不倫相手を妊娠させてしまったら
新規登録

不倫相手を妊娠させてしまったら

Sponsored Link

不倫をされていて不倫相手とカラダの関係がある場合、

ほとんどのケースがあるかもしれませんが・・・

いかなる場合であっても、必ず「避妊」はされていると思います。

しかしゴムにしろピルにしろ、

100%妊娠の可能性がないかというと、そうとは言い切れません。

男性の場合は付けないほうが気持ちいいと、その場の快楽に負けてしまう事はあるでしょうか。

それは不倫相手のことを全く大事にしてない行為であり、避妊は絶対のルールだと思います。

今現在不倫をされている男性も、これから肉体関係になるかもしれない男性も、これだけはご周知しておいたほうが良いかと思い、この内容の記事を書きました。

もし不倫相手を妊娠させてしまった場合、

家庭を持ち子供がいる以上は「義務と責任」を果たさねばならなりません。

子供を中絶をするかどうか

産まれた子供を認知するかどうか

妻と離婚をするかどうか

不倫相手が独身者の場合は、愛する相手との子供であるなら「産みたい」と言うかもしれません。

未婚の母でも構わない、家庭を壊す事もしない、迷惑は絶対にかけない

そう言われたとしても出産を選択する事は、相当な覚悟が必要です。

不倫相手を愛しているなら、離婚して再婚することが正解ですが

それが不可能なら、認知し養育費を払う養育義務があります。

認知を拒んだとしても、DNA鑑定で自分の子供だということがわかれば強制認知になるので、意味がありません。

認知をすれば、その後扶養の義務が課せられることになり、子供は相続の権利も得ます。

そのため認知するのであれば、配偶者である妻にはその事実を伝えざるを得ないということになります。

現実的にも、認知や養育費の件、お金に関することですから、家計を預かる妻には無関係ではいられません。

その結果、離婚になる事のほうが多いでしょう。

慰謝料も払わなければなりません。

ばれて離婚したくないので認知しない場合、圧倒的な財力がある方は二つの家庭を支えられる事もできるかもしれません。

しかし不倫相手の今後を考えた場合、

未婚で認知のない子供を抱えて、そんな女性に求婚する男性が現れかどうかを考えると不倫相手を不幸にする事は明白です。

これがW不倫での相手の場合は、中絶を選択するケースもあると思います。

不倫相手が独身者の場合は、子供を育てる、人一人育てるという事の大変さを知りません。

妻にはばらさない、認知してもらわなくてもいいと言っていたとしても、いざ我が子が産まれ生活に困ったとしたら

我が子の為なら何でもする「母親」になっていくと思います。

様々な仮定を考えても、離婚するしないにせよ、自分を支えてきた人達は

不幸にしかならないのだと思います。

妻と子供達から軽蔑されて生きたいですか?

今まで築いてきた家庭が崩壊しても後悔しませんか?

子供と遊ぶ時間を、不倫相手との子作り行為にいそしんでた人間にそのような事を言われても片腹痛いでしょうが
私は今までしてきた事の重責をしっかり受け止めて生きていこうと思います。

 

Sponsored Link

フォローする

関連記事

Sponsored Link