不倫が終わった原因…女性が思っているほど「自爆」だけで終わる不倫は無いです。

不倫に悩んでいる方へ




不倫中、婚恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

不倫の別れの原因で、きっと女性の皆さまは我慢の限界からくる自爆と答える方が多いと思います。

私は、不倫は女性の我慢の上に成り立つ関係だと思っています。そう言うと不倫女性は我慢をするのが当たり前なのか?と思われてしまうかもしれませんが(涙)

それだけ不倫の恋は女性が我慢を強いられる関係ではありますが、不倫の別れの原因は「女性の自爆」なのでしょうか?という疑問が男の私にはあります。

別の言い方をするなら、女性が思っているほど「女性の自爆」だけで終わる不倫はないということです。



不倫で女性が自爆に至るまでの我慢

不倫男性にはよくあるパターンといいますか、最初はラブラブでLINEも電話もしょっちゅうだったのに、一年が過ぎてきたころには「仕事が忙しい」「気持ちに余裕がない」と電話もLINEも週に一度あるかないか…。

そんな相手の不倫男性のあまりの変わり様に、気持ちの整理ができず悩んで我慢をしてしまう女性は多いでしょう。

頭では分かっていると思います。この状況に自分が耐えられない。バカにされている。そう感じるならグダグダしてないで不倫男性とお別れすればいいこと。この関係に綺麗事は通用しない。そもそも許されないことしてる。

自爆できたらどんなに楽だろう…

女性はそう思うかもしれませんが、それを言ったら関係は即終了。彼は追っては来てくれない…と分かっているので、言えずにずっとずっと我慢してしまう。しつこい女にはなりたくないのでストレスも限界まで溜まります。

不倫の恋愛では、女性はずっと同じ熱量で相手を愛せますが男は違います。相手がもう離れることはないという根拠のない自信から「不倫の安心期」に入れば連絡頻度も逢瀬の回数もぐっと減るのは間違いありません。

割り切れている女性はそこで自分の立ち位置見極めて相手とうまく折りあえますが、そうではない女性はふとした言葉のやりとりで彼の愛情が信じられなくなり我慢出来ずに自爆…という結果になるのです。

 

自爆で終わる不倫は「自爆しなくても」終わる不倫

不倫関係で女性が自爆してしまった後にLINEで「ごめんね」と何度も謝っているものの、一週間経っても返事はない…。ジワジワと喪失感に襲われ「なんであんなこと言っちゃったんだろう」「あの時に戻ってやり直したい」まさに後悔の嵐です。

でも、私は相手の自爆だけが原因で終わる関係は無いと思っています。終わるべき時期に自爆が引き金となっただけの話だと思うのです。

不倫にしろそうでないにしろ、男性は好きな気持ちや相手を思う気持ちが少しでもあるならば、不倫相手が少しばかり感情的になったからといって放置はしません。

なぜ相手がそのような言葉を言ったのかを考えますし、相手の気持ちを少しくらいは理解しようと試みるはずです。

感情をぶつけてしまうほど弱っている不倫相手に、自分もその言葉のままに「感情で応対する人間」となって恋愛の関係を続けることなどそもそも不可能です。その後の謝罪すらガン無視するといった不倫男性がいるなら、大人げないを通り越して「心がない」とでも言いますか、人としておかしいです。

もしそのような相手だったとしたら、不倫を続けるだけ貴重な時間の無駄です。そして自爆した事で彼を傷つけてしまったと悩むことは微塵もありません。

まさに渡りに船だったのではないかと私は思います。

 

自爆しても終わらない不倫にするために

不倫相手の男性に自爆してしまったことを反省し後悔していらっしゃる女性の方へ、自分がしたことに気づいて反省することはとても大切なことです。

これが出来る人とできない人では未来が変わります。「後悔先に立たず」という言葉がありますが、後悔ばかりしていたら「後悔後に絶たず」になってしまいます。

もしお相手の不倫男性が本当に信じれる人だと思うなら…もしかしたら彼も色々考えたい時なのかもしれません。反省している気持ちをLINEですでに伝えたなら、相手に「変わった」と思ってもらうために自分が頑張るしかないです。

例えば不倫で待つことが苦手だとしたら、連絡をせずに待つ。信じられないかもしれませんが、これだけでも不倫男性は「変わった」と思います。

自分が変われないのに相手を変えるのは難しいです。相手に変わって欲しいと願う前に、自分が変わるように頑張れば相手も変わってくるはずです。終わりなのか、終わりじゃないのかは、その後で考えればよいのです。

大好きな不倫相手と二度と会えなくなることが楽なはずがありません。頭に血がのぼってLINEに感情をぶつけそうになったら、一度スマホやケータイの電源を切りましょう。

今まで自分が苦手だったことにチャレンジしてみる事は、今の不倫の状況を変えるきっかけに私はなると信じています。

本日もご閲覧ありがとうございました。




Posted by 不倫パパ