「妻」と「私」と「不倫相手」。

SPONSORED LINK


不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

 

ここ最近、また寒い日が続いてますね(涙)

私はこの週末は家族でのんびり家で過ごしまして、娘たちと一緒にお絵かきなどをしていました。

 

ちなみにこちらは、私の妻の「初恋の相手」です。

 

shaa

ご存じの方もいらっしゃるでしょうか。

 

このお方は「機動戦士ガンダム」で、赤い彗星と呼ばれていた「シャア・アズナブル」というキャラクターです。

 

「パパ、なにか書いて!」という娘のリクエストのもと

「ママの初恋の人を描いてあげる」と言って書きましたが、

 

「もっとちゃんと描いてあげる!」と、

私の鉛筆での決定線の薄い繊細なスケッチはどうやら気にいらなく、線の輪郭を上からバッチリと「黒く太く」なぞってくれました(涙)

 

 

こういうのは繊細な線で何本もスケッチするほうが雰囲気が出て線が活きるんだよ、と言いたくなるのは大人のグレーな言い訳でしょうか。

 

子どもはどうやら、白黒はっきりつけたがるようです。

 

 

妻の初恋という点に関しては・・・

まあご兄弟の影響なので(笑)

 

 

そんな家族での時間を過ごしました休日、

ふと、こんなことを書きたくなりました。

 



「妻」の性格と「私」の性格。

frozen-652657_640

ちなみにですが、

女性の皆様方は、ご主人さんとは「似た性格」ですか?

それとも「正反対の性格」ですか?

 

 

人の恋愛観は、その人それぞれかとは思いますが、

社交的な方が、知的で控えめな人を惹きつけることはそれほど珍しくはないと思います。

 

また逆に、

自由気ままに振る舞うハキハキした人でも、慎重で思慮深い人にミステリアスな魅力を感じることもあるでしょう。

 

このように、「正反対の性格」同士の男女は、その生き方や考え方の違いが新鮮に感じて惹かれあうこともあります。

 

 

私の性格は、人生何が起きるか分かりませんから「今」を悔いなく自分らしく生きたいという「楽観的」な性格だと思います。

 

妻の性格は、私とは正反対でしっかりと先のことを考えて、石橋を叩いて物事を進めていくような「慎重派」の性格です。

 

 

今はもう昔のことのように感じますが(涙)

 

そういえば、結婚するならしっかりとやりくりをしてくれる人なら安心かなと、

私の欠けているところを補ってくれるだろうと思って、結婚したんだと思います。

 

・・・おそらく(笑)

 

そして、そんなふうにお互いの無いものに惹かれて結ばれる方というのは、けっこう多いと感じます。

 

 

 

ちなみにですが、恋人関係のままゴールインされた方々は

いかがでしょうか?

 

 

そして、もしそれが私たち夫婦のように「正反対の性格」の二人だとしたら、

正反対の二人がお互いの違いを面白く魅力的に感じる期間は、どれくらいのものなのでしょうか?

 

 

「正反対」よりも「似ている」ほうが長続きするのか?

wedding-443600_640

「恋人」というのは、期間が限られています。

そのまま結婚することもあれば、別れが来ることもあります。

 

その二人が一生「恋人のまま」というのは、原則は不可能なことです。

密かにグレーな関係を続けていく以外はありません。

 

 

ちなみにですが、

以前にある精神科医の方の本を読んだとき、「性格が真逆の夫婦ほど結婚生活がうまくいく」と書いてありました。

 

 

私は、

お互いが「正反対の性格」がうまくいくのは、「限られた期間」で短い間ならうまくいくと感じます。

 

・・・そうだとすると、私達夫婦はうまくいきません(涙)

 

 

その方の本によれば、性格が正反対だという認識のもとで生活を送っているのだから、

もし対立したとしても「元々が違うからしょうがないんだ」と納得することが出来るとの事です。

 

う~ん。

 

 

実際のところ、

どこまでそれで納得できるのかが疑問です(涙)

 

 

確かに、小さな違いは生活を豊かにするという事実もあるでしょう。

でも、

全く正反対のタイプの二人が結婚して良いパートナーになるという考えとは、格段の差があると思います。

 

 

例えば、

とっても金遣いの荒い人が、とってもケチな人に惹かれて結婚してしまった場合はどうでしょうか?

また、

とても情熱的で性欲旺盛な人が、性的欲求があまりない人と結婚した場合はどうでしょうか?

