学生時代に好きだった同級生と不倫関係になることが、不倫において一番ハードルが高い理由

不倫を楽しみたい方へ




不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

皆さまのなかで昔のクラスメイト、同級生同士だった人と不倫をしている方はいらっしゃいますか?

なかなか少ないケースだと思いますが、同窓会や地元に帰ったときなどに久しぶりに出会い、その当時の好きだった気持ちをお互いが思い出して不倫に発展してしまうこともなくはありません。

出会って好きになった人と不倫を始めるケースと、以前から知っていて離れ離れになった憧れの人と不倫になるケース。どちらがハードルの高い不倫だと思いますか?

それはまぎれもなく「学生時代に好きだった同級生との不倫」です。



同級生不倫における「高いハードル」とは?

中学時代の同級生、高校時代のクラスメイトなど、昔に恋心を抱いていた人と再会をして不倫が始まった場合に、この恋愛が厄介なのは二人の間に歴史があるということです。

普通の不倫の恋愛は出会って惹かれて好きになって付き合うのだと思いますが、昔の同級生の場合は好きになって離れ離れになっていた時間が止まったまま。そして再会して両想いであったことを知り付き合うことになります。

そこには長い長い時間のブランクがあります。

ずっと好きだった学生時代の相手を想い続けていたわけではなくそれぞれの人生がありますし、その間に他の恋愛も経験しています。相手はこういう人だったと思っていても、変わってしまっている部分もたくさんあります。もちろん見た目の老いもあります。

アンチエイジングを心がけていて体型などはさほど変わらなくても、やはり若さは宝であり、輝いていた学生時代と比べるものではありません。

昔の同級生との不倫関係は、学生時代以上の何かプラスされるものがなければ相手を魅力的に思えないし再び好きになることは難しいのだと思います。

 

お互いが無意識に同級生を昔と比較してしまう悲しさ

例えば、昔大好きだった彼がとても立派になりました。

エリートで仕事に対しての責任感や情熱は誰にも負けない。背筋を伸ばして颯爽と歩き、身のこなしや他人への対応のスマートさを見ていると頼りなかった学生時代と比べてプラス。ただ人を見下すような面もあるのでこれはマイナス。

学生時代を知っているだけに、昔と比べて今の彼のどこがプラスでどこがマイナスなのかを無意識に見定めてしまいます。

そして、相手だけではなく自分自身も無意識に昔と比べてしまいます。

自分は平凡なパート主婦で、彼がバリバリ働いている女性が好きであればそれはマイナス。しっかりしているわけでもなく性格がいいわけでもない。家庭的で料理やお裁縫なんでもできる・・・などなど。

同級生どうしは、最初は懐かしくてすごく盛り上がります。ですが不倫関係になったとして続けていくには昔のイメージを排除した今の相手が好きかどうか?がとても大事になってきます。

いくら過去の相手が好きであっても会っているのは今の相手です。昔好きだったところは年数が経ちすぎていてそのまま残っているわけではありません。ですので、輝いていた学生時代以外の好きなところを探す作業をする感覚が無意識にはたらいてしまう。そしてこれが見つからなければきっと終わりを迎えます。

そのように、出会って好きになって始まる不倫と比べると、同級生同士の不倫というのはとても難易度が高いのです。

 

今会って、今好きになって不倫を始める方々は、これから二人で愛を育てていくことに一途になれるでしょう。でも昔の同級生と出会って好きになって不倫を始める方々は、ずっと止まっていた時間を再び動かす事のハードルがあります。長ければ長いほどリライトが難しいと思います。

もしかしたらその感覚は、一度別れてからまた不倫が再開する感覚に少し似ているのかもしれません。

昔大好きだった同級生同士の不倫をされている方へ。長く長く時間が経ってしまったとしてもまた愛を育てようという想いは、ハードルが高い分だけ乗り越えられた時の絆は昔以上に強くなるような気がします。

本日もご閲覧ありがとうございました。




Posted by 不倫パパ