不倫を「仕掛けた方」と「仕掛けられた方」ではどちらが悪いのか?

不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

少し前から思っていた事なのですが、

不倫を表面的に考えると「不倫を仕掛けた側」と「仕掛けられた側」が存在します。

「仕掛けた側」は男性の場合もあるでしょうし、女性の場合もあるかもしれません。どちらが悪いか?という事になれば、調停になればもちろん「仕掛けた側」のほうが悪いとみなされます。

 

ただ、私の考えとしては仕掛けた側よりも「仕掛けられたと感じる側」のほうにこそ色々と考えるべきことがある様に思います。

 

Sponsored Link



「不倫を仕掛けた方」が悪い理由。

不倫を「仕掛けた」方が悪いと思う理由としては、仕掛けた側が既婚者だとしても、独身だとしても、関係が「不倫」になる事を分かっていながら仕掛けたからでしょう。

仕掛けた方が最初に原因を作っている。だから仕掛けた側が悪い。さらに仕掛けた側から別れを切り出したともなれば、相手の人生を考えないで自分の幸せしか考えていない、その犠牲者になったと感じてしまってもおかしくありません。

その心の傷は、とても深いものだと感じます。

 

「不倫を仕掛けられた方」が悪い理由。

不倫を「仕掛けられた」方が悪いと思う理由としては、どれだけ関係が魅力的だったとしても、それを受け入れなければ不倫は始まらないからでしょう。

仕掛けた側というのは、好きな相手に好意を伝えた側であって、関係を始めるか始めないかの決定権は「仕掛けられた側」にあります。ずっと前から好意を寄せていた相手から不倫を仕掛けられたとしても、不倫はいけないと分かっていて理性を保てるか保てないかは、その本人の意思次第で変えられる事もあります。

 

 

男性も女性もそんな状況になってみたら分かると思いますが、そこで断れる人は少ないので不倫が始まるのでしょう。

そして、不倫を続けていくと分かると思いますが、男性側からの甘い言葉がなければ長くは続いていかない関係だと感じます。言葉もなくただカラダの関係だけでは、女性が無理をして続けていくのは辛いと私は思います。

 

本当に「不倫を仕掛けられた」のですか?

ただ、不倫を仕掛けたにしろ、仕掛けられたにしろ、そのように感じる原因は心の傷の深さから来るものです。

以前から申し上げておりますが、私は既婚男性と独身女性の不倫関係ほど辛く苦しいものはないと感じます。

男性側には別れたとしても戻る家庭があり家族が居る。女性側はたまたま好きになった人が既婚者だっただけで恋愛感覚は独身同士と同様であり、一人に戻った時の別れたショックはあまりに大きいです。

独身者は既婚者の気持ちなんて絶対に分かりませんが、既婚者は独身の時の恋愛の気持ちは分かるはずです。ですので、それだけ別れを切り出した既婚男性の責任は大きいです。

 

さて、

記事の冒頭に「不倫を表面的に考えると・・・」と書きました。

ここまで記事を書いてきて、やはり文面になんともいえない違和感を感じます。

 

そして、その理由が分かりました。

 

不倫を「仕掛けられた」と感じる理由

例えば、突然「僕と不倫を始めませんか?」と不倫を仕掛ける人はまずいないでしょうし、「いいよ!」と仕掛けられる人もいないと思います。

独身同士の恋愛ではないリスキーな関係ですから、もし不倫を仕掛けるならそれなりの準備が必要です。

男性側だったらどうでしょう。きっと不倫を嫌っていると感じる女性には声は掛けないでしょう。少しずつアプローチをしながら、遠回しに仕掛けていくのだと思います。

女性側だったらどうでしょう。まずはけっこう男性を褒めちぎると思います。女性に褒められて嫌な男性はあまりいませんので、だんだん心が開かれて身の上話の相談等から距離を縮めていくように思います。

 

これは、表面的に「不倫を仕掛ける」という意味での話です。

 

この項以前の文章で、

仕掛けるを「誘う」に、仕掛けられるを「誘われる」に変換してみてください。

そのほうが、文面に違和感なく読めると思います。

 

もし、相手から不倫を「仕掛けられた」と思っていらっしゃる方がおりましたら考えて頂きたい事があります。

不倫を始めた最初の頃から、相手に不倫を仕掛けられたと思って付き合いましたか?

お相手さんに「好き」の気持ちを伝えられて、

「誘われた」のではないでしょうか。

 

「誘われた」が「仕掛けられた」にいつの間にか変換されてしまったように感じます。

それはなぜでしょう?

お相手さんからの会いたい気持ちが伝わる。お相手さんが自分を心配してくれているのが伝わる。お相手さんが色々考えてくれているのが伝わる。

不倫を誘われて受け入れたのは、好きだという気持ちを感じさせてくれたからだと思います。

 

 

もし不倫を本当に「仕掛ける」ならば、普通に考えたら既婚男性は独身女性を相手に選びません。

独身の未来のある女性の人生を狂わせかねない関係ですから、言い方は悪いですが(涙)遊びで不倫を仕掛けるならもっと上手に遊ぶと思います。

 

好きという気持ちから始まった恋愛であるならば、「誘われた」が「仕掛けられた」に変わってしまった心が問題だと感じます。

それすら、そう思わせてしまう相手のほうに責任があるのでしょうか。勝手に心変わりをした相手が勝手なのでしょうか。そうして心に深い傷を負わせた相手が悪いのでしょうか。

 

どちらに責任があるか、どちらが先かなんて、

結局お互いがいけない事だと分かっていながら、お互いの倫理を破ってまで承諾して始まった関係に、どちらが良い悪いはないと思います。

「仕掛けた」「仕掛けられた」なんて言葉は、不倫にはないと思います。

 

不倫という制約の中で、「好き」の気持ちから、いつの間にか「考える」が多くなってしまう。それはとても辛く疲れてしまう関係でしょう。

 

楽しいと感じない不倫ならば、やはり私は続けても意味のないものだと思います。

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

 

Sponsored Link