑性が高まりますよね。

    さつきさんの視点
    私は支持しますよ(*^^*)

  10. 菜奈 says:

    はなさん

    コメントありがとうございます。
    不倫は不毛な恋、幸せな人生への遠回り、私もずっとそう思っていました。
    正直、自分がこうなる前までは、軽蔑もしていました。

    30代になって、今まで縁がなかった既婚者の方達から声がかかるようになり、男の人の裏の顔に幻滅さえしていた自分が、ここまで不倫にはまってしまった理由。
    彼だけが他の既婚者と違った理由は、
    それは彼が既婚者だから、独身だからとかじゃなく、出逢った瞬間から「彼」という男性が特別だったからだと思います。

    だから二人がこうなってしまったのは必然であり、
    関係が周囲にバレてしまったのも時間の問題だったと思います。
    私達がこうならない選択肢があるとしたら、二人がもともと出逢っていなかった、ということくらいでしょうか。

    それでもやはり、たまに考えてしまいます。
    もし彼が気持ちを押さえてくれていたら、私から近づくことはなかった。仕事も楽しく、ずっと良好な仲でいられた。
    何より、今こうしてお互いに深く深く傷つくことはなかった、と。
    それでも、過去に戻れたとしても、私は懲りずにまた今の道を選んでしまいそうな気がします。
    それくらい、彼と出逢っていない人生なんて、考えられません。おかしいですよね。こんな状況だっていうのに。

    自分から捨ててしまえ!!って思えれば、本当にどれだけ楽か。自分の人生の為に必要な別れだと前向きに捉えるしかない。はなさんのコメントを読んで、強くなりたいと思いました。

    不倫の汚点、、
    今後結婚できたとして、旦那さんになる人をピュアな気持ちで見れるか、そもそも今後出逢う人を彼と比べずに見れるか、、想像しただけで、果てしなく時間がかかりそうです。でもそれがこの恋を選んだ自分への一番の罰だと思って、しっかり受け止め、前を向いていこうと思います。

    皆に祝福される恋、良いですね^^自分にそんな時が来るか今はまだわかりませんが、頑張ります。

  11. 菜奈 says:

    さつきさん

    コメントありがとうございます。
    体調はもうだいぶ良くなりました^^

    そうですね、この件で一番傷ついているのは、誰よりも奥様ですよね。同じ立場の方からすれば、私は絶対に許せない存在なのかもしれません。
    慰謝料の話などは今のところ聞いていません。

    私と彼の関係がどこまで奥様にバレているのか、詳しくはわかりませんが、
    「好意をもってしまったけど、身体の関係は一切ない。」そう伝えてあると聞いています。
    彼は一から十まで説明するタイプではないし、本当のところはわかりませんが。。
    二度目にバレた時も、相談を受けていただけ、という風にごまかしたとのことです。

    会社も辞めずにすみ、慰謝料も請求されず、親にも友人にも知れ渡ることなく、私は幸運なのでしょう。

    バレないようにすることが最大の思いやり、本当にそうですね。
    でも、もしバレずに会い続けていたとしたら、私はきっと罪悪感と嫉妬で苦しみ続けてしまっていたと思います。
    貴重な30代の時間をどんどん消耗し、気づいた時には今より最悪な状況になってしまっていたのではないか…早めにこうなってむしろ良かったのではないか…と、今は無理やりそう考えることくらいしかできません^^;

    そこが未来を切実に考える独身×既婚と、Wとの違いなのかもしれませんね。

    彼の行動…
    会社にバレた時は、私を守ってくれました。
    家族にバレた後は、家族を大切にしたいという気持ちが伝わる行動が多くなりました。
    そして今、彼はすべてを犠牲にしてでも家族を守ろうとしています。

    さつきさんの心のこもったコメント、心に響きました。今後これ以上二人と周囲の人間が不幸にならないよう、冷静に考えたいと思います。

  12. 不倫パパ 不倫パパ says:

    菜奈さん、ご投稿ありがとうございます。

    お相手さんとの最後の逢瀬の約束、
    本来は嬉しいはずですが、複雑な心境だとお察しします。

    そしてその逢瀬というのは、そう何か月先というわけでもないのでしたら、まずは命がけでの用心を徹底されるべきだと思います。
    徹底とは、他人から見たら「狂ってる」と思われるくらいのレベルです。お二人を取り巻く環境に味方はいませんから、それくらいの覚悟が必要だと思います。

