今までの事 終章 河の向こう側




james_nagarbaul / Pixabay

皆様 こんばんは。

かおるさん、さつきさん元気ですよ。

ちょっと、このブログの事を考えていました。色々と悩んでここを見つけて勇気を出して皆さまのブログに投稿された方に僕は安易なコメントをしているようでそれでいいのかなぁ?って思い見るだけにしていました。その間にもたくさんの投稿とコメントがここに寄せられていて。誰にも言えないから書き込んでおられるのか だから コメントを求めているのかとか。

彼女と別れてから3ヶ月になろうとしています。最後の日も3連休の日曜日でした。

デートの約束はいつも通りLINEで。台風が近づいているから近くにドライブ。彼女の自宅近くの公園の前にいつもしているように10分前に到着。

昼御飯は変わったモノ食べたいと言うリクエストで僕のマンションの近くにあるパキスタン料理店へ。←インド料理との違いがわかりませんっていうかパキスタン行ったことないし。食欲はなかったけどスパイスに助けられて楽しいランチタイムとなりました。

二人でよく行ったそしてお気に入りの場所へ。雑踏とした街から海底トンネルを抜けると夕陽が差し込むベイエリア。商業施設もあるけれどそれより自販機で買ったジュースを持って公園で飲むのが決まり。

そして、夕暮れに彼女を自宅に送り届けました。

違ったのは、もうあと数分で彼女とは会えなくなるという事。

いつもの公園の前に車を停めてちゃんと伝えました。

一緒に暮らしたいと思い出していること。そうなれば二人の時は幸せではあるけれど周りからは決して祝福されないこと。◯◯⚪︎には幸せになって欲しいこと。僕がいれば◯◯⚪︎は他の人を好きにならないこと。

「今日、言われるやろうな  思ってた」。

「ワタシ大丈夫やし」。

彼女は泣かなかった。

今までの事へのありがとうを伝えました。

抱きしめたくなりました。今のは嘘や 冗談や 言うてないことにしたいとも。

白いシャツにお気に入りの淡い黄色のカーディガン、二人で育てようと言って買ったジーンズ、綺麗に手入れされたネイルの指と蹴飛ばされて買ったピンキーリング  そして、彼女の香り。

最後に手を握っておしまいにしました。

「ワタシの手ぇ冷たいのに」。

「僕が暖めたるから大丈夫や」。もう、言えない。

 

彼女の自宅と僕のマンションは大きな河を挟んで車だと橋を渡れば20分くらい。

橋を渡るまでは泣かないと決めていました。橋を渡りきりパーキングエリアに車を停めた。

目ぇから汗が出てきて運転出来なくなったから。初夏だから暑いのかな、大汗が目ぇから出てきて。

 

全14回のBパパと彼女の出会いからお別れまでのお話しでした。

不倫相手を分散しても…本当に良いの?
不倫相手を分散すること。不倫に理解のある話し相手を見つけることで苦しい気持ちがラクになり、色々な角度から本命相手と向き合えるのがその第一歩です。



56 件のコメント

  • Bパパさん

    一緒に暮らしたいなんて思わない。
    周りからの祝福なんていらない。
    私は今のままで十分幸せ。
    他の人を好きになることはないかもしれないけれど…。

    私であれば、きっとそう思ったと思います。
    彼女は違ってたと思うけど。

    でも、相手に結論を出された限り、引き返すことはできない。
    私も彼女と同じ返答をしただろうな。と思いました。

    私は“君のためを思って言ってるんだよ”っていう言葉が嫌いです。
    そのため、先生も学校も親も大嫌いでした(笑)

    私のためになるかどうかなんて、私が決める!!!
    そう思ってきました。

    でも、恋は2人じゃなきゃできませんからね。。
    私は、彼にBパパさんのような結論を出させないようにしなきゃな…と思いました。

  • Bパパさん

    体調がお悪かったわけではないのですね?
    最近めっきり肌寒くなったので、お風邪でも引かれたかと気がかりでした。

    最後に彼女は、別れの予感 をしていらしたのですね。
    「今日 言われるやろなと思ってた」の一言が愛しいです(涙)

    どんなに好きでも、どんなに愛していても一緒にはなれない理由があります。
    その前に、どうしても離婚出来ない理由があります。
    しかもいくつもいくつも。
    Bパパさんもそうだったのだろうと勝手に思っています。

    Bパパさんやパパさん、いろいろさん、男性の方のコメントは私にとって、とってもとっても糧になります。
    私だけではないですよ。
    皆さんもそう思っておいででしょう。
    ただ、そのために彼女さんの事を思い出して、つらくなられるのではないかと……それだけが心配です。