 

 

まあ色々と他にもあると思いますが、

性格も違えば意見も違う人間同士が長い間一緒にいる場合は、ある種の衝突は避けられません。

 

 

結婚して、子どもが生まれて

子どもをどう育てるべきかという考え方の違いで、夫婦間に次々と衝突が起きて

悲しくも離婚をする夫婦を、実際に目の当たりにしてきました。

 

 

円満な結婚生活というものを考えるうえでは、

単純に「性格が真逆の夫婦ほど結婚生活がうまくいく」とか言えないと思います。

 

 

それでも、もし私たち夫婦がうまくいってるとするならば、

生活の「基本的な似ている部分」が、性格的に違っているところを上回っているだけなのだと思います。

 

 

「私」の性格と「相手」の性格。

bike-666039_640

この関係にいらっしゃる皆様方、

あまり本気に、現実的にはお考えにならないかもしれませんが、一度は

「この人と結婚していたら、どうなったんだろう?」

と思ったことはありませんか?

 

 

私はありました。

むしろ、そんな話もしていました(笑)

 

 

子どもが木登りをしていれば、「まだまだ母は負けん!」と一緒になって木に登っちゃう人でした(笑)

私なんかももちろんそうですが、木から落ちるような父です(涙)

 

どちらかといえば、

性格は「似ていた」んだと思います。

 

 

私が妻の嫌いなところをぶっちゃけるとすれば、子ども達への怒りを引きずるところです。

私が相手の一番好きだったところは、怒りも笑いに変えまくれ!というところです。

 

 

小さな違いというのは、関係を強めるでしょう。

大きな違いというのは、関係を壊すかもしれません。

 

「似たもの夫婦」という言葉がありますよね。

似た者夫婦とは、夫婦は性格や趣味が似ているということ。また、一緒に暮らしていくうちに、そうなるということ。

という意味らしいです。

 

 

私は、もともと似ている二人においては「似たもの夫婦」と言えると思います。

一緒に暮らしていくうちにそうなるというのは、

お互いのどちらかが、相手に合せて譲歩しているからそうなるだけなんだと思います。

 

 

 

・・・長々と書いていますが、

何故こんなふうに妻のことを書いているのか?

 

 

それは

ずっと私が欲しかった自転車が「高すぎる」と言われて

ケンカをしている真っ最中だからなんです(怒)

 

 

いいじゃんか~!

たまには~!

買わせて~!

 

 

あー!スッキリしました。

 

 

まあ、この関係自体が別世界のものだとするなら、相手との結婚生活は現実的に考えれば更なる異世界のものです。

 

今夜ばかりは、そんな現実逃避をお許しください(涙)

 

 

あ~

買えるかな~

 

きっと諦めて、半分くらいの値段の買っちゃうんだろな~(涙)

 

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

 




あなたにおススメの記事



13 件のコメント

  • パパさん、自転車いくらかわからないですが、買ってからの、事後報告をオススメします。私も最近、旦那と喧嘩をして、プチプチ家出をしました。理由は部屋の片付けで、ベッドを捨てるかのどうするかでした。捨てないと一番末っ子が一年生になるので、机が置けないので前から決定していたことなのに、いざとなったら捨てないと言い出したので、は⁉って感じではじまりました。2時間したら、ベッドがなくなっていたので私の勝利❗きっと私が帰って来ないことの不安にかられていたことで、ベッドを捨てれば帰ってくると思ったんだとおもいます。うちは、そういう意味では似た者同士なのかとおもいます。まぁ、何をするにも思い付きでやって来たので・・・。家出も思い付きだし(笑)彼は割りと計画的だと思いきや、意外にも思い付きの方だとおもいます。思ったことなども二人でシンクロします。気分屋なとこも私と一緒なので、困ったもんで・・・。わかるんでがね〜・・・。

  • おはようございます。
    お久しぶりです。(^-^)
    パパさん、幸せなんですね…。
    しみじみそう思いました。
    シャア上手ですね。流石!!(笑)

    夫婦は似た者同士が私は一番だと思います。細かい部分は違っても、基本的に似ていないと駄目だと思いますよ。(*^^*)
    家庭を持ち、一緒に暮らしていくわけだから…安らげないと意味が無いわけで…
    家庭がしんどい場所になったら、
    やはり辛いと思います。
    家に帰りたくなくなります。
    けど…お互いの違いを理解して、譲り合い歩み寄れる人同士なら、お互いの違いも上手くカバー出来ると思います。
    まぁ、人それぞれなんでしょうが、私はそう思います。

    結婚は、基本的に似ている方がいい。同程度の人間同士でなければ…話し合いすら出来ないと思います。

    自転車・・・自分で買ったらいいじゃないですか。いくらまでなら出して貰えるか訊いて、後はコツコツ貯めたらいいじゃないですか。
    妥協して、欲しくない自転車に乗るよりは、今の自転車がもし動くなら…焦る必要も無い。