    お相手の方も、そうまでしての逢瀬ですから覚悟をお持ちだと思いますし、
    どんな未来になろうと、受け入れる気持ちの準備をされておくべきです。

    菜奈さんも最初は家庭を壊すつもりはなかったのですよね。
    お相手さんの家庭に触れてはいけないし、生活を脅かしてもいけない。
    そうしている限りにおいては、それは不倫の悩みではなく、通常の恋愛の悩みと一緒だったと思います。

    私は今思うことは、「不倫」はその瞬間瞬間と空間をいかに大切に過ごしていけるか、だと感じています。
    その時のことが、今となっては夢のようにさえ思う時があります。

    この関係は間違いなく恋愛ですから、端的に言うなれば
    離婚して結ばれるか、別れるかです。
    もう一つは、不倫相手として社会的に認められぬ関係を続けていくこと。
    周りに迷惑を掛けないようにそうしていく事が、菜奈さんの本当のお気持ちのように感じます。

    私は不倫の未来に関しては、
    関係がバレてしまった女性と親密になり、その女性とお相手さんのその後の関係というものの現実を聞きました。
    また非公開という形でのメッセージで、いくつかの実際のお話をお聞きしていますが
    ここでは書かないことにします。

    菜奈さん、
    一つだけ考えてみてください。

    人は歳をとる生き物で、肉体的な魅力は永遠ではありません。
    もし関係を続けたとして、その不倫関係が終わったら
    菜奈さんは何歳になっているでしょうか?

    先ほど、受け入れる気持ちの準備と書きましたが、
    それは何かというと
    「出会った既婚者とは必ず別れる」
    というのは、覆られない事実ではないかと思っています。

    結婚したとしても、必ず別れは来ます。
    それは離婚かもしれないし、死別かもしれません。

    だから、
    まず自分を大切にしていく。

    何がどうあろうと、自分自身とは一生付き合っていかなければなりません。
    そして、いつ別れるか分からない相手であっても大事にする。

    「出会った既婚者とは必ず別れる」という事実をしっていれば、相手に振られたとしても受け入れやすくなりますし、執着を減らすことで結果的に相手のことを大事にできるはずです。

    目の前にいる恋人は、やがて愛想をつかし別れるかもしれないし、病気や事故にあってしまうかもしれない。
    家庭の事情で一緒にいれなくなってしまうかもしれない。

    だから私たちは、出会っている瞬間瞬間を大切にするしかないんです。

    そして、二人がうまくいっている時にとった「お相手さんを大切にする行動」が、もしかしたら再び惹き寄せるかもしれない。

    そのように、別れる事実を受け入れているほうが、「未来の二人の関係」は長く続くように感じます。

    これはあくまで、色々な不倫の未来を見させて頂いた私の持論ではあり、私はその気持ちで今までを過ごしてきました。

    菜奈さんのお答えを見つけて、
    ぜひ後悔のない選択をしてもらえればと思っております。

    是非またお書きに来てください。

  13. ゆき says:

    菜奈さん

    既婚、未婚じゃなく「彼」が特別だったから…よくわかります。
    不倫なんて嫌なものですよね。
    したくて不倫じゃない、不倫のあるべき形なんてどうだっていいと私は思います。
    奥さまが傷つかないようになどという考え方はかえって失礼で、奥さんの立場からすれば、気にしてくれるんなら別れて!なんじゃないのかなって思うんです。
    奥さんは彼に裏切られたんです。奥さんを傷つけたのは不倫相手の女性ではないですよね。
    でも、現実的に慰謝料を請求されたとき払うのはこちらなんですよね。

    どうしても彼を諦めきれず、今度会っておしまいと思っていたのに、いざ会うとどうにかまた会えないかと悩んだり、慰謝料を払うことになるかもしれない、誰かを傷つけることになるかもしれないのに、それでも思い続けるしかないこともあるのかもしれないですね。

    きれいごとでは解決しなかったり、どうすることも出来ないのになかなかおさまらない気持ちってありますよね。

    男性は想われてることを素直に喜びますし、菜奈さんが極端なことをしない限りはずっと思い続けても良いんじゃないのかなって私は思います。

  14. 奈菜 says:

