子供の存在




elementus / Pixabay

私たち夫婦には、進学のため県外で一人暮らしをしている子供がいます。子供は夫婦にとって「かすがい」と言われますが、思えば夫婦ケンカの種はすべて子供の事。

子供への無関心。

主人の子供への接し方。

教育方針の違い。

いえ、そもそも出産直後、主人の「男の子よりも女の子がよかった」の一言から始まったような気がします。

最近は不妊でお悩みの方も多い中、私たちは結婚してすぐに授かりましたが、生まれてきた子供は持病があり、生活を送る上でかなり配慮が要りました。今まで、学校生活を送ってこられたのは周りの皆さんのおかげです。

そんな子供の状態もあり、私は息子にかかりっきりになり・・ますます母と息子だけが密になり・・夫婦の仲の溝が深くなり・・

女は子供を宿したときから母親になるけれど、男は次第に親になるという。今から思えば、私は主人にもっと配慮すべきでした。子供の世話も少しはお願いして、子供との関わりを増やすべきでした。子育て中は、何でも私ひとりが頑張ってやっている感がありました。仕事も持っている、子育ても家事も町内会の仕事も学校行事も親類付き合いも、何もかもひとりでやってきた感が大きいのです。

子はかすがい・・子供は夫婦の仲を繋ぎとめてくれるものだというたとえ。

私たち夫婦仲がうまくいっていたなら、はたして私は不倫などしただろうか。

好きになったとしても、相手を想うだけで深い関係にはならなかったかもしれない。

「子はかすがい」が頭の中をぐるぐる回っています。

 

 

 

 

不倫相手を分散しても…本当に良いの?
不倫相手を分散すること。不倫に理解のある話し相手を見つけることで苦しい気持ちがラクになり、色々な角度から本命相手と向き合えるのがその第一歩です。



17 件のコメント

  • かおるさん
    私たち夫婦は 子どものことをめぐってよくケンカをします。価値観や考え方もずいぶん違うようです。最近ではお互いにあきらめている部分もあると思います。主人が 夫婦のコミュニケーションと題する営みも苦痛です。それは彼の 単に性欲のはけ口のようだと思うから…。はけ口だから あっという間に終わるのですけどね。夫とギクシャクしている中、彼と再会できました。彼の家庭はおそらく円満です。夫婦生活も普通に。それでも私を求めてくれているのは 遊びではなくて 彼もどこかで何かを私に求めているのだと思っています。 お互い実は 寂しい者同士なのかな。お互いに心での繋がりを大切にしているとは思います。お互いの生活でのパートナーでは補いあえないものを…傷をなめあっているのかな。よく分かりませんが、いつか 別れというゴールが来るのだとしても、彼との時間は できる限り長く 少しでも連絡をとりあって 大切な時間を過ごしていきたいです。

  • みなさん似たり寄ったりですね^^;
    私も子はかすがい夫婦です。

    彼の家庭は比較的円満かと…
    多分円満だと思います。
    言葉の端々でわかりますもんね。

    昔はそれに嫉妬に似た感情が湧き上がり何度も別れを切り出したりしましたけど。

    でも、とあることがきっかけで彼と離れることを諦めました(笑)
    四年めにしてやっとたどり着いた結論でした。

    私が必要で離れたくないという気持ちを彼が持ち続けてくれる限り、私は彼から離れることはないですね。

    目指す場所や目標なんて全くありませんが、ただ彼と繋がっていたいです。

  • ごまぷりんさん

    お返事ありがとうございます‼‼
    パパさん、なんとか投稿出来ました(笑)
    こうしてみると、女性が不倫の道に踏み込むのは、夫婦関係に不満があるケースが多いのかしら?f(^^;
    逆に男性は、夫婦関係が良好でも不倫している??
    やはり、男脳と女脳の違いなのでしょうかね~

    初めての投稿 めちゃめちゃ緊張しました(笑) なので、文体が私っぽくない(^o^;)アハハ
    次回からは私らしく明け透けで行きます( ̄^ ̄)ゞ
    パパさん、皆さん 宜しくお願いしますm(__)m

  • かおるさん、ご投稿ありがとうございます。

    たしかに私も子供が産まれたときは全く実感がありませんでした。
    まだお腹の中にいたときの写真を見て、妻が「この辺が目で、この辺が…」って話していても、そうなんだ~ってかんじで(涙)

    父親としての実感はもっと先になってからでしたね。
    救急で病院に行ったとき、子供の名前を自分で書いて、その時が一番感じたような気がします。

    上の娘が全然寝てくれない子で、うちの妻は育児ノイローゼぎみでした。
    夜中にボコボコと音がしたので何か?と思ったら妻がボックスティッシュの箱を殴っていたり

    そんな事からちゃんと子供に目を向けるようになり、いつのまにか親バカになっていました(笑)

    相手は最初の頃は昔の旦那さんの浮気や育児の辛さで、家庭から逃げたいように感じました。夫婦関係もレスでした。
    だんだんと旦那さんが家庭に目を向けて、レスも解消されてきて、そうした時に今までのこと、私とのことを見つめ直したんだと思います。

    私たちは「子はかすがい」という言葉を実感していますが…決してそれだけではないのですね。
    考えさせられました。

    お互いの家庭も問題がなく心の隙間を埋めるような関係であった私たちは、実に軽率な内容だったとお感じになられた事でしょう。

    アメブロの時にかきましたが、お子さんを亡くしてしまった夫婦という場合もあるでしょう。
    私なんて充分すぎるしあわせものです。

    遠くから相手の幸せも願って生きていこうと思います。

    ありがとうございました。

    是非またお書きに来てください。 

  • まこさん

    コメントありがとうございました!
    四年目~ですか~ いいなぁ(*^_^*) 私も続きたいです(笑)

