「妻」と「私」と「不倫相手」。

不倫パパつぶやき

The following two tabs change content below.
不倫パパ
管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング

不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

 

ここ最近、また寒い日が続いてますね(涙)

私はこの週末は家族でのんびり家で過ごしまして、娘たちと一緒にお絵かきなどをしていました。

 

ちなみにこちらは、私の妻の「初恋の相手」です。

 

shaa

ご存じの方もいらっしゃるでしょうか。

 

このお方は「機動戦士ガンダム」で、赤い彗星と呼ばれていた「シャア・アズナブル」というキャラクターです。

 

「パパ、なにか書いて!」という娘のリクエストのもと

「ママの初恋の人を描いてあげる」と言って書きましたが、

 

「もっとちゃんと描いてあげる!」と、

私の鉛筆での決定線の薄い繊細なスケッチはどうやら気にいらなく、線の輪郭を上からバッチリと「黒く太く」なぞってくれました(涙)

 

 

こういうのは繊細な線で何本もスケッチするほうが雰囲気が出て線が活きるんだよ、と言いたくなるのは大人のグレーな言い訳でしょうか。

 

子どもはどうやら、白黒はっきりつけたがるようです。

 

 

妻の初恋という点に関しては・・・

まあご兄弟の影響なので(笑)

 

 

そんな家族での時間を過ごしました休日、

ふと、こんなことを書きたくなりました。

 

Sponsored Link



「妻」の性格と「私」の性格。

frozen-652657_640

ちなみにですが、

女性の皆様方は、ご主人さんとは「似た性格」ですか?

それとも「正反対の性格」ですか?

 

 

人の恋愛観は、その人それぞれかとは思いますが、

社交的な方が、知的で控えめな人を惹きつけることはそれほど珍しくはないと思います。

 

また逆に、

自由気ままに振る舞うハキハキした人でも、慎重で思慮深い人にミステリアスな魅力を感じることもあるでしょう。

 

このように、「正反対の性格」同士の男女は、その生き方や考え方の違いが新鮮に感じて惹かれあうこともあります。

 

 

私の性格は、人生何が起きるか分かりませんから「今」を悔いなく自分らしく生きたいという「楽観的」な性格だと思います。

 

妻の性格は、私とは正反対でしっかりと先のことを考えて、石橋を叩いて物事を進めていくような「慎重派」の性格です。

 

 

今はもう昔のことのように感じますが(涙)

 

そういえば、結婚するならしっかりとやりくりをしてくれる人なら安心かなと、

私の欠けているところを補ってくれるだろうと思って、結婚したんだと思います。

 

・・・おそらく(笑)

 

そして、そんなふうにお互いの無いものに惹かれて結ばれる方というのは、けっこう多いと感じます。

 

 

 

ちなみにですが、恋人関係のままゴールインされた方々は

いかがでしょうか?

 

 

そして、もしそれが私たち夫婦のように「正反対の性格」の二人だとしたら、

正反対の二人がお互いの違いを面白く魅力的に感じる期間は、どれくらいのものなのでしょうか?

 

 

「正反対」よりも「似ている」ほうが長続きするのか?

wedding-443600_640

「恋人」というのは、期間が限られています。

そのまま結婚することもあれば、別れが来ることもあります。

 

その二人が一生「恋人のまま」というのは、原則は不可能なことです。

密かにグレーな関係を続けていく以外はありません。

 

 

ちなみにですが、

以前にある精神科医の方の本を読んだとき、「性格が真逆の夫婦ほど結婚生活がうまくいく」と書いてありました。

 

 

私は、

お互いが「正反対の性格」がうまくいくのは、「限られた期間」で短い間ならうまくいくと感じます。

 

・・・そうだとすると、私達夫婦はうまくいきません(涙)

 

 

その方の本によれば、性格が正反対だという認識のもとで生活を送っているのだから、

もし対立したとしても「元々が違うからしょうがないんだ」と納得することが出来るとの事です。

 

う~ん。

 

 

実際のところ、

どこまでそれで納得できるのかが疑問です(涙)

 

 

確かに、小さな違いは生活を豊かにするという事実もあるでしょう。

でも、

全く正反対のタイプの二人が結婚して良いパートナーになるという考えとは、格段の差があると思います。

 

 

例えば、

とっても金遣いの荒い人が、とってもケチな人に惹かれて結婚してしまった場合はどうでしょうか?

また、

とても情熱的で性欲旺盛な人が、性的欲求があまりない人と結婚した場合はどうでしょうか?

 

 

まあ色々と他にもあると思いますが、

性格も違えば意見も違う人間同士が長い間一緒にいる場合は、ある種の衝突は避けられません。

 

 

結婚して、子どもが生まれて

子どもをどう育てるべきかという考え方の違いで、夫婦間に次々と衝突が起きて

悲しくも離婚をする夫婦を、実際に目の当たりにしてきました。

 

 

円満な結婚生活というものを考えるうえでは、

単純に「性格が真逆の夫婦ほど結婚生活がうまくいく」とか言えないと思います。

 

 

それでも、もし私たち夫婦がうまくいってるとするならば、

生活の「基本的な似ている部分」が、性格的に違っているところを上回っているだけなのだと思います。

 

 

「私」の性格と「相手」の性格。

bike-666039_640

この関係にいらっしゃる皆様方、

あまり本気に、現実的にはお考えにならないかもしれませんが、一度は

「この人と結婚していたら、どうなったんだろう?」

と思ったことはありませんか?

 

 

私はありました。

むしろ、そんな話もしていました(笑)

 

 

子どもが木登りをしていれば、「まだまだ母は負けん!」と一緒になって木に登っちゃう人でした(笑)

私なんかももちろんそうですが、木から落ちるような父です(涙)

 

どちらかといえば、

性格は「似ていた」んだと思います。

 

 

私が妻の嫌いなところをぶっちゃけるとすれば、子ども達への怒りを引きずるところです。

私が相手の一番好きだったところは、怒りも笑いに変えまくれ!というところです。

 

 

小さな違いというのは、関係を強めるでしょう。

大きな違いというのは、関係を壊すかもしれません。

 

「似たもの夫婦」という言葉がありますよね。

似た者夫婦とは、夫婦は性格や趣味が似ているということ。また、一緒に暮らしていくうちに、そうなるということ。

という意味らしいです。

 

 

私は、もともと似ている二人においては「似たもの夫婦」と言えると思います。

一緒に暮らしていくうちにそうなるというのは、

お互いのどちらかが、相手に合せて譲歩しているからそうなるだけなんだと思います。

 

 

 

・・・長々と書いていますが、

何故こんなふうに妻のことを書いているのか?

 

 

それは

ずっと私が欲しかった自転車が「高すぎる」と言われて

ケンカをしている真っ最中だからなんです(怒)

 

 

いいじゃんか~!

たまには~!

買わせて~!

 

 

あー!スッキリしました。

 

 

まあ、この関係自体が別世界のものだとするなら、相手との結婚生活は現実的に考えれば更なる異世界のものです。

 

今夜ばかりは、そんな現実逃避をお許しください(涙)

 

 

あ~

買えるかな~

 

きっと諦めて、半分くらいの値段の買っちゃうんだろな~(涙)

 

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

 




Posted by 不倫パパ