  • Bパパさん、はじめまして。
    睦月と申します。

    ラストの投稿、ずっと待っておりました。私はBパパさんの彼女よりちょっと歳上ですが、独身で既婚者の方とお付き合いしています。

    私の相手の方は、こうなる前、私の前の恋愛の相談を聞いてくれていました。私が幸せになれるように、いつも応援してくれてた。

    だから時々、私に対する罪悪感を、たまらない、といった雰囲気で口にします。いいのか君は、これでいいのか、と。

    私は、私自身の人生は私がどうにかする、あなたとの関係は私が選んでここにいるだけ、あなたと居ない方が幸せと思えばいつでもそうする、とそういった時は伝えます。

    でもいつか、本当に彼が別れを決める時は、私のためだけじゃないと思っています。その時は二つ返事で受け入れる覚悟です。

    Bパパさんがそうだったと言っているわけではありません。そんなのは当事者にしかわからないことだから。

    でもこういう関係は、色んな方面でかなり無理をしないと成立させられない。バランス一つ取るだけでエネルギーをかなり消費するような関係です。

    最後に気丈に振舞った彼女さん。Bパパさんとのそれまでの時間を本当に本当に大切に思っていたんだろうな、と思います。

  • Bパパさん

    お元気そうで良かったです。
    ひとあんしーんε-(´∀`; )
    でも、何かとお忙しい時期だと思います。お体には気をつけてください。

    いつかは終わるんやろなぁ…
    たぶん、ここに来ている方のほとんどは1度は思ったことがあると思います。

    若い時というか、独身の時、好きだから別れる。という選択が私には理解できませんでした。

    でも、この関係をはじめてから
    好きだから別れなきゃならないときもあるということを、身をもって感じています。

    私が愛読しているSTORYというファッション雑誌に林真理子さんの連載が掲載されているのですが、

    今月のテーマが、素敵な元カレは過去恋に泣いた女性へのごほうびである。
    というものでした。

    →いつか、これについて日記を書きたいなって思っています。

    その中に失楽園で有名な作家の故渡辺淳一さんの言葉がありました。

    かつての恋人は、こちらの肉体を知り抜いているので、親身になって体のことを心配してくれる。いろんな相談にものってくれる。親しい異性として、元の恋人はなんていいものだろうか。

    林真理子さんは、こうなるには、いい別れた方をして、男の側がみじめになっていたいことが条件だと書いておられました。

    Bパパさんはどう思っているかわかりませんが、彼女さんが幸せをみつけて、偶然に再会することがあったら、きっと笑顔で挨拶ができる。そんな二人だと私は思います。

    彼女さんにとって、
    Bパパさんは素敵な元カレで、私は愛されていた。という一生の宝物を得たと思います。

    いつかは終わる。
    いつかはこないと願いたいけど、
    いつかは終わる。
    それがこの恋です。
    終わりがきたとき、どんなに辛くても、私は絶対に綺麗に別れることを心がけたい。

    いつか偶然に再会したときに、笑顔で挨拶ができる。
    そんな別れ方をしたいと思っています。

  • Bパパさん、 もう途中から読めなくなりました。
    彼のこと、彼妻のこと、私自身のこと …いままた考えています。
    ここは、耐えるところ?決断するところ?分からないでいます。
    Bパパさんは やはり紳士的!大人の男性ですね。彼女さんも …ガマンしたんだな 感心だな。鼻の奥…ツーン。もう…ワサビ食べたかのようになってしまいました( ; ; )

  • Bパパさん…切ないです。
    好きだけど、好きだから離れる選択。
    頭ではわかっていても想像するだけで…とてもツラいです。私がそうなった時彼女さんみたいに泣かずに握手してさよならできるのか…。ほんとに可愛らしく最後までステキな女性だなと思います。

    男の美学なんでしょうか…やせ我慢
    大好きだから僕からは別れない。
    そう言っている彼も私が辛くて離れそうになった時…引き止めては…くれませんでした。
    結局私がハッキリ言えずにいたら、
    別れるなんて無理でしょって言われて収まりましたが。

    やっぱり男は好きな女の前では最後までカッコよくいたい…そういうもんなんですね。

  • Bパパさん、お久しぶりです。

    色々と考えてしまった理由に、私が少しでも加担していたなら、ごめんなさいm(__)m

    まだまだ謹慎していなければならない身だと自覚しているので、手短かに。

    以前のコメントに、彼女さんはきっと幸せだったと思いますよ!と書きました。やっぱりそうでしたね。映画やドラマのワンシ―ンの様です。橋を渡る車とBパパさんの横顔(知らないのですが(笑))がアップにされて、エンディングロ―ルが流れていくのを想像しました。胸が締め付けられました。切ない。

    Bパパさん、立派な男の子でした。彼女さんも立派な女の子・・・いや、大人の女性ですね。素敵なお二人でした。

    彼女さん、大変です。こんなに素敵な恋を、Bパパさんと経験してしまって。目も舌もすっかり肥えてしまって、そんじゃそこらの男性では、そうそう太刀打ち出来ません。Bパパさん、罪な男です(笑)

    長くなり済みません、新しい章、楽しみにしています。

  • Bパパさん

    Bパパさんと彼女さん、綺麗過ぎるお別れでしたね。なんだか、カッコよすぎます。。。
    お互い好きなのにサヨナラするなんて私には経験がないのでよくわかりません。
    私もnariさんと同じように、一緒に暮らしたいとは思わない。誰からも祝福されなくていい。祝福どころか蔑まれても構わない。ただ、今が続いて欲しい。そう思っています。

    私はもう、結婚に夢も希望も持ってなくて、彼と結婚したいと全く思ってません。
    長年の結婚生活を経験し、この年だからそう思うのであって、若い独身の頃なら違っていたのかな。

    でも私、好きになると一直線なので、独身だったとしても、何もいらないからそばにいたい!って言いそうです。
    彼に気持ちがなくなってお別れを告げられたら、受け入れるつもりだけど、好きなのにお別れを告げられたら、イヤだ、と言ってごねそうです。

    こうやって文章にすることで、思い出して辛くなってしまわれたのではないでしょうか。
    また、目ぇから大汗出てきてませんか?大丈夫ですか?

