「不倫関係」も「夫婦関係」も最終的に男女の関係がダメになる原因は一緒なんだなぁ。

不倫に悩んでいる方へ




不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

ちなみにですが、「不倫相手に求めているものは何ですか?」と聞かれて明確に答えられる方はいらっしゃるでしょうか?

恋愛を楽しむことです。性的欲求を満たすことです。自分を成長させてくれることです。尊敬し合えることです。どのようなお答えでも全て正解なんだと思います。

不倫をするということは旦那様や奥様に満たされていないものがあるから、それを他の異性で満たすための男女関係です。ただそこが満たされてくると「求めるものの価値」がだんだん薄れてくるので不倫関係も続かなくなってきます。

不倫関係も夫婦関係も、他人から認められたいとする「承認欲求」が二人の間でどこまで続くか?が男女関係の最終的な決め手だと私は思います。



男性と女性の不倫相手に求めるもの

不倫相手に求めるものが明確で即答できる場合は「何歳になっても女として・男として輝いていたい」という気持ちにつきるのではないかと思います。

女性として褒められ、満たさせてくれる相手。男性も同様に不倫相手を求めるものはそこだと感じます。そして男性がそれをいちばん感じられるのは不倫相手とのカラダの関係です。ただカラダの関係というものは、男性も女性もそうだと思いますがある程度の年月で飽きてくることもあります。

男性の場合は自分の欲が満たされてそれ以上のものが無い場合は不倫関係が早々に終わってしまうこともあります。早ければ二~三ヶ月、三年ももてば長いほうでしょうか。

女性の場合はそこだけでなないかもしれません。女性がどのような理由で不倫を始めるのか?は「父親の影響」という見解もあります。

「父親からの愛情不足」で育った女性の場合は、心の中の愛情不足から無条件に愛情を注いでくれる男性を求め「父親の代役」を探して不倫に陥ってしまうというケースです。

また「父親から愛情を十分に受けて」育った女性の場合は、子ども時代に身近に頼もしくて優しい父親を感じ、理想の男性像や家庭像が幼少期から本能的に生まれてしまうケース。

ただ私の不倫相手が「父性を求めている」のを感じたことは一度もありません。

女性が不倫相手に求めるものは、父性ではなくアミューズメント性に近いと思います。それは自分の結婚生活とか、旦那さんとか、そのような現実とはまったく別次元のものではないでしょうか。

 

不倫相手に会えない時こそ相手を認める気持ちを大事に

私が不倫関係をなんとなく心地よいと感じていた時期がありました。それは不倫相手に会えない時です。

女性の場合なら会えないことで不安を感じると思いますが、その時の方が私は「承認欲求(他人から認められたいとする感情)」が満たされていると感じたので心地よかったのです。

昔は「メル友」という言葉が流行りましたが、たいていは長くは続かないものです。それはやはり「会いたい」という感情、下心が前提にあるものだと思うので、メールだけ言葉だけのコミュニケーションの中では本当に相手の気持ちを考えなければ心地良さは感じません。それが出来ないのはどうしても下心が見え隠れするからでしょう。

会えない時の私は、相手に対してさほど下心を感じませんでした。もう何回もカラダを重ねてきた相手だからです。

その上で、メールだけで言葉だけで相手との繋がりを感じることができたのは、相手の気持ちを理解してどんな気持ちかを考えた上で言葉を送っていたから。それを実行するには自分の欲だけではなく、相手の事も「認めている」からできたことだと思っています。

 

男女関係で、相手を認めるには尊敬であったり信頼であったり様々な要因があると思います。ですので男性も女性もお互いの配偶者の認めてほしい部分を認めてあげる事は、本来の夫婦関係において成すべきことでもあります。

そう考えると、本来妻から自分を認められている男性は不倫に走ることはないというのが一般的なものでしょう。

では、私は妻に「自分を認められていない」と感じたから不倫をしたのでしょうか?まあちょっとした夫婦喧嘩は今でもしますが、決してそんなことはなかったと思います。

結局は、妻が認める事を「当たり前」だと感じていた。

ありがたさ、感謝の気持ちを微塵も感じてなかった。

夫婦関係でお互いに相手のことを認めていたとしても、それを当たり前だと思ってしまっている人間は不倫をしてしまうのです。

 

毎日一緒に過ごす夫婦でも、なかなか会う事のできない不倫相手でも、男女の関係で相手に求めているものは「自分を認めてほしい気持ち」であり、その気持ちを感じることに「当たり前」になった時に最終的に男女の関係がダメになるんだなぁ。

と感じました。

私の夫婦関係がダメになったみたいな言い方ですが、そうならないように妻には日頃の感謝を言葉に出していこうかと思います(笑)

本日もご閲覧ありがとうございました。




Posted by 不倫パパ