    まっきさん

    お返事がなってしまい、ごめんなさい。
    そしてコメントありがとうございます。

    あれからまた色々あって、、、

    まっきさんも昔、同じ経験がおありだったんですね。
    口ではなんと言おうと、所詮こういう関係は、大体は女側が夢見て終わるだけなのかもしれませんね。

    最近、友達の結婚式に参加して、周りから祝福される恋愛、結婚がどれだけ幸せなことか、改めて強く感じました。
    彼と自分のことだけ考えてしまいがちな生活から一歩外に出てみると、少し冷静に、気持ちが楽になれた気がします。

    それでも度々、ふいに胸が苦しくなって涙が出てしまう時もありますが^^;

    まっきさんと彼は、よっぽどご縁が強かったんでしょうね。
    そこまでに至る経緯も、よかったらお聞きしたいものです^^

    私はまずは自分が幸せになるために、一旦彼から卒業しようと思います。

  15. 奈菜 says:

    匿名希望さん

    コメントありがとうございます。

    逢うか逢わないか、結局その約束は、果たされることはありませんでした。
    彼の判断で、逢わないということになったんです。
    家族をこれ以上悲しませることはできない、と。

    私は彼の返答=私への気持ちが完全になくなったもの、と判断しました。

    でもその後、短時間ですが彼と話す機会があり、そこで彼の気持ちを聞くことができました。
    今はどう足掻いても自由がないので、どうすることもできない、でも気持ちは変わらずある、と。

    自分を抑えることに慣れてはきたが、私のことをしょっちゅう考えてしまう、と。
    今後の話も少しだけしました。
    彼のこと、本当にずるいな、と思ったけど、綺麗に終わるなら今だ、と思えたので、チョコを渡して身を引こうとしました。

    が、それも結局発覚し、トラブルになるのですが…
    (これはもう笑い話になるくらい(笑)彼、甘いですよね^^;)

    私達には短期間に色々なことが起こりすぎたようです。
    まだもう少しだけ、職場で彼と会う機会があるのでつらいですが、後悔しないよう、少しでも彼の中で良い思い出として残れるよう、残りの日々を過ごしたいと思います。

  16. 奈菜 says:

    Reiさん

    コメントありがとうございます。
    何度も、うんうん!そうそう!って思いながら読んじゃいました(笑)

    最後は楽しく素敵な時間を過ごして綺麗な思い出作りをしたい・・その願いは叶いませんでしたが、今はそうなって逆に良かったのかな、と思います。

    彼のことを吹っ切るのにもっと時間がかかってしまったでしょうから。
    今でも十分、時間がかかりそうな気はしてますけどね^^;

    彼とは結局、別れの挨拶はしていません。
    「今は」離れる時期なのだと、お互い思っているのかもしれないし、彼のずるさ、優しさで敢えて口にしていないだけかもしれません。

    どちらにしても、彼とのことは、良い思い出として、心の奥にしまう準備をしています。今すぐには無理ですが…
    前みたいに盲目的に彼じゃなきゃだめ、という感じはなくなりました。

    時間が経って、彼が私のことを思い出す時、私は彼が居なくても幸せだと思える時間を過ごして居られたらいいなぁと思います。
    そしてまたいつか、縁があれば二人を繋げてくれると、そうぼんやりと思い描くくらいで、今は自分の幸せを探します!

    彼の情けないところ、ずるいところなら、いくらでも出てくるので…(笑)
    まぁでもそういうところも含めて好きになってしまったんですけどね^^;

    交際してほしいと言われている男性がいるので、その方とのこと、真剣に考えようと思います。
    その方じゃなくても、今まで以上に外に目を向けます。

    お会いしたことがないReiさんから本当の友人のような思いやりあるコメントいただけたこと、嬉しく思います^^ありがとうございました。

  17. 奈菜 says:

    さつきさん

    自己責任でチョコを渡したら、それも見つかってしまいました(笑)
    まったく、彼も私も軽率すぎなんでしょうね。

    彼がこちらにいる間は、これ以上私が彼に対して何かアクションを起こすことはないと思います。彼からも、もちろん。

    ただ今回のことでわかったのは、今は何をしても、何をされても彼のことを嫌いになれないということ。

    無理せず、ゆっくりと彼から卒業できるよう、今はその準備段階だと思って日々過ごしていきます。