    私は欲しい物を諦めて、似たような違った物を買う人の意味が分からない…(^-^;
    私は、欲しくても買えないなら買わない。似た物とか嫌です。
    旅行も行った先で、節約しなきゃならないなら楽しめないから行かないし・・・
    人生は楽しむ為に、日々我慢したり努力するものだと思います。
    自分の欲しい物を諦めて、別な似た物を手にする人って、なんかその人の人生が見えますよね。仕方無し!って時も勿論ありますけどね…(^-^;

    ではでは、またパパさんの記事を楽しみにしています。ふーより。

  • 小さな違い、大きな違い、どちらも受け入れられるかどうかは、精神的な余裕も関係してくるような気がします。

    わたしは、双子の出産・育児でかなり精神的にキャパオーバーな時期に(いま考えると軽い育児ノイローゼだったかもしれません)、元旦那も仕事の独立の時期が重なり、お互いがお互いを思いやる余裕が全くなく、小さなケンカの積み重ねで疲弊し、離婚にいたりました。

    どこかでタイミングが少しでも違えば、不平不満はあろうとも、結婚生活が我慢できる範囲だったかなと思うときがあります。

    でも、離婚したことは後悔はしてません。別れたあとのほうが、元旦那との付き合いがよくなったからかもしれませんが…。

    それにしても、やっぱり夫というものは、奥さんに頭が上がらないんですねー(苦笑
    彼は、驚くほど生活の全てが奥さんのいいなりで、イヤになるぐらい情けないなぁなんて思ってしまうことがあります。
    そのほうが、波風がたたなくて楽なのはわかりますけど、複雑ですf(^_^;

  • パパさん、お疲れ様です。

    絵がお上手なんですねー。すごーい。

    男の人は普段あまり買い物しませんが、一度の金額が大きかったりしますよね。

    妻としては、えっ?そんなに高いモノを?ってなっちゃいますが、奥さんがチョコチョコ買ってるものを合計すると、同じくらい使ってたりしますよね。

    分割払いにして、払い終わるまでは何も買わない、って約束しては?
    それも難しいかあ…(−_−;)

  • パパさん

    夫婦かー。
    性格は十人十色で、似ている似ていないというより、大事なのは合うか合わないかじゃないかと思います。
    相性が良いか悪いかが大切な気がします。

    似ていても合わない人は合わないし、正反対でも、なんか合うなーって感じる人もいますよね。

    が!!

    結婚って本人同士の気持ちはもちろん大切ですが、お互いの家族というか、家同士の繋がりでもあるので、お互いの気持ちだけが上手く行く行かないの条件ではないかなーって。

    夫婦のこと以外が原因で、悩む方も多いのが結婚ですから(^^;;

    わしたち夫婦、かなりの大恋愛でした。笑
    某有名結婚情報雑誌に載ったりして、話すのも恥ずかしいエピソードも多々ありますが、今じゃこれですよ(^^;;

    結婚しても恋人同士♡
    チャーミーグリーンの世界は、なかなか厳しい。。。

    樹木希林さんの娘さんと結婚された本木雅弘さん。付き合う期間がまったくなく結婚してからお互いを知ったと話されていました。

    それはもう大変だったそうですが、 今もつづいています。

    昔は、お見合い結婚が多く、離婚率も低かったところをみると、お見合い結婚が上手くいくのかもなーと、思ったりします。

    性格というか、諦められるかられないか、そこかも。結婚はこんなものだとあきらめられるか、そこがポイントなのかなー。。。

    自転車かー。。。
    半分出すからあとはお小遣いで!とかにしちゃうかな(大汗)
    あ、今日の競馬で当たったら買ってあげちゃうかも。笑

  • パパさん、こんにちわ!

    思わずそうそうと笑っちゃいました(笑)
    我が家は、職場結婚なので、みんなが私達夫婦の性格をよく知っています。

    なので、なんで結婚したか?という質問は多々ありました。というのも私は職場で一番 ハデ+にぎやか。旦那は職場で一番おとなしい。だから真逆の夫婦です。まあ、私の相手は旦那くらいしかつとまらないという結論でした(笑)

    私は金遣いがあらく、旦那はケチ。(笑)ケチだからこそ、ほしいものは高くてもOKだそうで、100万円の自転車買ってます。ロードレースにでてるので。

    パパさん、ぜひ買ったらいいですよ!自転車は妥協するものじゃないですよ。カッコいい!