  • Bパパさんの最終章、読み終えたらコメントさせてもらおうと思っていました。
    最初から、最後までまるでノンフィクションの物語のようでした。私は上手く表現出来ませんが、私のお伝えしたかった事が、夏生さんが上手く表現して下さっています。本当に、貴方は罪な男ですね(笑)
    あと、気持ちが下がっている時は、営業成績も今一つですね(涙)Bパパさんを含む男性の方は仕事に影響しないとは思いますが。

    彼女さんとお別れしてまだ3か月しか経ってらっしゃらない、まだまだお辛いでしょうね。お相手の彼女さんもまだまだBパパさんを引きずって、忘れられずにいるんだろうな、そんな気がしています。

  • Bパパさん、最終章読ませていただきました。
    ライブのチケットの話の時に、コメントで彼女に送ったらどうですかなんて言ってごめんなさい。。あの時ここまで辛い思いされてたのわからなくって。。
    私はWでしたが、好きだからこそ別れたことあります。お互い好きだったから、生木を裂かれるように辛かった。私の場合は遠距離で中々会えなくなったし、このままズルズルして曖昧に続けるより、好きな気持ちがあるうちに別れたら綺麗な思い出として相手に残るかなって思って自分から別れを告げました。
    彼女さんも辛かったでしょうね。。けど頑張って受け入れたのは、Bパパさんの心の中に忘れてほしくなかったからだと思います。偉かったねって言ってあげたいです。

    実は私は別れた数年後に、また仕事で再会し元に戻りました。お互いこの再会に運命を感じてのことですが、ただ、いつかは別れる時がくることを覚悟しなければいけないのでしょうね。
    Bパパさん、聞かせて頂いてありがとうございました。

  • Bパパさん、こんばんは。

    最終章までしっかり読ませて頂きました。セツナイです。
    私なら…私なら…とリンクしてました。

    この前、彼が冗談で(同級生だからって、許さんって感じではあります)今日で別れようか…と、言いまして、その場で頷きましたが目に涙が貯めてました。彼が嘘だよ、ゴメンと涙を拭いましたが、泣かれたら決断が鈍りますよね。

    彼女さん、潔いです。私もどんな時も彼が決めたなら、私は笑顔でお別れしなきゃと思ってはいます!彼女さん、独身ですけど覚悟あったんですね。

    彼から1日メールないだけで、本人には言ってませんが、寂しくてメソメソしてるので、説得力zero〜ですけど、お二人の恋は素敵です。お二人共に、この恋で成長されたのでは…。

    Bパパさん…罪な男です(笑)カッコ良すぎですよ〜。

  • Bパパさん、こんばんは。

    とうとう最終章・・・50代の男性でも涙を流すなんて・・・本当に好きだったんですね。とっても切なくなってしまいました(/_;)
    相手のことを思って、相手の為に別れる・・・それって綺麗ごと、結局は自己満足なんだとずっと思っていました。だって、こっちは別れたくないんですもの。
    一般的に男性が既婚で女性が独身の場合、女性は最初から既婚者とわかっていたのだから、男性にとっては都合のいい女になってしまい、男性から別れる事って少ないのかなとこちらのブログに出会う前までは思っていました。(すみません)
    でも、Bパパさんがご自分から離れたことは、本当に相手のことを想っていたんだなと感じました。相手を思っての別れが本当にあると。

    私もいつかその日が来たなら・・・パパさん、Bパパさんの元彼女さんの様に、思い出してもらえる様な女でいたいな。

  • Bパパさん

    はじめまして。
    どんな風にこの物語は結びを迎えるのか、
    記事が投稿されて読む度に想像していました。

    まさか、
    こんなドラマのような終わり方なんて驚きを隠せません。

    私が今好きな彼は、
    私の前に1度付き合ってた女性が居たそうで、
    その女性は独身だったそうです。

    Bパパさんと同様、
    自分と付き合ったままだとその女性は幸せになれないと考え、
    関係を終えたと言っていました。

    お互いが好きなままなのに離れる…
    この決断はなかなかできる事では無いと思います。

    きっと思い出しながら
    心震える事も多くあられたのではないでしょうか。

    可視化した事で、
    Bパパさんの心が少しでも和らいでいたらいいのですが…

    少なくとも私は、
    一読者として感じる事はたくさんありました。
    書いて頂いてありがとうございました。

  • Bパパさん、初めてコメントします。
    何度も読み返しては、その度に自分と彼に置き換えてしまい色々と思うことがあります。

    この不倫という関係の終わりは、ばれるか、死別か、どちらかまたはお互いが自ら離れるか、略奪して結ばれるのか…どれにしたって幸せな結末はない気がします。

    悲しみも切なさもどの位の時間がかかって薄れていくのか、数ヶ月?それとも一生?

