親愛なる「あなた」へ




person-731141_640

空白の時間、

何を思ってどんな言葉を綴っていたのかは、

この場所が全てです。

 

 

あなたへの気持ちと、葛藤で悩んで

その気持ちを吐き出すところがほしくて、アメブロでブログを書き始めました。

 

 

感じた気持ちも想いも全部綴ってきましたが、

しょせん無料ブログでは、いつなくなるかも分かりません。

 

 

あなたへの大切な想いは、

永久に消えないように、自分のブログを開設しました。

 

 

いつしか、ブログを読んでくれている人たちから、

色々とコメントをいただくようになりました。

 

 

私が経験したことや、感じたことが、

同じようにこの関係に悩んでいる人たちの少しでも役にたつならと、

このブログに、他の皆様が記事を投稿できるようにしました。

 

 

 

そして、昔の私のように

好きな人への気持ちや葛藤を抱えながら過ごしている人が、

少しでも明日を笑顔で迎えてほしくて、大切な場所でブログを書けるサービスを始めました。

 

 

 

 

あなたへの気持ちだけで残したこの場所を

多くの方たちが、支えてくれました。

 

 

 

 

 

 

親愛なる「あなた」へ

 

覚えているでしょうか。まだLINEをしていなかった時に、

あなたへの連絡手段に、私が初めてブログを書いたときの「ブログタイトル」です。

 

 

とても喜んでくれていたのを思い出します。

 

 

 

四年前のあの時と、今も

私の気持ちは変わりません。

 

 

 

親愛なるあなたへ、

いつまでもあなたが大好きです。

 

 

 

不倫相手を分散しても…本当に良いの?
不倫で沼っている男性の方も…。これからお話しするのは「具体的な不倫の分散相手の作り方」なので、こっちでこっそりと書きます。



14 件のコメント

  • パパさん

    大切な人と離れていても、やっぱりいつまでも特別ですよね。

    気持ちは焚き火のようで、
    すごく激しく燃える日もあれば、
    燻っている日もあったり…。
    炎が見えなくても、煙はずーっと絶えずでていて火は消えることはないですよね。なにかあれば、また激しく燃える。

    私もパパさんのように
    ずっと彼を特別だと思いながら、毎日をすごしています。

    パパさん

    きっといつか、相手の顔を見て
    気持ちを伝えられる日が来る気がします。

    それは今日かもしれないし、何年後かもしれないけれど。
    そんな日が来ると思います。

  • ご無沙汰です。久々に覗いたらババさんのこの記事、もう思わずコメしたくなりました。
    私も別れて一年ですが、まだ彼を好きです。笑顔も声も手の感触もまつ毛の長さまで、覚えています。
    今だに、涙することもあって
    でもこれでよかったのかも。お互いが幸せになるために別れもありだったんだ。と今頃やっと思えてきました。
    ここまで来るには、どれだけ
    パパさん、皆様に助けられたか。
    パパさん皆様、お体を大切にそして
    み〜んな、幸あれと祈ります。

  • パパさん

    せつなくなって、ちょっと涙が滲んでしまいました。
    「好き」って感情は、厄介ですね(^_^;)
    既婚者にとってはね。
    でも尊いものだと思います。

    パパさんがつらい気持ちの中、このブログを続けてくださったこと、とても感謝しています。
    どんなにかだったと思います。
    そして、手つなぎフォト、載せていただきありがとうございました。
    ちょっとテレましたが(笑)

    パパさん、お時間あったら「男のヤキモチ」についてまた記事を書いてくださいませんか?
    女性に対するヤキモチです。
    パパさんは、ヤキモチ妬きますか?
    ジョージは珍しくヤキモチを妬きました(笑)
    妬いている体で、フリをしたのかもしれませんが。
    女は、たまのヤキモチと軽い束縛が大好物ですから 😀
    またお時間あれば。。。

  • パパさん初めまして。時々拝見させて頂いていました。特に苦しい時、悲しい時に。私はWの関係を何度も離れたりくっついたりを繰り返し3年…
    でもたった一度しか愛されたと感じた事がありません。ただの体だけの関係…きっと相手は私をセフレとしか思っていないのかも。
    色々泥沼にもなったりして離れたのに、時間経過で相手からまた連絡がくる。嫌いになれない私は心を愛してはくれないと分かりながらも逢いたくて逢ってしまう。リスクを背負ってまで何故私に会おうとするのか…きっと体だけ。
    だからパパさんのお相手の方が羨ましいです。別れて逢えなくても心は繋がっている様で。愛されていて。
    主人は私を愛してくれてる。けどある事で私は愛せなくなり拒否し続けてもう7年。私を愛してくれない相手を想うより主人を愛していられたら…と思うけれど一度壊れた心は取り戻せない私。娘の為にも忘れなきゃ…が難しいです。
    毎日が葛藤です。
    少しでもパパさんの様に愛してくれたらラクにいられるのに。女は体も心も愛されたい生き物だから。
    長文を失礼しました。

