不倫男の「お盆」の過ごし方




お盆休みですね。

小さいお子さんがいらっしゃる方は、ご実家に帰省され
夏休みをご家族で楽しく過ごされている時でしょう。

私はと言えば・・・

仕事はこの夏がとても忙しいので(涙)
正直なところ夏休みはありません。

まあ週末は平常通り休みはありますが、
実家に帰ってゆっくりするというよりは
先に帰っている妻と子供を迎えに行くといったほうが正確でしょう。

 

 

今のところ、子供たちはジィジとバァバを連れまわしているそうで、
「○○君(不倫パパ)、早く帰ってきてくれないかな」と妻に嘆いているそうです(笑)

お盆休みに入り、不倫をされていらっしゃる方は
不倫相手の彼とも会えない日が続くでしょう。

本音は会えない事実が寂しけど、寂しいなんて彼には言えない。
頑張って、強気なフリをしているという、女性の書くブログなども拝見しました。
ちなみに私の相手はというと
やはり毎年の事ですが、帰省しております。

そして親戚一同で集まり、同年代のいとこ夫婦もいる事から
毎年にぎやかに過ごしているようです。

メールはここ数日もしていますが
子供たちの人数が多すぎて、チャーハンも何人分炒めたらいいんだ?
というくらいフライパンを振りまくっているそうです。

帰省中は、奥様が
肉体的にも精神的にも一番疲れることでしょう・・・

世の中の奥様方、本当にお疲れ様です(涙)

さて、そんななか
男側の気持ちとしては

さみしい?いえ、そんなこともなく

自宅にレンタルDVDで映画を借りて帰り、夜更かししながら
つかの間の独身気分を楽しんでいるといったところですね。

不倫相手に会いたい?

いえ、会いたくないといったら嘘になりますが、

私は今の時間がけっこう好きです。

・・・このセリフ、
年末年始にも同じことを言っております(笑)

もともと一人で過ごす時間が好きなのだと思います。
DVDを見たり、本や雑誌を読んだりと
お気に入りのソファーでゴロッとしながら楽しんでます。

いつもなら、娘がオナカにダイブしてくるので
こんな時間がとても貴重です。

そして色々とやりたい事などを頭の中で整理したり。

子供が産まれてからずっとできていない事。
私はエクストリーム系のスポーツが好きで、そのDVDを見ながら
子供がもう少し大きくなったら絶対復活するぞと。

きっと、もうそんな事を考えなくなったら
「もう俺の青春は終わったな」
と感じることでしょう。

例えば、結婚して十年以上経ち子供もどんどん大きくなると
家族という枠内に閉じ込められ
呼ばれる言葉も「あなた」から「お父さん」、「パパ」。

きっとこんなときに不意に
きらめくような女性との恋愛が訪れると、ほとんどの男性は夢中になってしまうでしょう。

「まだまだ俺も捨てたもんじゃない・・・」

この気持ちは、決まりきった毎日の生活にハリを与えますし、
若さが蘇ってきます。

ある女性誌で先日見たのですが、
あ、私は女性誌を読むのがけっこう好きです(笑)

雑誌の調査によると、不倫相手とのセッ/クスは妻と比べて

○回復力は30%アップ
○持続力は30%ダウン
○前戯にかける時間は90%アップ

だそうです。

そうとうノリノリだということですね。

それほど不倫相手とのセッ/クスは元気が出るという事なのでしょうが、
これが妻に見破られないわけがないと思います。

まあ、遊びなれている男性であれば、
そんなウキウキした仕草は見せないようにできると思いますが
そうでもない男性なら、それが日常の態度にあらわれてしまう事でしょう。

小さな変化でも、危険が伴います。

改めて、気を付けようと思いました。

そんな、一人の不倫男のお盆の夜。

相手の方とお盆を一緒に過ごせる方が羨ましくもありますが、
こんな時こそ気を付けましょうね、と思う次第でありました。

 

皆様、よいお盆をお過ごしくださいませ。

 

 

不倫相手を分散しても…本当に良いの?
本命の不倫相手を裏切ることにならないか?まだ迷いがあり「誠実ではない」と感じる方はもちろんやめておいたほうがいいです。 また辛くても沼に戻っていけばいいだけです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

不倫パパ

管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング (※画像はSnapchatで女性化しました)