    Bパパさん、大汗が出たんですね…男性の涙は読んでいるだけで胸を熱くしてしまいます。

    別れの場で涙しなかった彼女さん、どんな心情だったのかは彼女さんにしかわからないけど、きっと、後から泣いたんじゃないかな。そう思います。

    私は彼女さんと同じ31歳です。このような別れの対応ができた彼女さんを尊敬します。私には出来るか自信がありません。

    彼女さん、離婚を経験して乗り越えつつあったかもしれないけど、お話読む限りとてもしっかりされた意思の強い方のようだけど…心では寂しくて不安でBパパさんに頼りたくて仕方なかったのではないかな。

    お互い好きで大切に思っているけど、離れる。想像を絶する苦しみでしょう。
    でも、読んでいてBパパさんと彼女さんの別れは、美しいと思いました。

  • nariさん
    コメントありがとうございます。
    この結論 結果は二人して選ばざるを得ないことだったと思います。
    nariさんのような考えもあるかと思います。
    彼女も別れることを本当に気づいていたのかはわかりませんが、彼女から言わせたくなかった。
    ズルかったかもわかりませんが僕も彼女も引き返すことのできるギリギリのタイミングだったと思います。

  • かおるさん
    コメントありがとうございます。
    あっちへこっちへ出張してますが元気ですよ。

    離婚して彼女と一緒になる選択肢も随分考えました。それに彼女が応えてくれるかは無視して。
    その結論が僕にとっては別れることでした。
    あまりにも自由な交際でした。お互いが不倫と思っていないような感覚でした。
    彼女から一緒になりたいような事を言われて喜んでいる自分もいました。

    このブログは彼女との事を残しておきたいと思って書いているので辛くはないです。時々は画面が霞む時はありますが。

  • 睦月さん
    コメントありがとうございます。
    睦月さんも独身とのこと。
    彼さんが たまらない いいのか 君はこれでいいのか。
    僕は彼女に直接的に聞くことは出来ませんでした。

    自分で(別れを)決めるのは辛いですよ。
    僕は彼女からは言わせたくなかった。
    ケジメをつけるのは僕の役割り

    彼女が別れてからどんな風に思っているのかは実はほとんど考えたことないです。
    考えるとまた、目ぇから汗が出そうで。

  • さつきさん
    コメントありがとうございます。
    元気でやっていますよ。
    今、洗濯中です。

    好きなのに別れるなんて僕も考えた事ありませんでした。
    好きやったらとことん行ったらエエやん。

    それで幸せになれる将来が見えるなら。想像できるなら。

    彼女とは偶然に出会う確率は勤務先が向かいのビルなので結構 高いです。
    会った時の言葉は何がいいでしょうね。

    綺麗な別れ方
    付き合い始めるより難しいことが良くわかりました。
    もし、彼女が別れたくない と言っていたら。自信ないです。

  • Bパパさん、こんにちは。

    離婚して一緒になるということまで真剣に考えてらっしゃったんですね。
    奥様とは仮面夫婦。
    お子さんも独立してらっしゃる。
    それでも、離婚して一番大好きな女性と結婚できない理由、社会的立場、子供の目、世間の目、いろいろあると思います。でも決してひとりで生きているわけではない、傷つく人間もいる。

    結婚制度って一体なんなのでしょうね。
    自分の残りの人生、もう心の通わないかもしれないパートナーと過ごし、終える。
    死んだらおしまい、二度と人生はない。
    そう思えば思うほど、自由にしたいという感情が頭をもたげます。
    実に身勝手ではありますが、男性に比べて女性の多くは私も含めてそんな発想になる方は多いと思います。(相手との関係性もありますが)
    その点、男性は恋愛についてはプライオリティが低いのだろうなと解釈してます。

    Bパパさんの彼女さんも、きっと、そのあたりが理解できていたからお別れを受け入れなければいけないと悟ったのではないかなと感じました。

    倫理に反していて、道徳的ではないことはわかっている、だけど、計算しているようだけど、割り切っているようで割り切れていない、人間らしい恋愛でしたね。
    そんなに離れていないお二人、縁があればまた巡りあわせがあるかもしれないですね。

  • ごまぷりんさん
    コメントありがとうございます。
    ありゃりゃ、泣かせてしまいましたか。
    彼さんとの事で悩んでおられるようですが不安なことは彼さんに聞いたらいいと思います。
    僕は言われないと分かれへんので言いたいことは言って欲しいとずっと言っていました。
    それもあってちゃんと別れることが出来たと思います。

  • Bパパさん

    睦月です。コメントのお返事ありがとうございました。
    先程はBパパさんのお気持ちにあまり寄り添えていないコメントだったかもしれないと思いまして、もう少し書き添えたくて再度コメント失礼します。返信は大丈夫です。

    私のところは、年齢も近く、彼も私もある意味未熟で自分本位なんです。お互いこういう関係は初めてで、それぞれ矛盾した沢山の想いを話し合いながら一緒に悩んで、でも結局ワガママを通すことを選んでいるという感じなんです。