    ちなみに、微妙に別れた彼は、私に似ていい加減でうるさくて笑いのツボが同じ人。遊んでる人なので妻には絶対なりたくないですがね(笑)
    似た者同士だから、いて楽しいんでしょうけど、不倫はいいとこしか見えない関係ですもんね。

  • パパさん

    旦那は…超内向的、ネガティブ、おとなしめ、友達少ない、無趣味。
    私は…あえて社交的実は内向的、ポジティブ、明るい、友達まぁまぁ、趣味まぁまぁ。
    彼は…超社交的、ポジティブ、ネアカ、友達多い、趣味まぁまぁ。

    …真逆とも、似てるとも、なかなか言いがたいですかね~?

    さつきさんがおっしゃるように、
    やっぱり合う合わないなのかなーと思います。
    それがいわゆるフィーリングなのかな?

    性格が似てても
    考え方が違えば擦り合わせって難しいですしね。

    考え方って
    その人を取り巻いてきた環境で培われた物だと思うので、
    変えるのも難しい。
    そこを譲り合える関係を構築できれば、
    夫婦関係はうまくいくのかなぁと思います。
    夫婦関係だけじゃなく、友人関係、もちろん恋人関係にも言えますね、きっと。

    自転車、ゲットできるといいですね♪
    上手なプレゼンを!(笑)

  • パパさん、皆さんこんにちは〜。
    ふむふむ。どちらがいいのかなぁ。
    うちは、私が実家がお金に大変な時期があったこともあって全然使えないタイプ。
    旦那さんもそうだったのに、価値があると判断したものにはドンドン使うタイプ。〔だった、の過去形かな笑〕
    就職してから、ほとんどの時間旦那さんといて子供たちが産まれたのは30代からだったので今思い出せばいい影響もあった笑

    旦那さん、ペン一本から手帳、靴、鞄、服車、家、家具に至るまで質の良い長く使えるデザイン性の良い自分が気に入ったものに出会うまで妥協しません。海外旅行や小旅行まで知らなかった世界もたくさん見せてくれました。

    そんな彼の必殺!技は、私にも欲しい物がないか?聞いてくる笑。
    おかげ様で、今はもう買えないなぁっていう質の良い物が私も沢山残ってます。笑

    今は、住宅ローンや子供たちのこれからかかる教育費、私も以前みたいに残業の多いところで働けず転職したのでよくよく考えて買います。

    でも、たまーに「何か欲しい物ない❔」はあります。⬅︎旦那さんが何か欲しいから笑

    そして、旦那さんの欲しい物×2の額を今我が家の使えるお金に照らしあわせると、やっぱり家族のために考えてくれたりもします。

    自転車と同じくらいの額の物を先に奥様に買ってみるのはどうですか❔笑
    それは高すぎる❔笑
    じゃぁ十分の1位でも笑、私はそれで騙されて〔ふりしてた笑〕きましたよ〜(๑′ᴗ‵๑)
    気に入った物でないと、仕事のモチベーション下がっちゃう人だからね。笑

    お相手と結婚妄想ムッチャします。笑
    やつは、現実にはお金に厳しそ〜笑
    営業部長だし笑
    それでも来世では添い遂げる予定。笑

    うちは、私以外のインフルリレーがやっと終わってそんな妄想できるのが幸せ。笑
    亭主元気で留守〔仕事〕がいい!は本当に
    名作ですよー。笑

  • パパさん、こんにちは。
    私もシャア好きでした(*^^*)何も見ないでここまで描けちゃうんですか?!すごいですね〜。私は兄弟の影響ではなく、私だけがハマってました(笑)

    正反対な人に惹かれる気持ちもあるし、似ているから安心する、っていうこともありますね。感覚が似てることって大事だな、って思います。特に、嫌だな、って感じることが同じって大事。楽しいことを一緒に楽しめる人は割と多いけど、嫌だな、って思う感覚が通じ合うって、実はそう多くないのかも…と思うのです。
    ここがズレると、生理的に受け付けなくなります。
    一緒に暮らしているうちに、お互いに譲歩、というのはありますが、許容範囲をオーバーするとキツイですね…。

    私は、欲しいものは妥協しません。
    妥協して、似て非なるものを手に入れても、ずーっと気になるでしょう?そんな思いするくらいなら、妥協しないでいつか手に入れるまで頑張ります。
    でも、諦めちゃうところが、パパさんの優しいところかも。半分くらいのお値段のにして、あとの半分浮いたと思って娘ちゃんたちに何か買ってあげて笑顔を見るのもいいかもね。(*^^*)
    それか、奥様がとっても欲しがってるものを買ってあげて奥様の絶対反対!なお気持ちを和らげる、とかどうですかね?そんなことでは騙されないですかー?^^;