  • はじめまして。
    meと申します。

    誠実な心と志に触れ、こちらのブログに何度も救われた一人です。

    今回のpapaさんの気持ちが、彼の言葉とリンクし、彼に対する罪悪感から解放されてるようにおもえます。

    一方的な私からのお別れから20年ぶりの再会。
    そしてwの関係になり5年目。

    理由も告げられずに一方的だったこと。

    好き好きだけで突っ走れず早熟してたかのような選択。

    彼の「ずっと想っていたよ。」「愛してたよ」
    嬉しい言葉から
    wの関係が始まりましたが、この4年間私の責任で今の状況を招いてしまっている罪悪感でいっぱいでした。

    papaさん
    ありがとうございます

    彼の想い大切にします。

  • パパさん、初めまして。
    時々こちらのブログを拝見させていただいています。
    特に苦しい時悲しい時に。
    私はWの関係を何度も離れたり戻ったりを繰り返し3年弱・・・
    でもたった一度しか心から愛されたと感じたことがありません。
    それもきっと勘違いだったんだと思います。
    相手にとって私はただのセフレでしかないのかと思っています。
    色々と泥沼にもなり彼からも見捨てられ(?)一時は
    身体はボロボロになり離れたのに、心身ともにようやく落ち着き
    を取り戻したころ相手からの連絡が。駄目だと思いながらも
    やっぱり好きという想いに勝てず淡い期待で逢ってしまう。
    結局は体目当てなのに・・・。心を愛して欲しい、言ったら
    離れて行ってしまいそうで言えない自分が嫌いです。
    相手は奥様にバレるリスク・それ以上に地位のある仕事を失う
    リスクを背負ってまで体だけのために会うのか…
    怖くて聞けないです。欲を満たすためだけっていう判りきった
    回答なんですから。
    だからパパさんのお相手の方が羨ましくて仕方ありません。
    別れて逢えなくても心は繋がってるようで、愛されていて。
    主人は私を愛してくれています。重いくらい。
    けどある事で私は愛せなくなり
    拒否し続けて7年…私を愛してくれない相手を想うより、主人を
    愛せたらどんなに幸せなんだろうって思うけれど一度壊れてしま
    った心は取り戻せない私がいます。娘の為にも忘れなきゃ…が
    出来ない最低な母親です。善き母でいたいのに、、毎日が葛藤です。
    少しでもパパさんのように愛してくれたら心休まるのに。
    女は体も心も愛されたい生き物ですから。
    長文を失礼いたしました。

  • ご無沙汰しています。
    パパさんのお相手さんは、お幸せですね。離れていても、こんなにもパパさんに思われていて‥‥。
    いつかまた繋がる日が来るといいですね。

    私も失恋してから9か月経ちますが、なんとか前を向いて頑張っています。

    今もこれからも変わらず、彼を大切に想っています。

  • パパさん、涙がでちゃいました。

    きっと、お相手さんもパパさんのことを心に想い続けて

    パパさんとパパさんのご家族が笑顔で過ごせることを願ってらっしゃると思います。

  • パパさん☆

    ジーンとしました…(泣)
    不倫って不思議ですよね…普通の恋愛なら別れてしまえば気持ちもなくなりますが、不倫は別れても気持ちがその時のまま、もしくはその時以上に続いたりしますよね。
    私も復縁を繰り返してますが…最後の復縁するまで10年以上ありましたが、その間、ずーと彼を愛する気持ちは変わらず、死ぬまでにまた会えるとなぜか確信して長い時間を過ごしていました。パパさんのお相手さんも心のどこかでパパさんのことを想い続け、これからの人生のどこかでまた巡り会えるといいですね…

  • パパさんへ

    パパさんはどうしてこんなに
    アイデア満載で文章が上手くて、
    私いつも尊敬です。
    自分が辛いときもみなさんに
    寄り添って、 そんなこと思うと
    ジーンときちゃいます。
    イケメンの素敵なパパさん!
    これからも色々なこと楽しみに
    してますよ(^_-)

  • パパさんこんばんは。

    彼との関係に悩み、このブログにたどり着き、パパさんの存在を知った時、正直に思ったことは、

    男の人も不倫で悩むんだ…

    でした。
    男性はセックスが、一番の目的。
    そのためなら女性に対していくらでも優しくできる生き物だ、と思っていたからです。

    自分の彼に対しても、そんな思いが拭えず、会えなくなった時に、なかなかセックス出来ない自分に対して、冷めてしまうんじゃないかな?と、それが不安のひとつでもありました。

    ここにいらっしゃる男性は、女性に真剣に向き合い、悩み…自分となにも変わらないな、不倫だけど、みんな恋愛してるんだな、だから悩むんだ。

    不倫で悩んでる自分が惨めで悲しかった。辛くて苦しかった。

    今もそんな気持ちになることがあります。
    けど、このブログの存在が、私を救ってくれました。
    ここがなければ、皆さんの心の澱に触れなければ、たぶん、とっくに彼とは終わっていたと思います。

    不倫で死ぬほど悩んでも苦しんでも、それは決して惨めなことじゃない。

    パパさん、皆さんのおかげで、そんな気持ちになれました。

    彼とこの先別れることになっても、パパさんのように、いつまでも大切な相手と思えるように、悔いのないよう、彼に接しようと改めて思いました。

  • おはようございます。
    途中気持ちがブレ掛けたけど…。
    と思いながら読ませて頂きました。(笑)
    しかし!パパさん、すっごく成長した。素晴らしい!!