    私としては、彼が出来るだけ長くそばに居てくれればと思います。Bパパさんのブログを読んで、彼がBパパさんより自分本位で良かった、なんて思ったりしました。

    それでも数ある本音のひとつには、ちゃんとした幸せが欲しいというのも確かにあります。。それに彼の家族に対する罪悪感も…。それなら今後どうするべきか、、今はまだ考えたくないんです。子供っぽいですよね、苦笑。

    彼女さん、幸せになられると良いですね。本当に。
    いえきっとなられますね。真っ直ぐに愛された記憶は、人を強くすると思います。

    いつかお二人が笑顔で再会できますように。。

  • ANAさん
    コメントありがとうございます。
    これ以上進むと後戻り出来ないギリギリのラインだったと思います。
    僕達の場合は普通のカップルに近い付き合い方だったので余計に結婚とか将来を考えたのかもしれません。

    彼女は泣きませんでした。
    でも、車を降りてから別れ際にバックミラーを見るとしゃがみこんでいました。
    彼女らしかったです。

  • 夏生さん
    コメントありがとうございます。
    夏生さんのことで考えていたわけではないので心配なさらないで下さい。

    僕は彼女を愛していたし、彼女も僕を愛していた。
    この事をお互いに感じることが出来たのが幸せでした。

    エンドロールですか。
    そんなエエもんちゃいますよ。
    何度、橋を渡ったのかなぁ。
    マンションの前の道を走ればすぐに行けるのに。

  • メレンゲさん
    コメントありがとうございます。
    綺麗な別れ方出来たのかなぁ。

    メレンゲさんのおっしゃる通り結婚生活を一通りするともう一度とは思わなくなるのかも。
    彼女の場合、一度失敗しているからこそ結婚願望が芽生えたのかも。

    なにもいらないからそばにいたい。
    もし、そう言われたらその方が辛く感じると思います。

  • rukaさん
    コメントありがとうございます。
    罪な人 罪悪感いっぱいじゃないですか。
    彼女はBパパは時々、ゾッとするぐらい酷い事をワタシにしてるって言われた事がありました。
    もう少し上手く立ち回れたらこんな別れ方にならなかったかもしれません。

    仕事は大きなプロジェクトを進めていて充実しています。

    パパさんが、3カ月ぐらい経つと冷静になれると話していましたが やっと良い事ばかり思い出すようになりました。
    彼女もそうだとイイな。

  • カールさん
    コメントありがとうございます。
    これで良かったと思わないと彼女にも申し訳ないと考えています。
    文章にすると簡単ですが彼女の気持ちが痛いほどわかるのに応えてあげられない。

    ライブのチケットの件、気になさらないで下さい。
    逆に色々な意見が聞けて嬉しかったです。

    彼女が誰かと結婚して再会して…。今度はW不倫…。それはないとは言い切れない僕はアホです。

  • sky-blueさん
    コメントありがとうございます。
    彼女は泣きませんでした。
    でも、車を降りてから別れ際にバックミラーを見るとしゃがみこんでいました。

    多分、あの夜は二人共別々の場所で泣いていたんだろうな。

    冗談で別れると言った彼さん、先っぽの尖った靴で蹴飛ばしたり。

  • snowさん
    コメントありがとうございます。
    ホント大汗かきましたね。
    自己満足ですよ。でも、そうしないと二人共グチャグチャになってしまうのわかったから。
    都合のいい女の子だったらどんなに楽かも知れませんが僕はそういう事出来ないんだと思います。
    彼女を愛していたことは誇りに思います。

  • Ayuさん
    コメントありがとうございます。
    ドラマだったら逃避行するか心中するかでしょうね。
    現実はこんなもんです。

    彼さんも同じような経験をされているのですね。
    好きだけど幸せに出来ない。
    これは辛いことです。

    男から見たお話しが参考になれば幸いです。
    僕はこうやって残すことができたことパパさんはじめ皆さんに感謝しています。

  • バツさん
    コメントありがとうございます。
    彼女と同い歳ですか。
    なんか複雑な気分です。

    付き合い始めるより別れる方が難しいとホントに思いました。
    バツさんもこの関係をされているのですね。
    上手くは言えませんがずっと続けていくにはコツというかテクニックが必要な気がします。
    お互いが好きというだけで突き進むと僕のような結末を迎えることになります。

    彼女は泣きませんでした。
    でも、車を降りてから別れ際にバックミラーを見るとしゃがみこんでいました。

    こんな思いをさせてまで付き合う必要があったのか。
    僕は彼女を愛していたし彼女は僕を愛していた。
    違う愛し方があったかもしれませんね。

  • キャロルさん
    コメントありがとうございます。
    離婚しない理由と彼女と結婚しなかった理由
    似ているようで別々に考えないといけない問題でした。

    離婚しない理由はキャロルさんが仰っている事が大半です。
    3組に1組が離婚する世の中だからしがみつく必要はないというのは簡単ですがいざ行動に移すとなるとこの年になると難しい。

    結婚しなかった理由は僕の我が儘とだけ書いて置きますね。

    確かに優先度低いかも。

    もう少し僕が冷静で大人だったら細く長く続いて時期が来たらフェードアウトできたかもしれません。
    今だから言える事ですが。

  • あるるさん
    決意ができたとのこと ですがよければどんなことを決意されたか教えてください。
    無理にとは言いませんが、あるるさんのこれまでのコメントって色々、心が揺れているようで心配です。

  • Bパパさん お返事ありがとうございます。いい加減な気持ちではなく、お相手の方と向き合ってくださったこと、女子代表として嬉しいです。
    Bパパさんも泣く泣くの決断だったこと…そういう男性ってどのくらいいるのでしょうね。
    私は 彼とどんな別れ方をするのだろうか。それはいつなのだろうか。そんなことも考えてしまっています。
    彼は 実は窮屈な思いをしていないか…考えすぎかもしれませんが、無理していないかな などと考えています。ナゼなんでしょう。

  • ごまぷりんさん
    う〜ん エエ加減な気持ちでは女の子と付き合えないしましてやこんな関係だと絶対ムリでしょう。
    彼さんが窮屈であったとしてもそれはごまぷりんさんが気にする必要はないと思います。
    彼さんとお別れするかはわかりませんが少なくともお互いが愛していたということはとても大事です。
    でもね、ごまぷりんさん
    こんなに辛い思いをする関係ってやっぱりおかしいと思いました。

  • パパさんBパパさん皆様こんばんは
    しっとりと読ませていただきました。
    彼女もBパパさんのことを思って、自分を強くしていたのでしょうね。
    好きなのに別れるのは、辛いなんてものじゃないですよね。
    Bパパさんの思いが、心に痛いほどよくわかります。彼女のために頑張ったと思います。
    お互いにまだ好きな彼と別れて、3ヶ月後の8月に偶然にも仕事で再会しました。
    お互いにまだ好きなことを、態度と視線で感じました。最後の夜にありがとう、と言って握手して別れたんです。
    その日は、家族の手前普通にしていましたが、次の日1人になった途端に大泣きしました。お化粧が全部とれるくらい泣きました。笑
    彼を失って食欲なくなったり体調を崩したりしたけど、ようやく元の自分に戻れたかな?とおもいます。
    心はまだ、彼色でけど。Bパパさんにも彼女さんに幸せになってもらいたいな。

  • Bパパさん、ご投稿ありがとうございます。

    「今までの事」最後までご閲覧させて頂きました。

    ご投稿頂きました当初のころは、私もBパパさんのイメージでモデルさんをアイキャッチ画像に使わせて頂いていましたが(笑)

    ・・・だんだんとBパパさんのお相手さんの事の想い、お相手さんの将来を願うお気持ちがひしひし伝わってきました。

    今までとても楽しい事があったのがよく分かります。
    私なんかに言われなくても、お相手さんとの時間を大事に一生懸命に過ごしたのだから、当然ですよね。

    一生懸命に全力を尽くして、それでも別れがきたのなら
    仕方がない事だと私は感じます。

    勉強だって仕事だって、同じことだと思います。
    全力尽くして、やるだけやって
    くやしいけれど、どうしようもないこともあります。

    中途半端に愛していたとしたら悔いも残りますが、私もやるべきことをやった結果が「別れ」でした。

    生意気なことを言うようですが、
    きっとBパパさんのその日まで、何日も何日も頭の中はずっとぐるぐると回っていたように感じます。

    何が大切なのか。
    彼女に決まっている。
    愛しているのなら自由にさせることも必要。
    そして、
    ご自身のことは一番最後。

    別れとは簡単なものではないし、簡単に別れを決心できるほど人の心はシンプルなものではないです。
    Bパパさんとそして彼女さんの、その日までの努力と時間と誠意に、胸を打たれました。

    このブログのことまで考えて頂き、本当にありがとうございます。
    私は、私と相手そのものであるこの場所が今でも大事です。

    この恋愛には色々な形があるように、相手と過ごした時間とその想いに自信と誇りを持てる場として皆様方が活用して頂けるようになればと、今改善しています。

    そして「これからの事」に向き合っていくなかで、
    私もですが、その別れに自信と誇りを持てるようになっていきたいと思っています。

    きっとその頃には、
    Bパパさんのジーンズもきっと良いタテ落ち具合に育っているのでしょうね。
    もちろん、彼女さんのも同じように。

    今後もご投稿、楽しみにしています。

    是非またお書きに来てください。

  • Bパパさん パパさん みなさんこんにちは。
    苦しいです。大恋愛でしたね。お2人とも強いです。
    どうして好き同士なのに別れなくてはならないの?
    彼女のことを想っての。。。。なかなか出来ません。
    自問自答して考え抜いたBパパさんの決断は、彼女さんに
    伝わってましたね。ふつうのカップルのような2人。
    誠実なお付き合いが、お互いをそうさせたんだろうな
    って思いました。もう通じ合っちゃってますものね。

    まだ全然傷が癒える前のご投稿、
    きつい時もあったかと思います。ごめんなさい、
    みんなでよしよししても全然足りないですよね。。。
    私たちは本当に男性側からの貴重なご意見やお話が、糧に
    なり、為になり、力になるんです。勝手ながら、
    本当に有難うございました。

