続・あなたの「不倫相手への本気度」はどれくらい?

2015年4月20日不倫に悩んでいる方へ

The following two tabs change content below.
不倫パパ
管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング

先日の

あなたの「不倫相手への本気度」はどれくらい?

の続きになります。

 

ちなみに、

実はこの記事を書くきっかけになりました一人の方を紹介します。

部署は違う方なのですが、40半ば?くらいの男性で

自称「裏の情報屋」の「○村」さん。

私も何度か会社の飲みでご一緒しましたが、女性社員の会話にことごとく乱入して、「昔俺はワルだった」的なエピソードを得意げに話してしまうステキな方です。

以下、一部のあだ名「アンダーソンさん」として、先日での飲み会の出来事をお話します。

 

私と同僚で社内の飲みに誘われ、行った居酒屋で10名くらいが飲んでいました。

その中の一人に、アンダーソンさんがいました。

女性社員たちが「昼顔」ネタで話していたところ、アンダーソンさんは待ってました!とばかりにこんな話をしました。

 

「今、探偵事務所が増えてるのって「昼顔」が原因らしいぜ。」

どうやら探偵事務所が増えているらしいです。

 

「俺の情報だと、探偵事務所が増えている理由は、二つ。

一つは探偵になるには資格がいらないから、役所に届け出を出せば誰でも簡単に探偵になれるんだぜ。

もう一つは「昼顔」効果で、今女の子が不倫に憧れているから、不倫が増えれば探偵も増えるって事。」

女性社員は「ふ~ん」という感じで眺めていました。

 

その中の一人が

「みんな探偵を雇って、不倫の証拠を集めて離婚したいんですかねぇ?」

するとまた

「あ、ウチの旦那も離婚して取り替えたいな~(笑)」

 

皆の笑いがちょっとその女性に持っていかれました。

おっと、アンダーソンさん、

その話題を待っていましたとばかりに

 

「いやいや違うんだな~

探偵事務所と併せて増えているのが「別れさせ屋」なんだよ。

実際には離婚は考えても現実はムリだろ?だから不倫相手と別れさせるために「別れさせ屋」に依頼する件数が増えてるんだって。」

 

ちょっと皆の興味を引きつけています、アンダーソンさん。

「じゃあ、今から「別れさせ屋」の「不倫相手と別れさせる手口」というのを

特別に教えてあげよう。

みんな、自分がこの話の主人公だと想像して聞いてみてくれ。」

 

 

・・・先日の記事で書きました、

(男性)さんと、(女性)さんの二人に起こった出来事というのは、実は「別れさせ屋」の別れさせ工作の手口の一例。

そう、アンダーソンさんから聞いたお話です(笑)

別れさせ屋は、徹底的に二人の間に不信感を募らせ、溝を作っていくのだそうです。

 

 

(女性)さんの髪の毛がスーツに付いていたのを妻に目撃された(男性)さん。

この二人のお話の続きですが、

(男性)さんは、次の日(女性)さんに電話を掛けます。

 

(男性)さん「妻に、スーツに君の髪の毛が付いてたと言われた・・・」

(女性)さん「え!?嘘でしょ?・・」

(男性)さん「実際に妻から見せられたよ。」

(女性)さん「・・・・。」

(男性)さん「電話は本当に掛けてないよね・・・?」

(女性)さん「え!ちょっと待ってよ!疑ってるの?!」

 

まさか「別れさせ屋」に張られていて、彼女と会った後、男性を狙って電車の中や信号待ちの時に髪の毛一本付けられるなんて、考えもしない事です。

 

もちろん、彼女の答えは「してない」です。

でも彼女と逢った時に限って色々と問題が起きるので、だんだん(女性)さんへの不信感が募っていってしまうのです。

 

依頼人である妻は誰の仕業であるか分かっていますから、髪の毛を見つけて怒る事もない。

無言電話に悩まされる妻や、髪の毛を見つけて「あっ・・髪の毛・・・。」と寂しそうな妻を演じるだけでいいのです。

 

「別れさせ屋」の仕業とは知らない(男性)さんは、だんだん(女性)さんと距離を置きたくなってきます。

いくら追及しても彼女は本当の事を言わない・・・。

そりゃそうです。本当に(女性)さんはしていないのですから、言えるわけがないのです。

 

アンダーソンさんの話だと、こうして結局二人は別れる事になり、「別れさせ屋」は見事に仕事を遂行するのです。

 

 

こんな小細工を重ねるだけで、男性は大好きだった彼女の事が信じられなくなっていくのです。

私はアンダーソンさんからこの話を聞いて、ちょっとアンダーソンさんとまた飲みに行きたくなりました(笑)

 

それと同時に、

もし今、私が誰かにこれをやられたら、少しづつ私と相手の信頼が壊されていくだろうという不安が込み上げました。

もちろん、もっと相手に逢いたいですし、愛し合いたいです。

 

しかし、もし日頃から相手に対して「もっともっと」という要求ばかりしていたら、

このような出来事が起こった時に

逢えない寂しさが募って、「寂しさに耐えられない為に起きてしまった行動」と相手に疑われざるをえません。

 

そんな日頃だったとしたら、それこそ「別れさせ屋」の思うツボでしょう。

 

結果として、もしこのような工作をされた場合に

相手をどこまで信頼しているか?

相手の事を本気想っているなら、どうすればいいか?

 

 

日頃から自分の気持ちを押し殺して、相手に「逢いたい逢いたい」とせがまずに、決して相手に寂しいと思っている事を悟られないように「割り切っているフリ」をしていれば、

相手の不信感は、自分に向けられないのかもしれません。

 

「不倫パパ」からの正解です!とするならば

「本気で相手を想うからこそ、日頃から割り切った心の距離感とバランス感のとれる関係を作りましょう」

 

・・・何か偉そうですし、本心とは少し違いますね(涙)

 

どのような関係であれ、人が人を好きになる事は素晴らしい事です。

もし、相手の為を想って「もう嫌がらせは無くなったよ。」と嘘を言ってあげるのも

正解だと思います。

本当は逢いたいけども、このままだと関係を維持していくのが危険なので、相手の為を想って自分の気持ちを押し殺して「少し距離をおく」のも

正解だと思います。

 

 

ですが、

誤魔化したりせず、駆け引きをせず、ただ正直に純粋な心を「素のまま」でぶつけていく事だって

正解だと思います。

 

 

むしろ、私が最近想うのは

それこそが「この関係」の本当の答えのように感じています。

 

 

そんな事は、都合よくこの関係を続けていくにはとても「不利」な事。

分かり切った事なんですけどね。

それで信頼関係が崩れて終わってしまう二人ならば、きっと本気の不倫ではなかったのでしょう。

 

この話はアンダーソンさんの又聞きですから、真実であるかどうかはわかりません。

しかし、あえてこの話を書きました理由は

「男と女」を繋ぐ糸は、本当に弱いという事です。

 

頭を使えば、信頼関係を崩す方法はいくらでもあるという事です。

 

私達二人の関係は、幾つになってもいつまで経っても「男と女」でしかないので

油断をしてはならないという事です。

 

 

その気持ちで、私はこの関係を末永く続けていきたいと思っています。

 

 

いつもコメントを頂き、皆様本当にありがとうございます。

私の書きたいことだけ先に書いてしまい申し訳ありません・・・(涙)

是非明日ごゆっくり返信させていただければ幸いです。

 

 




Posted by 不倫パパ