不倫相手の「言葉で言わない本音」~クリスマス編~

2018年12月28日不倫に悩んでいる方へ

クリスマスというイベントは、本来なら恋人達で一緒に過ごして然るべきものですが、不倫中の方は当然ながら相手に会うことは難しいでしょう。

クリスマス、年末年始、バレンタインデー、ホワイトデー、夏休み、お盆・・・

挙げれば色々あります。

 

本来なら大好きな人と迎える大型の連休などは、「相手とどこへ行こうか?」と胸をときめかせるものでしょう。

しかし家族と過ごすはずのイベントにおいて、不倫相手と一緒に過ごすのはなかなかの難題です。

以前に不倫相手に言われた事を思い出して「こんなクリスマスが過ごせたらいいなぁ」という私の願望を、今回のショートムービー「ふりんのえほん」で描いてみました。



「ふりんのえほん5」~あんまんパパのクリスマス

ショートムービーのように、不倫のクリスマスであってもなんとかして二人の時間を作ってくれる彼もいると思いますが、ごく少数でしかありません。

私も不倫相手もクリスマスは家族と過ごして然るべきなので、W不倫の女性のほとんどはクリスマスに彼に会えません。

そして、独身女性にとっては家族という現実が目の前に立ちはだかり、気持ちを落としてしまう人も少なくないでしょう。

 

でも私はクリスマスの時こそ、この関係から目を背けずに二人の恋愛について客観的に見つめなおす事が必要ではないかと思います。

私はいくつになっても、女性の心理を汲み取るのは成長しないと感じるのですが(涙)相手と過ごしてきて感じるのは

[box class=”blue_box”]朝目覚めた時から、夜眠りにつくまで、好きな人と同じ時間を過ごしたいというのが、言葉で言えない不倫中の女性の本音ではないかと感じています。[/box]

ショートムービーのように、その言葉で言えない本音をくみ取ってクリスマスに同じ時間を一緒に過ごせたら・・・最高の関係でしょう。

 

外では堂々と手を繋いで歩く事もできない関係、なるべく知り合いのいない場所を選んでデートをしなければならない関係。

そんな我慢を強いられていては、大好きな人と会っていても家庭での心の疲れも癒されなくないですか?

 

クリスマスは素直な気持ちを言葉で言えましたか?

私はこの関係の自分の存在意義は相手の夫・妻では支えきれない部分をどこまで理解して力になる事ができるかだと思っています。

私の相手はクリスマスだからといって、とくに高価なプレゼントをねだるわけでもありません。

[box class=”pink_box” title=”不倫相手”]「少しの時間だけでもいいから、二人だけの時間をもっと共有したい。」[/box]

以前に会話の中でちらっと言っていた言葉が、ずっと気になっていました。

そんな不倫女性の願いは、健気すぎると感じます。

その度を超えてしまうと、それは相手に対する独占欲になります。その度を超えないギリギリのバランス感が、お互いの心に求められるのは言うまでもないでしょう。

私はそんな相手に出会えた事を、心から幸せに感じています。

 

でも人は、誰かを愛する以上は独占欲を無くすことはできないものでしょう。

それは、この関係であっても、結婚していても同じ事です。

ですので、私は好きな相手と結婚して共に過ごしていくのがベストであるとは思っていません。

 

愛は形には見えないのでその大きさや深さを示す事はできませんが、

[box class=”blue_box”]たまにはもっと素直に、正直な気持ちをぶつけてほしいな。[/box]

そう感じた、私と不倫相手とのクリスマスでした。

 

皆様のクリスマスは幸せにお過ごしされたでしょうか?

最後に注意しておくことだけ、こちらの記事を読んでいただければ幸いです(笑)

皆様方が大好きな方と笑顔でお過ごしされたことを願ってやみません。

 

本日もご閲覧ありがとうございました。




Posted by 不倫パパ