  • こんばんは☆パパさん☆

    自転車買っちゃいましょー(笑)
    やっぱり立派に仕事されてお金を稼いでいる男性にはたまにはパーっと欲しいものくらい買って欲しいなぁ…なんて私は思います。それも甲斐性かなって思います。離婚してからそー思えるようになったんですけど…。

    バツイチの私が言うのも何ですが…夫婦って似た者同士でも正反対同士でも…ダメな時はダメだし…って思います。夫婦は仲よさげに見つめあって生きていくのではなく、同じ方向を見て生きていくものだと、離婚した時に年配者から言われたのですが、まさにそうだと思います。見つめあっていたってお互いの良いところも見えるかもしれませんが、やっぱり悪いところも見えて指摘しあって、喧嘩になって…。でも同じ方向を見て生きていけば、同じ方向を見て生きていくための努力をお互いしていけるんだと思います。何度も言いますが…バツイチの私が言うのも何ですが(笑)

  • 夫婦間での、「買い物をめぐる攻防戦」ありますね〜。

    いつも頑張ってお仕事しているパパさんのお気持ちも、家計のやりくりを考えている奥様のお気持ちも大切。

    以前、彼が新しい物を持ってて、「家族に反対されたけど買っちゃった。」と話していたことがありました。

    私は、彼は普段とても家計のことを良く考えている人なので、それくらいの金額ならいいんじゃないかな〜って思いました。
    でも、もし夫婦だったら、攻防が始まっちゃうのかもしれないな、とも思いました(笑)

    ちなみに、自分で言うのも変ですけど、私は割と男性の買い物に大らかです。
    男性は、何か夢中になる道具が必要なんじゃないかな、って思ってるので。

    本命の自転車、買えるといいですね!

    お相手の一番好きなところ、言えるのは素敵だなって思いました。

  • パパさん

    お久しぶりです。
    器用で絵も上手で、感性豊かな芸術家タイプなんですね。

    自転車は、妥協せずがんばってほしいです。

    ウチはダンナが財布を握っているんです。よく言えば倹約家、悪く言えば‥(笑)なので、任せてます。ダンナの場合、車ですね~。ちゃんとローンを完済し、貯蓄もくれているので‥お好きにどうぞ~という感じです。

    自分はフワフワしたタイプなんで‥そういう人には現実的なパートナーがブレーキ役として、くっつくもんだ‥と何かの本で読みましたよ。

    外向きの趣味は合いますね~。ドライブ、スキー、温泉、海が大好き。誕生日が2日違い。家庭環境もすごく似ていて、父親の職業が同じ。ダンナのお母さんともすごく気が合います。ダンナは、自分大好きで根明なタイプ。

    好きな人とは、音楽の趣味が似てる。ここまで合う人は初めて。同年代というのも大きい要素で‥聴いてきた音楽の歴史が細かい部分まで同じ。音楽って内面の世界な気がして。そこが合うのは大きいです。一緒にいる時は、お互い黙っていても、気持ちが通じて居心地が良いです。

    でも、夢みるロマンチスト(ただし、ロマンチックな発言は苦手)で、生活力なさそう‥とか、思っちゃいます(自分も同じタイプですね)。実際、若い頃は放浪の旅が好きで‥転職で苦戦し、奥様にずいぶん苦労かけたのは、前から知ってましたから。

    かな☆さんの、「同じ方向」のお話、なるほど〜です。現在ダンナとは、子どもの事で同じ方向を見てて‥老後の住処などについても意見は同じです。
    しかし!あの鬼軍曹についていけるか、自信なし‥老後は自由になりたい気持ち大、です。

    男と女は分かり合えないもの、っていうあきらめと。それでも好きなところあって、お互いが努力して続けたいって 気持ちがあるかどうか‥かなぁ、と最近思います。

  • 私もパパさんの意見に同感です。
    彼とは、男と女の違う面で惹かれ合いはしますが、基本的な価値観は似ているな、と感じます。
    なので、一緒にいて、話をしていて、とても居心地が良いです。
    主人には、自分に無いものを持っていることで惹かれ、結婚しましたが…やはり長い目で見ると、価値観の違いは、2人の関係をギクシャクさせてしまう原因になっていると思います。
    笑うポイントも違うし、怒るポイントも違うので。なぜ?とストレスが溜まります。
    「文化の違いだから、仕方ないね。」と、最近はお互いにあきらめていますがf^_^;)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA