ご投稿はユーザー登録から・・・806人のユーザー様
はじめまして。W3年です。

はじめまして。W3年です。

The following two tabs change content below.
モニカ

モニカ

40代後半の専業主婦です。アラ還の彼とはW3年です。
モニカ

最新記事 by モニカ (全て見る)

モニカと申します。

K様、承認ありがとうございます。ブログとかトピックとか全く初めてで、ドキドキしながら投稿しています。皆さまよろしくお願いします。

私はアラフィフ専業主婦で、大学生と小学生の子がいます。彼はアラ還、既婚で社会人のお子さんが2人です。

出会いは3年半前、珍しく一人で過ごす夜に、たまには行ってみたい!と飛び込んだ、ある芸術(音楽や美術、俳句などの1つですが、特定せずにおきます。)を皆で楽しめるお酒の出るお店です。お店の経営者の彼に私は一目惚れしてしまいました。人に見られる仕事ですし見た目も粋で会話も上手く、私は客ですから勿論優しくして頂き、あまり世間慣れしていない年の割に幼稚な私は、自分の感情に戸惑い、「行かなきゃよかった、叶わない、叶えたいと思ってはいけない想いなんてしたくなかった。」とバカな自分に辛くなりながらも普通に生活していました。私と主人は元々タイプの違う二人で、多少の喧嘩はあっても恐らく極普通の夫婦だと思っていましたので、「奥さんって文字通り、奥にいたら良かったんだ。場違いなところへ行かなきゃよかった。」と後悔したり、1人勝手に辛い気持ちでいました。彼にはメアドを聞かれ、「なんでもいいからひまなときにメールして。ちゃんと返事するから。」と勿論営業トークですが言われていたので2度目にお店に行った後、楽しかったお礼とまた参加します、とだけメールしました。すぐに丁寧な返信があってプロ意識を感じつつ、幸せな気持ちで一杯でした。そのあと2回ほど店に行き、出会ってから半年近く経ったある日「いきなりだけど、もしご迷惑でなかったらランチに行きませんか?」とメールが!

ランチと映画とカフェでの時間、あまり話の上手くない私は7割は彼任せの会話に、夢心地に耳を傾けていました。「また2人で、ランチに行こう!次は何食べたい? 考えとくね。」と言われ、そこからだいたい月に一度、私がOKな日をいくつか挙げて彼が都合つく日をあけておいてくれて、会い続けています。彼は夜の仕事だから日中眠いのですが、ドタキャンも遅刻もなく、キスは数回会った時にしましたが、半年後までHはその雰囲気になっても無理強いはされず、そういう関係になった後もこれまでいつも綺麗な観光者の泊まる高そうなホテルを予約してくれてテレビ見たり甘いものを食べたり、Hしたりと過ごしてきました。

どちらかと言えば話し下手な私を人気者の彼がなぜ相手にするのか、別にHが上手い女でもありませんし、趣味が同じなだけでこれまで続いている理由が分からず、いつも少し不安です。

一度「私はあなたの周りの方々のように華やかでもないし、話もつまらない相手だと思う。自分のことは嫌いじゃないけど、あなたがなぜ私と会うのか、からかわれてるのか、他にもいっぱい女性がいるのか、色々考えてしまう。」と気持ちを伝えたことがあります。彼は「自分は仕事を大事にしていて、そのせいでいろんなことを犠牲にしてきた。だから今の時点で先のことは約束はできない。いつも睡眠を削って仕事してきたから時間はなによりも大事。その僕が日時を決めて楽しみに時間を作ってることが今の気持ちの全てだとしか言えない。どうでもいい人と時間を過ごすほど暇じゃない。ほかに女性はいない。からかうなんてどんな人にもしない。その辺は心配しないで。この仕事は今の時代、その手のことはいくらでも広まるし、あっという間に悪い噂となる。仕事を失いかねないことはしたくないのもあるし、そんな若くもないよ。笑」と。

ずっと変わらず優しい彼ですが、はじめの頃は「〇〇千万借金をして始めたビジネスだけど今は儲けより自分のやりたい仕事しか手がけない。」とか着ている服も業界人のような派手な感じで俺様な雰囲気だった彼が、この一年くらいは「友人と飲んだんだ。年収1500万なんだって。僕はやりたいことやってることは自慢なんだけど儲けはそんなにないしなぁ。それだけの男ってことかな。」とか、出会った頃なら絶対言わなかった「バーゲンの頃にコート探しに行こうかな。」とか言うように。私が「一緒に買い物行こう!」と言うと、ニコッと笑って「うん、行こうね。」と。誰が見てるかわからないので、ショッピングなんて難しいのですが、一緒にいられる嬉しさの反面、私は男性を奮い立たせるタイプじゃなく、所謂サゲマンなのかな、と落ち込んだりもします。ビジネスの話では今年から新たにやってみたいことがある、とは話してくれることもあるのですが。

何を言いたいのかまとまらない内容ですいません。こうして書いてきて、多分私は、彼が私に飽きてきたのか、俺様なタイプの男らしい彼が「もう歳だからすぐ疲れる。体調悪い朝もある。」など言うのは、もう私にうんざりしてるからなのか、そのあたりが知りたいんだと気付きました。

彼とはそれぞれ子供の話はすることもあるのですが、互いの伴侶については全く触れずにきました。私は聞きたくないし、話したくないからです。でも家庭は私なりに私の居場所だと思い、料理や子育て、掃除など変わらずやっています。主人との夫婦生活は元々少なく、互いに淡白だったので今全くないのですが、疑われてはいません。子供のことや介護の話など相談もしますが、正直息苦しく感じることもあります。罪の意識ではないのが自分でも恐ろしいのですが、傷つけないようにはしたいので別の人間になりきっている自分が苦しいのです。

彼に将来を尋ねたことはありません。メールも月に1、2回交わすだけ。彼は質問のあるメールにはきちんと早めに返信をくれますが、他愛のないメールは会った時に内容について笑ったり感想を言ったりするくらいです。忙しい人ですから不満に思うことはありません。会った時は互いにすぐスキンシップしたくなり、別れ際はいつまでも手が離せません。でも仕事一番の彼は子供が就職が決まったこともかなりあとから知ったりするくらいですから、私は彼にとってはずっとずっと下の位置にいる存在だと思いながらも別れることが出来ずにいます。

ただ一人幼馴染の友人だけがこの彼の話を知っていて、彼女は応援も反対もしませんが、「こんな話ができるのも、ご主人が稼ぎ、何不自由ない生活ができるから。そして周りが皆健康だからだよ。モニカも働いてるけど生活を担ってるわけじゃなく、贅沢な奥さんなんだよ。今の幸せを壊してもいいのか、常に意識した方がいい。不幸になって欲しくないからきつい言葉だけど敢えて言うね。」と言われています。でもでも、何回考えても一緒にいたいんです。

吐き出せて楽になれました。読んでくださってありがとうございます。何でも聞かせてください! 男性からのお話も伺えたら嬉しいです。

こんなに長くなってしまって。これまで話せなかった気持ちが少し整理できた気がします。