    のりつっこみな文章とたまに可愛らしさの見え隠れ。
    やっぱりファンです。

  • こんばんは。ここにはもうコメントをすることはないと思ってました。
    だけど今回はせずにはいられなかったです。
    一緒になりたいと言った元カノさん、どのような言い方だったかはわからないけれどその言葉にウソはなかったと思います。
    だけど、一緒にはなれないというのがBパパさんの答えだったのですよね。
    相手のことを色々思うがゆえに、、、
    結論として一緒にはなれないという返事…それが元カノさんにとって全てなんだと思います。祝福されなくたっていい、それでも一緒にいようって言って欲しいもの。
    ほんとは一緒にいたい…死ぬまでいたい。
    だけどそうはいかない。元カノさんもよくわかってた思います。
    Bパパさんと同じようにいろんなことを限界まで考えてたと思います。
    だからすんなり受け止めたんだと思います。Bパパさんが答えを出せば、すべて終わり…私の勝手な推測ですけど(笑)っていうかBパパさんと元カノさん、自分とかぶるんですよね。Bパパさんみたいに元相方は紳士ではなかったですけどね(笑)
    元カノさんの気持ちが痛いほどわかるというか、、

    元相方とBパパさんをかぶせて言わせてください…
    なんで一緒になろうって言ってくれへんの?幸せになって欲しいってなんなん?
    幸せになれる相手を決めるのはあたしはやもん。1人しかおれへんもん。

    まぁそれができないから、別れを選ぶんですけどね(笑)
    あー切ない!

  • はなはなさん
    コメントありがとうございます。
    このお話しを書いて皆さまのコメントを読んでいるともっと彼女のことを思いやる方法もあったのかなと考えることもあります。

    彼女とニアミスする機会がないとも言えませんが、見たい(会いたい)けれどたぶん、避けてしまいそうです。

    あれだけ悩んだ別れですからスパッと忘れられたらというのが本音です。

  • 不倫パパさん
    コメントありがとうございます。
    こうやって振り返りながら書いていると楽しかったことが強調されてしまいます。
    それは、ある意味辛いことや納得できないことへの反論だったのかもしれませんね。

    できるだけ客観的にしたためていましたがそれだけに、読んでいただいた方に切なさを感じさせてしまったように思います。

    出会いと別れ 人それぞれでどれが正しいかなんてわからない。でもね、僕は彼女を好きだったから自分から別れる事を選びました。

    現実的に考えると彼女と一緒に暮らすのはやっぱりムリがあります。年の差が大きな要因ですがそれだけではない様々な障害、問題があります。
    彼女は大丈夫というかもしれませんが、僕ぐらいの年齢、キャリアがあるとある程度は読めてしまいます。
    その世界に二人で踏み入れることはどうしても無理でした。

    ジーンズ 1年たったら同じ洗濯機で洗おうと僕は言ってました。彼女は一緒に洗うのはイヤや言うてましたが。

  • おかさん
    コメントありがとうございます。
    僕は自ら別れる事を決めて彼女に伝えましたが、もし、彼女が別れるのはイヤやと言われたら揺れたと思います。
    それを言わなかった彼女をやっぱり好きです。

    彼女は泣きませんでした。
    でも、車を降りてから別れ際にバックミラーを見るとしゃがみこんでいました。

    こんな素敵な女の子を好きになって幸せでした。

  • おいなりさん
    コメントありがとうございます。
    幸せになれる相手を決めるのはあたしやもん。
    それは違うのですよ。
    二人でいるぶんには良いと思います。
    でもね、世間、社会に出るとやっぱり違和感がある。

    そんな変な気持ちを抱えてずっと彼女は生活できるのかな。

    僕は考えて考えて別れる事を選びました。

    あの時、別れなかったら今でも楽しい日々が続いていたでしょう。でも、どんどん二人が追い詰められて行ってグチャグチャになっていたと思います。

  • Bパパさん、みなさん、今晩は、

    ブログ拝見させて頂きました。
    彼女さんを愛して大切に思うからこそ、相手の幸せを願い、想う、それが本気で愛した証。
    この先、自分が老いて、先に逝く、その後の何十年も苦労させてしま
    う、やはり今ではなく、彼女の後の
    人生を考えてあげるのが、本当の
    愛情。
    Bパパさんも彼女さんを深く愛し、
    大切に思う暖かい気持ちの決断だと思います。
    どうもありがとうございました。

  • Bパパさんこんばんは
    ブログを読んで何度も泣きそうになりなかなかコメントしいたのにでしず、入力しては消してを繰り返してしまいました^_^;
    どんなに想い合ってもいつかは別れが来るのがこの関係なのでしょうか
    気持ちが通じて居るのに別れなければならないのは本当に辛過ぎます…

    そして、彼女さんの将来を最優先に考えるBパパさんの深い愛に切なくも本当の優しさって時に酷なものだと改めて思いました

     私の彼もBパパさんやいろいろさんなお話しを聞いていると、何だかんだ言っても結局は自分の事を優先しているだろうなと思います
    もう少し年を重ねる事で彼ももしかしたらBパパさんの様な考えに辿り着いてしまうのかなっと不安にもなりました

