不倫男性が「仕事が忙しくて会えない」と言っている時の気持ちがとてもよく分かる方法

不倫パパつぶやき




不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

不倫相手とデートの都合が合わない時の理由は色々あります。「仕事が忙しいから会う時間が無い」きっと男性側の理由としてはいちばん多いのではないでしょうか。

デートが無理だとしてもLINEする時間くらいはあるでしょ?と思うかもしれません。でも不倫男性からLINEは来ない…嫌いになったんじゃないか…めんどくさくなったんじゃないか…不安になります。

もちろんLINEする時間くらいあります。頑張れば少しくらい会う時間もあるかもしれません。でも連絡も来なければデートの約束もしてくれない。なぜでしょうか?

不倫相手の男性が「仕事が忙しくて会えない」と言っている時の仕事モードの気持ちを理解するには、女性側が「子どもの一大事だから会えない」と言う時の母親モードの気持ちと同じだと考えると理解がしやすいと思います。



不倫中の恋愛スイッチがオフな時期

不倫男性のお仕事がヒマな時期もあれば忙しい時期もあると思います。忙しい時期には帰りも遅かったりなかなか休みも取れなかったりします。

でもLINEもできないくらい疲れているか?というわけでもなかったりします。ただただ仕事に燃えている仕事モード全開なだけです。

だからといって女性側は連絡もくれなければ会う時間もないなんて、不倫を続けている意味あるの?と不安から不満になって自爆する気持ちを抑えられなくなることもあると思います。

そんな時はあなたも母親モード全開になった時の気持ちを想像してみてください。

その時の気持ちは仕事モード全開の男性の気持ちと同じように、恋愛のスイッチがオフになっているはずだと思います。

 

母親モードの時に不倫相手に会いたいですか?

もし子どもに何かあったとしたら、親はどうしても悩みます。

お子さまが学校に通っていたら、一日のほとんどを過ごす場所ですから大人で言えば子どもの職場みたいなものです。いじめや何か問題があった場合に感情的に学校に苦情を言うのは簡単ですが、できたら子どもがこれからも気持ちよく過ごせるように先生と話そうと考えたり色々悩むと思います。

胃が痛くなるくらい子どもの事で悩んでいる時に、不倫相手に会いたくなるでしょうか?デートの誘いがあったとしても心置きなく相手に会いにはいけないでしょう。

今となっては赤ちゃんの頃の悩みなんてかわいい悩みだったと思いますが、その時は必死で悩んで一日が長く感じたりしました。でも、子どもが大きくなるにつれて悩みの種も少し変わって、深く難しく答えが見つからないという事もあると思います。

子どもの不登校の問題や思春期の問題、また受験の時など子どもの人生をかけた時期においてもシビアな問題は尽きません。

子どもとこう関わりたい、こんな風に育ってほしい、親として色々思うことはあっても簡単にはいかない現実を感じます。また子どもが苦しんでいるところを見ている時期も辛いものです。どうやって応援したらよいかも分かりませんし、また出来る限りの応援をしてもやるのは本人です。ぐっと我慢して信じてやるしかないですが、それが難かしい。

…まあ色々とこれからの子どもの成長を考えると、成長していく過程において避けて通れない母親モード全開の時期がいくつもあります。

そんな時期に不倫相手の男性から「何があったの?どーしたの?何で上の空なの?」などとLINEが来ても返信する気持ちになるでしょうか?母親モード全開になっていたら恋愛スイッチはオフになっているでしょう。

こんなときには女性も、自分からは連絡する気にも会う気にもならないと思います。

 

不倫を小休止する必要がある時期

女性は、子供の事や家族の事で心配事があれば恋愛モードは完全に吹っ飛ぶと思います。おそらく不倫相手に対する気持ちは好きのままですが考える余裕が無くなるのではないかと思います。

その時の心境が、不倫男性が「仕事が忙しくて会えない」と言っている時の気持ちと一緒なんです。

これからもっとお子様の身において沢山の困難にも遭遇したり取り巻く環境の変化もあるはずですが、何を置いても一番に応援したいのは子どもではないでしょうか。

男性にとって仕事が大事なのと同じように、女性も家庭で何かあると恋愛は小休止せざるを得ないです。ただ、お互いに小休止せざるを得ない理由を相手に話して理解を求める事の大切さと、相手側はあたたかく見守る思い遣りが不可欠です。それができていないから不倫相手の気持ちが分からなくなるのでしょう。

男性は仕事にいたっては決断力や判断力や行動力がありますが、恋愛に関してはハッキリしないところが多くあります(涙)

不倫関係の「幸せ」とは、どんな時でも常に笑顔でいられるかではないでしょうか。誰かの価値観や世間体でなく自分が幸せと思えて自然に笑顔になれること。そうでなければ不倫を続けている意味はないような気がします。

 

本日もご閲覧ありがとうございました。




Posted by 不倫パパ