①W不倫をやめる心理について
新規登録
Sponsored Link

①W不倫をやめる心理について

The following two tabs change content below.
不倫パパ

不倫パパ

管理人の「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。

不倫の形は色々とありますが、

私は「W不倫」は一番ばれる確立が少ないと思っています。

お互いが自分たちの家庭を壊したくないという気持ちが前提にあり、大人の割り切った関係を望むケースが
W不倫は多いからです。

そしてお互いが既婚者であるという同じ立場なので、不倫相手の都合やスケジュールを尊重し合えます。

家族といるときに連絡が入る不都合さや、バレたときのリスクを暗黙に分かり合える。

それを回避する為に二人が共謀して目的を遂行しようと綿密な計画を立て、用意周到にお互いが動きますから、
独身者と既婚者の不倫とはばれにくさが違います。

犯罪者の「共犯者」の心理に近いでしょうか。

二人は、欲しいものを手にする為に計画を企てて、共謀して泥棒を行いお互い私利私欲を追い求める。

ちなみに「共犯」とは、刑法においては「共同正犯」といわれ、

「犯罪を共同して実行した者」のことだそうです。

犯罪心理学の本などで出てきますが、

泥棒が、屋内に誰にも発見されることなく侵入した時の陶酔感は、麻薬を打った時のような快感に近いらしいです。

脳に響く胸の動悸とスリル感、「全て自分のモノ」という高揚感、

この稼業を長く続けている人が足を洗えない最大の理由はそこにあるといわれています。

不倫をしている時の脳の感覚にも近いものがあると思います。

そんな泥棒が犯行に対して願っていることは「完全犯罪」。

簡単に進入が可能であるか、捕まらずに犯行ができるか、確実に儲けられるかということを考えて犯行に及びます。

家族、知人に見られることなく、ばれないで逢えるか、確実に愛し合うことができる時間もあるか・・・。

共犯という点において、

一度相手を同意させてしまえば相手は「同意した自分」を正当化するために共犯になってしまうそうです。

家族を子供を、様々なものを裏切って私利私欲のために行なう

不倫行為。

そこに罪悪感が生まれてくるとしたら、共犯者の相方が、
「やっぱり泥棒は良くないから、やめようと思うんだ。」

となった場合、

もう一人の共犯者の心理はどうなるでしょうか?

・・・長くなってきましたので、次のブログで書こうとおもいます。

Sponsored Link

フォローする

関連記事

Sponsored Link