ご投稿はユーザー登録から・・・796人のユーザー様
出会い系で使ってはいけないNGワードを教えます。・・・不倫パパ調べ

出会い系で使ってはいけないNGワードを教えます。・・・不倫パパ調べ

↓本編の「出会い系でドキドキ!進行中ブログ」はコチラで書いています

「不倫パパ」のプロフ - FC2プロフ

不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

先日、私は「ママ活」を始める為に出会い系サイトPoiboy(ポイボーイ)に登録しましたが、結果あっけないほどの惨敗でした(涙)

しかーし、せっかくなので退会する前に出会い系サイトでママ活をする際のNGワードを調べてから去ってやろうと、タダでは起きない雑草魂がメラメラとわいてきました。

いえ、決して「不倫パパ」でニックネームのNGが出たのが悔しいわけではありません。私の過去記事が保管してあるPC MAXのほうでは全くもって問題ないっていうのに、決して悔しいわけではありません。

ですのでPoiboy(ポイボーイ)ではアカウント削除もべつにへっちゃらだもんね~てな気持ちで(笑)

もし出会い系サイトで実際に出会う気はないまでも、ちょっとだけどんなんか覗いてみようかなと思っていらっしゃる方がおりましたら、出会い系で使ったらアカウント削除になってしまうNGワードを実際に試してみましたので、何かの参考になればと思います。

Sponsored Link

出会い系サイトで「ママ活」「パパ活」を始める基礎知識

星の数ほど出会い系サイトは色々とありますが、やはり実際に中に入ってみなければどんな雰囲気なのかは分かりません。まあ金銭を目的としている方は書きこみの内容を見てすぐ分かりますが、きっと業者の方やその方面の営業努力は悲しく目に映ります(涙)

とまあ、今回は出会い系サイト自体についてではなく「出会い系サイトでのママ活」がテーマです。そして、もちろんそれは出会い系サイトでパパ活をしようとする場合にも共通したものになるので、もし男女の関係に金銭の介入も有りだと思っている方がいればご参考までにと思います。

ちなみに、今回私が試してみたのはサイト登録をする時の自分のニックネームで行いました。出会い系サイトのなかにはブログのような「日記機能」で自分の言葉を発することができたり、また気になる異性にメッセージを送ったりすることができるサイトもあります。

今回のNGワード検証はあくまで自分のニックネームの場合なので、これが日記ではOKだったりメッセージならOKだったりする場合もあるかもしれません。またサイトによってもこっちはNGだけどこっちはOKという場合もあります。

あくまで私が個人的にPoiboy(ポイボーイ)で試した結果と捉えて頂ければ幸いです。

「ママ活・パパ活」のNGワードはこれだ!!

では、さっそくいきます!

私が登録しようとした「不倫パパ」は、間違いなく「不倫」がNGワードに引っかかったと推測します。ではこれは子供だましですが

そう、ひらがな入力してみます。

まあ、そりゃそうですよね。ヘタな小細工は通用しませんでした。

じゃあ、もう思い切り変えていってみます。

「ママ活」、アウトでした。

いちおう、ひらがな入力も試します。

はいはい。そうですよね。

もうこうなりゃ、アカウント削除ばっちこいでどんどんいきます!!

露骨にいきましたが、もちろんNG。

「倫」つながりで。はいNG。

「倫」が「乱」になってしもた。NG。

まじめにやってください。

そうですね、ごもっともです(涙)

まあ、こんな感じでニックネーム変更をしてしばらくするとPoiboy(ポイボーイ)から「テメェそろそろいい加減にしろよ」というお知らせが入ります。

もう少し数回試しまして、その結果はこちらです。

お小遣い・売春・条件・諭吉・ホ別(ホテル代は別という意味)

これらは全てNGでした。

こんな感じで20個くらいのフレーズを使い、登録してはNGを繰り返し朝方までやってましたがアカウント削除はされませんでした。

結局のところ、出会い系サイトで金銭の介入が入るような事を連想させる言葉というのがNGに繋がると言っていいと思います。

ですので、もしママ活やパパ活に少し興味があって楽しそうだと思っている方は、よほど工夫を凝らさなければその活路を見出すことはできないかもしれません。

とまあ、

実際に私がやってみた感想としては、そんなふうに工夫をしたり試したり・・・

やっている自分が悲しい。

それ以上でもそれ以下でもないと感じました。

さて、ではPoiboy(ポイボーイ)の退会処理をきちんと済ませ、アプリもアンインストールです。ママ活未遂でしたが十分に満足させてもらいました(笑)

でもどうせやるなら、出会い系では普通に出会いを探したほうがもっと楽しいと思います。

本日もご閲覧ありがとうございました。

Sponsored Link

フォローする

関連記事