ご投稿はユーザー登録から・・・804人のユーザー様
「女にモテたい」40、50代のオヤジ達へ。

「女にモテたい」40、50代のオヤジ達へ。

いえ、タイトルから

人生の先輩方達へ大変失礼なごあいさつで申し訳ありません(涙)

実は、今日仕事帰りの近所のコンビニで立ち読みをしていましたら、こんな本を見つけまして。

leon1

昔、「ちょい不良(ワル)オヤジ」という言葉が流行りましたが、

ちょいワルオヤジの愛読書(?)「LEON」から12月24日に発売された「Karada LEON Vol.2」という雑誌です。

私の勝手な見解では、LEONを購読されている年齢層は30代は少数で

40~50代のナイスミドルの方達なのかなと感じています。

私が単純に読んだ事がないだけなので、読んだら面白いのかもしれませんが・・・

20代のころはファッション誌は「SMART」をよく読んでいまして、30代になってもまだちょいちょい買っていながら、

「GO OUT」で魅力的なタイトルがあると、どれどれ?と気になりつつ。

以前はフェス好きだったので、「GO OUT」のスタイルはそんな当時を思い出させてくれるような楽しみもあり、

また作っている方達が前面に参加されている感じで、面白いですね。

それはどうでもいいのですが(笑)

そんな30代のささやかな男の楽しみだったのですが、倹約家の妻から

「もう雑誌買う無駄遣いやめたら?」

と、笑顔で言われまして(涙)。

よほど立ち読みしてまた見たくなるファッション誌以外はほとんど買わなくなりました。

今よく買うのは、「ぷっちぐみ」あたりですかね。

あ、娘用の本です。

脱線しまくっていますが、

私が言いたいのはそんな事ではなく。

コンビニで「Karada LEON Vol.2」の置いてあるその隣に、さらにこんな本が置いてありました。

leon2

「OCEANS」。

一番上にも書いてあるように、購読されている方の平均年齢は37.5才だそうです。

ここ最近、というか私がまだ20代半ばくらいの頃は

あまりコンビニに、オヤジ向けのファッション誌は並んでいなかったように感じます。

昔と比べて、多くないですか?

若い頃は目が向かなかっただけなのでしょうか?

「LEON」は、バブル景気時代に青春を過ごしたオヤジ層を購買ターゲットに絞り、「モテるオヤジ」の在り方を読者に提供していると感じます。

「OCEANS」は、そこまで露骨にモテたいという切り口ではなく、公式ウェブサイトのコーナーにもあるように

世の中のパパたちを改造して、ママや子供たちからより愛されるようなオヤジの在り方を提供していると感じます。

参考サイト「オーシャンズ オフィシャルウェブサイト」

どちらにせよ、カッコよく異性から見られたいという中年男性の需要があるから、増えているのでしょう。

「Karada LEON Vol.2」を立ち読みさせて頂いて、

「オヤジは接近戦で勝つ」というような、普通に生活していれば女性と接近して勝たねばならない機会はそうそうないでしょうが、

勝負したいと思う中年男性が増えてきたのかもしれません。

「口説きたくなる女医」のページを読んでいても、やはりそのように感じます。

以前、私はこのような記事を書いたのですが、

男の「不倫適齢期」は二度来る

男性の第二の「不倫適齢期」は、四十代後半から五十代の世代の方達だと思っています。

ただその方達全てではなく、今までの人生で培ってきたものによって選別されるものと書きました。

ですので、私はこの年代から女性にモテたいという気持ちを助長する媒体は、

第二の不倫適齢期におけるその差を埋める手段のような気がしてなりません。

それに加えて、

「昼顔」をはじめとする主婦の方達に人気を博した「女性ターゲット」ともいえる不倫ブーム。

世の中の男性は、「最近は不倫をしたいと思っている女性が増えているのではないか?」

と勘違いされてもおかしくない世の中のように感じてしまいます。

そうなれば、カッコよくなって女性にモテて

ばれないようにちょっと遊びたい

と思う男性が増えてしまっても、しかたのない事のように思います。

ただ、ここで間違ってはいけない事は、

本当に不倫という関係で悩んで苦しんで葛藤している人間は、

「始めから不倫をしたくてしているわけではない」

ということです。

40代、50代の男性が、身だしなみに気を遣うようになって雑誌を読んでセンスを磨いて

オヤジになっても生き生きと輝いているのは、とても素晴らしい事だと思います。

ただ、

「モテたい」

という下心が目的の輝きは、本来の自分自身の輝きではないような気がします。

世の中の変な風潮に流されず、その順序を間違えないアンチエイジングを

私はしていきたいと思います。