「不倫は絶対にしない」と言う男性と「不倫はしたいけど実際できない」と言う男性の本音

不倫パパつぶやき




不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

突然ですが、このブログをご閲覧されている男性の方で女性と不倫をしてみたい既婚男性の方はいらっしゃいますか?きっと既に不倫中の男性が多いのであまりいないと思いますが。

以前にブログで「不倫をする男性の心理が知りたい」から、私のブログにたどり着いたというご意見を頂きました。まことに有難う御座います。

これは不倫を「している」男の心理のことであって、不倫を「してみたい」男の心理が知りたいわけではないと思います。もし男性で不倫をしてみたい方だったら、このブログではなく出会い系サイト等に行くでしょう。でも女性の方だったら、不倫をしてみたいけど実際は踏み出せるものではないので体験した男性がどんな気持ちだったのか知りたい、そう思われるかもしれません。

たしかに以前より不倫に憧れる女性も増えたと感じますし、男性ならチャンスがあれば不倫をしてみたいと思っている人は多いです。それでも世の中には「絶対に自分は不倫をしない」と言う人もいます。

本日は、このブログにはあまり縁のない「絶対に不倫はしない」と言う男性の本音について考えてみます。



男の色気を感じない魅力のない人たち

どれだけ若いころ女性と遊んでいても「結婚したら浮気はしない」という男性は多いです。そもそも日本の婚姻制度ではそれが当たり前であるはずです。

「不倫なんて絶対しない」と言い切る男性は、同じ男でありながら不倫をする男性との違いは何なのでしょう?

私は過去に会社の同僚や自分の友達、日ごろ関わる男性に機会があれば男の「恋愛観」をさらりと聞いていました。

もちろん結婚生活の中で「男としての魅力」を示せる、あるいは実感できる時もあるでしょう。とくに新婚生活のころなど。しかし夫婦生活が長くなっていき自分が父親や夫という役割を担って生活していけば、妻との男女の雰囲気を持ち続けることは不可能に近いです。

ずっと一緒に暮らしている家族に異性としての色気を感じろというのは絶対に無理な話です。妻に愛が冷めているわけではないと思いますがお互いに「色気」が冷めたのだと思います。

不倫は絶対にしないと言い切る男性たちは、早々と男を「降りる」決断ができたのです。

もちろん不倫を推奨はしませんが「チャンスがあればしたいけど妻にバレるのが怖いからできない」と言う男性は素直な方です。それが男の正直な本音だと思います。でも、頑なに不倫はしないと言う男性の意見をいろいろと聞いて、その方たちの共通点を発見しました。

それは「めんどくさい」でした。

今さら恋愛なんて意味がない。それどころじゃない。理由は様々ですが社会の第一線にいる男としてはあまりに消極的な発言ではないかと感じてしまいます。そしてその男性たちには残念ながら、男としての「色気」を全く感じないのです。

私はゲイではありませんが(笑)魅力的な人には男性も女性も問わず人を引き付ける色気があります。私はその色気というのは仕事においても重要なものだと感じます。

 

男なら「絶対に不倫はしない」なんて言いたくない

もし「妻を一番に愛していて、他の誰にも目が向かないからほかの人と恋愛をしたくない」といういような言葉なら「なるほど」と言えるのですが、私の周りの男性では悲しいですが一人もおりませんでした。

最近の女性は、40代、50代になっても綺麗で美しい方がたくさんいらっしゃると感じます。男と女の美意識の違いはあるでしょうが、女性はいつまでも女として美しくいたい、「女」であることを忘れたくないと思っている人のほうがとても多いと感じます。

こういう男性もいるかもしれません。風俗には行くが普通の女性との恋愛は絶対にしない。そういう男性はセクロスはしたいけど恋愛はめんどくさいから風俗へ行くのかもしれません。

しかしそれで本当に満足なのでしょうか。人と人との本音がぶつかり合う恋愛の末でのセクロスのほうが、自分の色気を磨き男としてのプラスになる要素が多々あるような気がします。

絶対に不倫はしないと言う男性は「色気のある男」でいることがめんどくさいのでしょうか?

以前に不倫の適齢期だと思う記事を書きました。

[kanren postid=”257″]

30代後半の私はそこでいう適齢期ですが「絶対に不倫はしない」なんて言わずに「不倫はしたいけど実際はできないなぁ」と言いながら、男の色気を忘れずに年をとりたいものだと感じます。

本日もご閲覧ありがとうございました。




Posted by 不倫パパ