ご投稿はユーザー登録から・・・806人のユーザー様
①してもいい不倫もある

①してもいい不倫もある

先日ネットを見ていましたら、珍しい記事を見つけました。

していい不倫もある!? オンナを上げる不倫と下げる不倫

※【えりっく&月子の恋愛総研】より出典

内容を要約させて頂きますと、

○イケてる女性はデキる男と親密になることで多くのことを吸収することができる

○自分の実力は不倫を通して確実にアップしていく

○不倫は楽しんで利用するもの

この記事を読んで

してもいい不倫とは、自己の成長にために相手のお金や職業・立場のメリットを利用する事

と解釈しました。

そして、この内容に関しては、私も少なからず賛同しますが・・・

「不倫はもちろん好んでするものではない。しかし不倫に溺れずに、

女を磨く手段のひとつとしてしたたかに活用することができるのならアリなのかも……。」

女性だけでなく男性にとっても、好きな相手に会う時を心待ちにし、

アンチエイジングを心がけたり身だしなみに気を遣ったり、

その為の努力を日々続けたりと意識する事で自分自身の外見を磨いていこうとします。

また、逢瀬を楽しみに、日常の活力として内面からも活き活きとした行動ができると思います。

しかし、相手を利用する事を前提に関係を続けていこうとするなら

どうなってしまうでしょうか。

果たしてこの相手は自分自身のキャリアアップに利用できる相手か?

金銭的に得な面はあるか?

出世への力になる人物か?

恋愛感情を持って相手を見るのと損得勘定だけで相手を見るのとでは

「目付き」が大きく変わってくるでしょう。

そしてその内面が反映された表情に変わってくるでしょう。

ちょっと計算が違ったけど、別の手段ならまだ利用できるかも

このまま利用できる事を、もっともっと吸い取ってやろう

そして、そのような人に関わる相手は、その精神の歪みを少なからず感じることになります。

たとえ周囲がそれに気付かず、利用した結果がキャリアアップに成功したとしても、

本質的な成長かどうかは疑問です。

気付かないというより、関わりを持ちたくない相手として

他人から認識されてしまうのではないでしょうか。

またもう一つ

それに似た状態として、

不倫をされてパートナーに絶望し、その後に自らも不倫に走ってしまうケース。

目には目を、歯に歯をの状態です。

パートナーへの怒り、裏切りからの憎しみが根源となった行動であり、

望んで始めた不倫ではないのかもしれません。

ちなみに私の話をしますと、

私の相手は、全ては把握しておりませんがそれに近い要素が私との関係のキッカケでもあります。

それは、してもいい不倫なのか?

どちらにせよ、卑しさや負の要素が大きなキッカケの不倫は、自分自身の価値・質を貶めている気がしてなりません。

人間としての魅力を下げるだけだと思います。

しかし私が一番思うのは、

そのようなある意味割り切った考えでも、気持ちが入ってしまう事が往々にしてあります。

他の方のブログを読んでいても、私のブログに頂いたコメントを読んでいても、その葛藤を感じずにいられません。

そして、気持ちが入ってしまった不倫ほど辛いものはない。

きっとこれは経験がないと分からないものです。

それについては、

また書いていきたく思ってます。