公認不倫を他のもので満たす、二つの「公認○○」

2018年9月14日公認不倫はゲスなのか?

The following two tabs change content below.
不倫パパ
管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング

良い夫婦関係でいるために、ときめきや癒しを他の相手で得ることで家庭内でのストレスを緩和する。どちらかが隠れて行うのが一般的な不倫と言われるものですが、お互いが公認しているのならその夫婦としての問題にはならない。

公認不倫とは、結婚制度が既婚者の不貞を認めないとするなら、その制度を塗り替える新しい夫婦としての関係のように感じます。

 

不倫をする人は昔よりも増えたと言われる現代でもまだ公認不倫の夫婦は少ないと思うので、その方々のご意見は色々お聞きしたいのですが、

お互いに不倫に対する理解がなければ成り立たない関係。なかなかに稀であり成立するのはとても難しい関係だと思います。

 

・・・それってうまく、他の何かの関係で代わりに成り立たないのもでしょうか?

 

Sponsored Link



公認不倫による男女の充足感のズレ

 

1122(1) (モーニング KC) [ 渡辺 ペコ ]

感想(2件)

ずっとご紹介しております、公認不倫を描いた漫画「1122(いいふうふ)」において、旦那様は不倫相手のことをこのように述べております。

結局トキメキと肉欲だけ? いやいや違うって 人としてもちゃんと好きだし

不倫男性にありがちな言葉ですが(涙)

私も不倫中は、相手に「カラダの充足感」と「心の充足感」の二つで満たされていたと思います。

 

主人公夫婦は、夫婦としては仲は良いですがカラダの関係「性の共有」だけはうまくいかずに公認不倫を一つの方法に選んでいますが、奥様は旦那様の不倫は公認するもだんだんと湧き上がる自身の性欲に答えを出すために、旦那さんに内緒で「風俗」に行きます。

第三巻ではそれは未遂に終わりますが、奥様はキスだけでも少し「心」は満たされて帰ってきます。

旦那様はというと、不倫相手がご主人の仕事の都合で海外に三年ほど在住することになるのを言われたときに、不倫相手がいなくなることにさほどショックを受けていない自分を寂しく思います。

 

お互いに他の相手と触れ合うことで、奥様は心が満たされて、旦那様はカラダが満たされていたという夫婦生活でお互いに満たされていなかったものが浮き彫りになったように私は感じました。

 

公認不倫を「分解」してカラダと心を満たす方法

私はこうして「公認不倫」に関する記事を書いているのは、不倫に関するドラマや芸能人の方の不倫やその報道、メディアでの不倫の露出で昔よりも「不倫」が世の中に浸透してきて、

今度はそろそろ「公認不倫」という言葉が一つの新しい不倫の形として、良くも悪くも今後考えざるべきテーマに育っていくような気がするからです。

ですので、その先駆者ともなる二人には大いに頑張っていただきたいと思う次第なのですが・・・。

 

夫婦間での満たされないものを補い良い夫婦を目指すことが目的の「公認不倫」に、二人の充足感に大きなズレがあるのでは本末転倒です(涙)

「カラダを満たす事」と「心を満たす事」の二つともを、不倫一つで満たそうとすることが間違っているのかもしれません。

 

それならば、

この二つは、いっそのこと分けて考えていけばいいのでは?

物事の目的を達成する上でも、手段を分散して取り組んだほうが物事がうまくいく場合もあります。

 

カラダと心を別々にして満たす方法は、私はこう考えます。

一つ目は、「公認風俗」

二つ目は、「公認セカンドパートナー」

もしかしたら、公認不倫ではなくてこの二つを夫婦間での公認の共有方法として認め合うほうが、良い夫婦としてうまくいくのかもしれません。

 

不倫となると、心とカラダでワンセットです。主人公の奥様のように不倫を割り切って考えていたとしても、人間の心までは思うとおりにはいきません。相手に両方を求めてしまうのでうまくいかなくなるのです。

「風俗」はもちろんカラダを満たすためのもの。

「セカンドパートナー」とは、カラダの関係はもたない心を満たす異性との繋がり。

この二つがあれば、公認不倫という方法を選択せずとも良いのでは?

 

それをどうやって検証していくかは・・・自分で試してみるのが一番説得力があるのですが(涙)

「風俗」ならば、ある程度の資金力と行動力があれば試せます。

「セカンドパートナー」はどうでしょう、いきなりすぐは難しいかもしれません(涙)

 

今後はそのようなことも視野に入れながら、毎日を過ごしていこうかなと思います。

 

本日もご閲覧ありがとうございました。




Posted by 不倫パパ