  • もしも夫婦仲がよかったら…。。
    私は、かおるさんが『今』幸せであればそれでいいと思います。

    子供は、両親の仲を繋ぎ止めるためにいるものではありません。
    私自身も、両親の仲を繋ぎ止めるための存在だと思ったことは一度もありません(笑)

    かおるさんのお子さんは立派に成長しているようですし、
    途中で投げ出さずにこれまで一人で頑張れたことは立派です。
    きっと何も間違っていなかったと思います。

    もしも、私の夫婦仲がとてもよくて今の彼との関係を築けない人生だったら…
    私は不幸だと思います(笑)

  • パパさん

    軽率だなんて、思っていませんよ(*^^)
    好きになっただけ。なってしまっただけ。
    もちろん悪いことなんですけどね(^^ゞ

  • nariさん

    コメントありがとうございます!
    そうなんですよねぇ~ 彼とこうなったことに全く微塵もこれっぽっちも後悔などないです(笑)
    それにはですね、息子のある考えが関係していてですね(^^ゞ 
    詳しくはアレですけど、まぁ正当化しているんですけどね。
    ここまできたら、愛しきったと言えるまで続いたらいいなぁと思っています。

  • かおるさん、こんにちは。
    過去に、子供がいるから離婚を踏みとどまった経験があります。
    不倫とは無関係なことでしたが。
    結局夫婦仲には亀裂が入ったまま。

    子はかすがい、っていうけど、夫婦間でのすれ違いは子供のことが大半。
    夫との考え方が違い過ぎることに気付いたのが子供に対する考え方。

    家庭も仕事もギリギリのところでなんとか生きてた私を救ってくれたのが彼です。
    彼を好きになったこと、私も後悔してません。この関係がいつか終わる日がきても、彼への感謝の気持ちは無くならないと思います。
    もし、夫婦仲がよかったら…彼とこうなってなかったかもしれないですね。

  • メレンゲさん

    同じです。
    主人との大きな溝は、子供のことです。ほぼ。

    この溝は、多分 これからも埋まらないだろうと思います。

  • 初めまして^^
    私には障害の子がおります。
    だからでしょうか夫婦仲はとってもいいです。
    夫も浮気をしたことがありますが
    今は私一人のようです。
    でも私は不倫の味を占めてしまいました・・・
    夫への復讐のつもりでしたが
    もうやめられません。
    お互いの家庭がうまくいっている方としか
    お付き合いしません。
    デートしてドキドキして
    自分が若くいられるので楽しいです。
    女でもこんなのもいますから(笑)性別関係ないと思っています。
    子はかすがいとかいろいろな言葉がありますが
    こじつけでしょう
    所詮男と女です。
    基本を忘れるとその先の結果が見えてくると思います。

  • sayaさんへ

    コメントありがとうございます。
    障害がおありなのですね。
    子育て、大変でしたでしょ?

    お互いの家庭がうまくいっていて、自分も輝いていられる。理想ですよね(*^^)v

  • みなさんの意見を拝見してるとあたかも、夫婦の不和はお子さんガ原因、お子さんのせいだと言ってるように見えます。
    それなら、子供がいなければ、夫婦円満だったのですか? 親の不倫はまちがいなく我が子の心を傷つけますよ。あなたがたのお子さんがあまりにもかわいそうです。

  • かなさん

    夫婦不仲の原因は、子供のせいではなく、人の親としての自覚がたりなかった私と私の主人の精神性の低さ、にあると思っています。

  • かおるさん、初めまして。

    いつも、かおるさんのコメントを拝見しており、彼へのブレない気持ちが素敵だなぁ…と思っていました。

    私にも、持病のある子供がいます。
    主人とのすれ違いは、子供のことから始まりました。

    子供のことを受け入れられない主人のことは諦め、仕事も
    育児も一人でやらなければ…と、いつも気を張っていました。

    でも、子供想いの彼と出逢い、彼を物差しとして物事を見たりしているうちに、私が今まで我慢していた、主人の色々な部分は、我慢せずに本人に伝え、父親として協力してもらうべきだと思うようになりました。

    最近は、主人とは、もう男女ではないけれど、父親・母親としては少し改善されているのかなぁ、と思います。

    彼と出逢ったおかげでもあるし、主人も時間の経過とともに変わってきたためだと思い

    育児の渦中にいる時は、無我夢中で、だいぶ後になってから分かることって、誰しもあると思います。

  • フジさん

    コメントありがとうございます‼
    そうなんです‼ そこなのです(涙)
    私は、主人がわかるまで根気よく伝えなきゃいけなかった。
    男性の父性は、ゆっくり生まれるもの。
    今なら、色々なことがわかるのですが、やはり私自身が未熟者だった。
    そう思います。

  • かおるさん、お返事ありがとうございます。

    自分の要望を夫に伝えることは、気力が要ることですし、
    こちらが伝えたい時期と、夫に受け入れ体制が出来る時期がうまく重なっていなければならないので、難しいですよね〜。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    かおる

    Wで3年。こっちの世界とあっちの世界でバランスとって生きています。 とりあえず笑っとけ♪と、どこまでも楽天家。 どうぞよろしくお願いします(*^^)v