彼女の気持ちは?(その②)

2017年5月9日みなさまのご投稿, 既婚&独身の不倫

The following two tabs change content below.

igakuri

最新記事 by igakuri (全て見る)

retro-1321068_640

②楽しい日々から辛い日々へ

2人の仲は、急激に変化して、私の誘いにほぼ毎回応じてくれた彼女でした。
バツイチで子供は中学生。夜に子供を置いて出掛ける事は、そんなに難しい事ではなかったようです。
多いと週に2回は会ってました。
会社の帰りに、彼女の自宅に寄ったりしました。

4月から6月までは、本当に今思うとかなり俺も熱を上げていたし、彼女もそれに応じてくれていました。

そんなある日、デートでドライブした時に、私の携帯に息子から電話がありました。
いつも彼女とデートする時は、電話なんて気にしなかったのですが、今回は息子からの電話だったので、私は彼女を横に座らせたまま、そのまま電話に出ました。

たわいも無い、家庭のトラブル(家電故障)対応の話し、途中で嫁に電話が代わり、トラブルへの対処について、いろいろと質問されました。

本当にたわいも無いことでしたが、その電話の内容を彼女が横で聞いていて、電話の声が筒抜けとなりました。
その後彼女は機嫌を損ねて自宅に帰りたいと言い始めました。

私は、まだ彼女の機嫌を損ねた理由もはっきり分からないまま、自宅まで送り届けました。

届けた後、私は呆然としてしばらく車の中でぐったりしてしまいました。
その夜メールで彼女はこう言いました。

あなたのうしろに、「幸せな家庭が垣間見れた」ってこと。結局そういうこと。もうそれ、拭えないから。
だから、それに私がどこまで付き合えるかってこと。
あなたの問題じゃなくて私の問題。

これを機会に、夜のデートは娘を置いて出掛ける事は無くなりました。

時期同じころ彼女の娘が体調不良となり、精神的に不安定になった事もありますが、恐らく夜のデートに対して何らかの俗悪感を感じ始めていたのでしょう。
彼女が、私と出掛けることが娘の体調不良の原因ではないかと。

はっきりと、娘がいる時には会えないと断られるようになりました。

この頃から、私は彼女に対して疑心暗鬼になり始めたのです。




Posted by igakuri