    厳しい現実に立ち向かう事が出来る人だけが辛さから解放されて、強くなっていけるんだと思います。
    全ては今を見つめる事。見たくない厳しい現実にちゃんと目を向けて立ち向かう…目を背けて、逃げる人はいつまでも辛さに縛られますからね。

    パパさん、今のパパさんならお相手の方。離れたいとは思わないかも?!お相手の方が、不倫だから嫌!って気持ちでなければ!ですけどね。
    (^-^;ふーより。

  • パパさん、やはりお二人はご縁があるんですね(*^^*)
    どうかどうか、このご縁を大切にして下さい。

  • お久しぶりです。
    ここでは、「あなた」ではないフリをしなくてもいいのでしょうか?
    長い長いラブレター、読ませていただきました。
    まず、あなたが過ちと言ったブログについて。
    ブログが2013の頃から書かれていたのには正直、心焦りましたが、あなたのもとに集まってきた人たちのコメントを読んでいるうちに、少しでもお役に立てたのなら…という気持ちにすらなりました。
    そして、あなたの月日の中に、こんなにたくさんの「ワタシ」が存在していたこと。
    こんなにもあなたの時間が「ワタシ」で溢れていたこと。
    それが何より、あなたを許してしまえる答えです。

    2015、わたしの誕生日。
    あなたからのメッセージは、
    ちゃんとその日のうちに読みました。
    忘れていましたが、
    わたしが書いてた育児ブログ
    コメントが付くとメールでお知らせが来るシステムで
    (笑)。
    だから、あなたからの
    「おめでとう」
    ちゃんと受け取っていました
    すぐにメッセージが返せずに気がつけば1年が過ぎてました

    あなたのもとに集まったたくさんの人は、みな素敵な人ばかりですね。
    他人事のように聞こえてしまったら申し訳ないことですがあなたが皆に心救われていたことがよく分かりました。
    でもそんな皆様に、わたしからひとつだけコメントを一斉送信したいことがあります。

    パパさんは、
    相手に家族のことを話し過ぎた。
    相手の女心を全然分かってあげていない。
    今すぐ会いたい、愛してる
    と言っていたらきっと終わりは来なかった。

    全然違います。
    あなたは最初から最後まで、
    ただ、あたしというワガママに振り回されただけです。

    家族の話、
    聞きたかった。嘘じゃない。
    妻さんの話も、娘たちの話も
    女心、
    理解してたよ、十分に。
    だからあなたの肩をかりた。
    会いたい。愛してるの言葉、
    そんなのホントは、喉のすぐそこまであって、
    でも言わなかったのは、
    それこそがあなたの優しさ。
    あたしが好きだった優しさ。

    ね、分かるでしょ?
    あなたは何も間違いなんかおかしてない。
    ずっと自分が悪かったって、
    あなただけが重たい荷物を背負ったブログ。
    あなたに今、謝らなくちゃ。

    今日イヤなことあった。
    また旦那とケンカした。
    子育てって、難しい。
    わたしが生きる日常で、ポカっと小さな穴があく。
    そんな時にばかりあなたを必要として…。
    それって「穴埋め」?
    そうなの??
    確かに好きだった。
    あなたの好きなところ、数え切れない。
    でもこんな日常と、あなたがいる非日常、ずっと続いて行ったらいけない。
    ある時にわたし、そう思ってしまった。

    あたしの心を埋める。
    たくさんの優しさで。
    大切でかけがえない人。
    でもその人には、あたし以上にあなたを絶対的に必要な
    「家族」がいるんだ。

    そうだ、何やってんだろ。
    自分の穴は、自分と、自分の家族で元通りさせなきゃ。
    誰もみんな、
    生きてる分、穴くらい開く。
    よそに傷つく人を増やしてまで、あたしはそれを塞ぐの?
    そう思ってしまった。

    あなたのあったかい愛の中で
    少しだけ、ぬくぬくし過ぎた
    もう十分。
    生きてくガソリンはもらった
    会えなくても、
    もうキスは出来なくても。

    あ、
    これももしかして、

    ラブレターですよね。

    500通には負けてしまいましたけど。

  • ABOUTこの記事をかいた人

    不倫パパ

    管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング (※画像はSnapchatで女性化しました)