不倫相手に言われて「嬉しかった」事
新規登録

不倫相手に言われて「嬉しかった」事

ちなみに、私の今年の目標は「アンチエイジング」です。

やはり30を過ぎてくると、だんだんと自分でも若いころのフレッシュさは無くなってきていると感じます。

もちろんそれが男としての「年相応の魅力」であって、

内面が大人として磨かれている方であれば、外見という「上っ面」には気にもしないのかもしれません。

20代の頃なんかは、カッコいい大人になりたいなどと言っていた気がしますが(笑)

私は仕事上、多くの人に会うので

やはり見た目の清潔さを含めた「カッコよさ」というのを無視せずにはいられません。

よくビジネスマン向けのおしゃれを指南した、本や雑誌で見るのは

清潔感はもちろんですが、それプラスで「年齢よりちょっと若く見せるおしゃれを」

みたいな特集で、髪型やファッションが提案されてたりします。

もちろんそれはそれで良いと思いますが、

「ちょっと若い」だけでは、もう中年はダメなんですよね。

同世代で化粧水一つもつけていない男性は、ビジネスにおいてもどれだけ自分の「顔」が重要なのかを理解していませんし

ぶっちゃけて言いますと、女性にもモテないと思います。

その点に関しては、やはり女性の「美」へのこだわりは並々ならぬものがあると感じます。

それは、妻を見ていても

まことにすさまじいです。

なぜ妻は、ながーいこと鏡に向かって化粧という面倒なことが続けられるのか。

なぜ美容院で何時間も座って耐えられるのか。

妻はまだやってはいませんが、

なぜちょっとした目元のシワを埋めるのに、大金を使うのか。

なぜちょっとしたシミを消すのに何万も払うのか。

男は、普通はそう思ってしまうでしょう。

私はそうは思わないですが。

もう大昔に読んだ本なのですが、未だに印象に残っていまして

「人は見た目が9割」という本。

その中で、

とくに女性は美しければ周囲から好感が持たれ、大事にされて注目されるので

堂々と行動して自信と品格が備わってくる

みたいなことが書いてあったと思います。

ただしここで重要なのは、

女性が求めるのは見た目の美しさだけでなく、見た目の「若さ」だということだと思います。

なぜなら、人間の生殖期間はどうしても女のほうが短いです。

そして卵はできるだけ鮮度が高いほうが繁殖に適しているので、人間のオスは若く見えるメスを好みます。

結局、人間の女性は男性を惹きつけるために

できるだけ「若く」見せる必要があります。

しかし、私の妻がもし「プチ整形」をしてきて

シミ一つ、シワ一つ取ったとしても

私は気づかない自信があります(涙)

増えたことは気づくかもしれませんが。

髪型が変わるくらいは、ギリギリ気づくかもしれませんが、

それをいちいち褒める事なんて、面と向かって言えません。

しかし、それをする事が夫婦生活に波紋を立てないヒケツであり、一つの波紋がちょっとしたうっかりで疑念に変わり

他での恋愛の障害になる可能性もあります。

そこで、いい方法があります。

子供に「最近お母さん、髪型変えて若くなったよね。」

と一言いうだけです。

子供であっても、第三者を通してだとメッセージに信憑性が加わります。

美にこだわる女と、それをうまく褒める男の両者がそろってこそ、夫婦関係も不倫関係もうまくいくものだと感じています。

ちなみに、私の相手は

私と関係が始まってから、周りの人に若々しくなったねと言われるそうです。

具体的には、「お肌がきれいになった」と

旦那さんにも言われたらしいです。

それは相手も実感しているようで、私と泊りで会って、帰ってからしばらくの日常での化粧をするときに

「化粧のノリが全然違う」

らしいです。

きっと、私もそうですが

心もカラダも満足できたときは、女性が一番キレイでいられるのではないかと感じています。

これが、私が不倫相手に言われて「嬉しかった」事です。

Sponsored Link

フォローする

関連記事

コメント

  1. ちか より:

    怪獣が来たら俺が食われてる間にお前逃げろよ
    不倫ばれたら全部俺のせいにしろよ
    どんな見かけ(太った時)になってもちか※はちかでしょ

    って言われた時…

    あと一番嬉しかった言葉は…………内緒!

    ※ちかは偽名です

Sponsored Link