  • Bパパさん、おはようございます。

    最終章、涙が止まりませんでした。
    お互いの為を思って別れを決断する。世の中には思い通りにならないこともあって、それが一番大切な人との繋がりを断つことだった。
    でも、そこに真実の愛があったからなんですね。

    私手が冷たいのに。

    暖めるから大丈夫。

    このやり取りが、私と彼の始まりと同じだったので、シンクロしてしまって涙が出ました。

    でも、彼はBパパさんのように彼女さんの事を真剣に考えてくれるような人ではないです。今も本心はわからず、自分の都合だけで振り回されます。
    彼の中では自分が常に一番中心にあって、私は何番目にあるんだろうって、ふと思ったりします。

    今は私も闇の中でもがいてます。次の季節が来る前に日の光を見つけて外に出たいです。

  • Bパパさんへ

    久々にパパさんのブログに
    お邪魔したら、Bパパのお相手さんとの最後の話しになっていて、驚きました。
    本当立派なお別れですね。
    私も一度彼にお別れしたのですが、一週間後にやっぱり会いたいよーってメールしちゃいました。これが彼に言った最初のワガママでした。Bパパのお相手さんのように可愛く甘えるのが苦手なんです(≧∇≦)
    今は気持ち落ち着いていますか?Bパパさんのブログで沢山勉強させてもらいました。
    ありがとうございます

  • CBRさん
    コメントありがとうございます。
    前回も申し上げましたが確かに年齢差は大きな要因でしたがそれが別れた原因ではなかったです。
    僕の幸せと彼女の幸せってちょっと違う未来予想図だったかもしれませんね。

  • れむさん
    コメントありがとうございます。
    この話しはあくまで僕と彼女の場合です。
    太く短いお付き合いになるか細く長いお付き合いになるか、はたまた太く長いお付き合いが出来るか。
    結果的に約2年半でした。
    愛情の面積は短くても長くても一緒のような気がします。

    彼女は僕が自虐的な表現をするのを嫌がりました。
    「自分を卑下するようなBパパはカッコ悪いしキライや」。
    彼女はついて来たかったと思います。

  • げんきさん
    コメントありがとうございます。
    たくさんコメントを頂戴して改めて考えたりしています。
    真実の愛 だったのかは正直に言うと未だわかっていません。好きだったのはホンマですが。

    彼女の手ぇは冷たかったのですが、夏は「Bパパの手ぇ暑いわ」。と手を離された時もありますた〜。

    僕が言うのもなんですが、どちらかが少しだけ冷めた(冷静)でないと長続きはしないように思います。

  • るるさん
    コメントありがとうございます。
    おう!立派な別れでした。涙

    彼女の勤務先とは近くなのでニアミスしそうです。

    でも、僕からは仮に友達としても会うことは出来ないと思っていますが、もし会ってしまったら…わかりません。

    「Bパパ、久しぶりやん。飲みに行こ」。
    なんて言われませんよね。またまた泣

  • 彼が人生の岐路にたたされました。

    私と出会って家庭が崩壊しつつある彼をなんとか止めたくて、別れを考えている矢先に彼に栄転の話が持ち上がりました。

    栄転するとすれば子供の学校等の理由で彼は単身での異動となります。

    そうなるとますます家族の溝は深まるでしょう。

    私がいてもいなくても彼の家庭の溝は埋まらないのかも知れません。

    私は今の状態を維持したい、あなたとは一緒になれないということを受け入れてもらえないのであれば、別れるしかないと決意した次第です。

    好きなだけでは一緒にいられないと感じています。二人の未来予想図が余りにも違いすぎました。

    吐かせていただいて、あり

  • あるるさん
    コメントありがとうございます。
    返信遅くなってご免なさい。
    未来予想図 僕も真剣に考えましたが、無理ということになりました。

    変なもんで今となっては,それが本当にお別れした原因かわからなくなってしまいました。

    でも、彼女ともう一度繋がることはないのは確かかなぁ?

  • はじめまして。Bパパさんの記事、全て読ませていただきました。
    どれだけ好きでも、独身女性と既婚者では、ベクトルが違うんだな。。。絶対に交わることは無いんだなと確信しました。自分の中で、少し整理がついたように思います。ありがとうございました。

  • Bパパ様
     ケロケロ蛙と申します。先日メンバ-となり初めて訪れさせていただきました。

     私は職場の部下35歳シングル女性と三年間付き合っていました。愛していましたが今週月曜日に別れを告げられたと言うか他の男性とマンションに入るのを見てしまった大ショックを受けての一週間が過ぎようとしています。その間彼女は私の元へ戻る戻らないのシーソ-状態を続け三回私の元へ戻り、三回前言撤回と一週間で最初を入れると4回振られました。もう笑うしかないのかもしれませんがもうこの一週間ほぼ絶食状態で涙も枯れ果てています。少しづつ少しづつ元の僕に戻らなくては思っていますが毎日顔を合わせる相手ですのでいつまでかかるのかと思っては泣いています。突然訪れ吐き出して申し訳ありません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    Bパパ

    50才の単身赴任中の既婚男性と31才の独身女性との過去の出来事を書いています。