不倫相手の「言葉で言わない本音」

2015年4月20日不倫に悩んでいる方へ

The following two tabs change content below.
不倫パパ
管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング

先日、公開させていただきました

「ふりんのえほん5」~あんまんパパのクリスマス

この解説といいますか、追記といいますか・・・

 

まあ、たいそうな事でもないのですが、以下は若干のつけたしです。

 

 

この関係において、本来なら恋人達で一緒に過ごして然るべきイベントは

私は当然ながら、リアルタイムで相手に会うことはありません。

 

 

クリスマス、年末年始、バレンタインデー、ホワイトデー

夏休み、お盆・・・

 

挙げれば色々ありますが。

 

 

本来なら大型の連休などは、恋人同士なら「相手とどこへ行こうか?」と

胸をときめかせるものでしょう。

 

しかし家族と過ごすはずのイベントにおいて、不倫相手と一緒に過ごすのは

なかなかの難題です。

 

もちろん、どうにかして二人の時間を作ってくれる彼もいると思いますが、

ごく少数でしかないと思います。

 

そう、不倫をする女性のほとんどは休日の間は彼に会えません。

そして、家族という現実が目の前に立ちはだかり、気持ちを落としてしまう人も少なくないと思います。

 

 

でも、私はそんな時こそこの関係から目を背けずに、

二人の恋愛について客観的に見つめなおす事が必要ではないかと思います。

 

私はいくつになっても、女性の心理を汲み取るのは成長しないと感じるのですが(涙)、

相手を見ていて感じるのは

 

朝目覚めた時から、夜眠りにつくまで、好きな人と同じ時間を過ごしたい

というのが女性の心理ではないかと感じています。

 

外では堂々と手を繋いで歩く事もできない関係、

なるべく知り合いのいない場所を選んでデートをしなければならない関係

 

 

そんな我慢を強いられていては、家庭での心の疲れも癒されないでしょう。

 

私はこの関係の自分の存在意義は

相手の夫、妻では支えきれない部分をどこまで理解して力になる事ができるか

だと思っています。

 

 

私の相手は、クリスマスだからといって

とくに高価なプレゼントをねだるわけでもありません。

 

わずかな間だけでもいいから、二人だけの時間をもっと共有したいという

以前に会話の中でちらっと言っていた言葉が、ずっと気になっていました。

 

そんな女性の願いは、健気すぎると感じました。

 

 

その度を超えてしまうと、それは相手に対する独占欲になります。

その度を超えないギリギリのバランス感が、お互いの心に求められるのは

言うまでもないでしょう。

 

私はそんな相手に出会えた事を、心から

幸せに感じています。

 

 

でも人は、誰かを愛する以上

独占欲を無くすことはできないものでしょう。

 

それは、この関係であっても、結婚していても

同じ事です。

 

ですので、私は好きな相手と結婚して共に過ごしていくのがベストであるとは

思っていません。

 

 

愛は形には見えないので、その大きさや深さを示す事はできませんが、

たまにはもっと素直に、正直な気持ちをぶつけてほしいなと感じた、

私のクリスマスでした。

 

 

皆様のクリスマスも、幸せにお過ごしされた事を願ってやみません。

 

 




Posted by 不倫パパ