②不倫相手に会ってきました
新規登録

②不倫相手に会ってきました

Sponsored Link

不倫が燃える、不倫相手が良く見える要因としては
会うときにはお互いの良い部分しか見せていない
からだと言います。

まさにその通りで、お互い生活を共にしているわけではなく
時たま会う頻度の中で常に鮮度があり、カラダの関係や
楽しいことのみに時間を費やすからでしょう。

私ももちろん、不倫相手と共に生活していたらカラダにも
飽きてきてセッ○スもレスになり、今の妻と同様になるのは
目に見えています。

カラダのみの繋がり、心の繋がりはないのでしょうか。

先日不倫相手に会い、私の今の関係に対する思いを
話してきました。

お互いに気持ちは繋がっていると思うが、お互い人の
親として大切な子供の成長を考えたときに
必ず悪い結果しか生まない

だから会うのはやめていこう

連絡を完全に絶ちたい訳ではないなど、なるべく刺激を
与えない言い方に気を遣い話しました。

しかしそんな私の心配とは裏腹に、別に動揺するわけでもなく
相手は私の言葉を聞いて

「そろそろそんな話が出るんじゃないかと思ってたよ」

という返事でした。

「私はカラダの繋がりができる前から、こういう気持ちになる
覚悟はできていたから
でも思っていたよりちょっと早かったなって」

私はあまりにも思っていた反応と違っていた為、色々考えてきた
言葉もなんとなく頭から抜けてきてしまっていました。

男は女性に謝罪の話をする時、
例えば私であれば妻との話の中で、止めると約束していたタバコを
まだ吸っているときがバレた時、

ごめん
うん
無言・・・

というような反応しかできません。

今回の話も、最初から終始相手のペースで話が進み、私の反応は
上記のようなものでした。

「会うのが良くないのは子供のためにも良く分かるよ。
でも(不倫パパ)自身の気持ちはどうなの?」

私は 時間と共に気持ちが離れていくであろう事、
それをお互いが思う事が理想的だと話しました。

「じゃあ子供たちも小学校に入った2~3年後くらいまで、
その時まで一旦終わりだね。
もしまたその時に気持ちが繋がっていたらきっと本物だね?(笑)

でもいきなりメールもなくなるのはイヤだから、メールは今まで
通りしてもいい?」

私がもし相手が関係の終わりを拒んだとき、譲歩として今は
お互い忙しいから子供が小学校に入るくらいまでは
と話そうと思っていた譲歩の譲歩を、

相手に言われてしまいました。

お互いがうわべの良い部分しか見せていないのが不倫というならば
相手の性格や考えまでは判断できないでしょう。

たとえ短い間の逢瀬の中でこそ、
お互いが本音で求め合い、本音で語り合っている

自分が思っている以上に、相手は自分の事を理解している
きっとそれは、W不倫ならではの奇妙な信頼関係があるから
だと思います。

以前の相手からのメール、

男はなかなか未練がましい生き物で・・・
私はLINEで連絡を始める前にやりとりしていたメールの内容を
消せずに保存して隠してあります。

そういえばと思って見てみました。

「おはようのメール
ただいまのメール
おやすみのメール。

それがこどものオムツを替えるくらいの日常。

先の事考えれば考えるほど辛いね。

分かってるんだ、最初から
年をとっておじいちゃん、おばあちゃんになって
縁側でお茶を飲める人じゃない。

それだけが辛いね。

でも今が幸せ。」

会う前にもらったメールの内容です。

私もまだ、相手の事が好きです。

話をしてきた結果としては、
会うのはやめる
メールは続ける

とりあえず、完全に連絡を絶つ事はすぐにはせず、今日も
他愛の無い内容ですが二回ほどメールをしました。

以前からこのブログをご閲覧になって頂いている方は、
釈然としない結果であると思われるでしょう。

私も釈然とはしていません。

でもこれが一つの答えなのだと思っています。

これから気持ちがどうなるのかもわかりません。

そんな2013年も、残り僅かですね。

Sponsored Link

フォローする

関連記事

コメント

  1. カイ より:

    私も、不倫をしているようです。
    というのは、相手が「求めるものがあれば付き合うよ。好きな部類のひとだから」というので。
    不倫というより、片想いだなぁ。と。
    パパさんのおあいて、本当は、
    「私のことすきなの?」って聞きたかったんだと思います。
    私も女なので、なんか言わずにいられなくて。
    長く続くものじゃないって、頭ではわかってる。
    だけど、気持ちでは離れたくなくて。
    ただ、ひとこと、「好きだよ」っていってくれたら、何もかも飲み込んで笑ってあげるのに。
    そんなふうに、ずっと、想っていたんじゃないかな、、、って。

Sponsored Link