不倫SNSアシュレイ・マディソンが「有吉ザワールド」で話題に
新規登録

不倫SNSアシュレイ・マディソンが「有吉ザワールド」で話題に

Sponsored Link
The following two tabs change content below.
不倫パパ

不倫パパ

管理人の「不倫パパ」と申します。 年齢は30代半ば、妻と娘二人の四人家族で、ごく普通のサラリーマンをしています。 趣味は娘と遊ぶ事、絵を描く事、本を読む事、ミシン、ピアノ等々・・・この場所を訪れる皆さまの明日が、少しでも笑顔になってもらえたら幸いです。

最近仕事が忙しく、なかなか更新できないのが心苦しいです。

そんな中、私の結構好きな芸能人である有吉弘行さんがMCの昨日13日放送の

水曜プレミア「有吉ザワールド」を見ました。

いくつかの世界のきわどいテーマを有吉さんがいつものごとくバサバサと斬っていく番組で、

私も以前に記事を書かせて頂いた、今世界で加入者が爆発的に増加していて話題となっている

不倫SNS「アシュレイ・マディソン」。

先月サイトがオープンして、加入者が一気に増えている香港で実際の不倫カップルに密着取材という興味深い内容でした。

私は以前に中国の方と一緒に仕事をしておりましたが、個人的な中国のイメージは

とても商売に熱心

個人個人はとても優しい方が多い

わりと大雑把

海賊版・コピーが多い

良い意味で、モラルに縛られない自由奔放なイメージだと感じています。

中国・香港の街中で、アンデス堀江さんが「知人に不倫している人がいるか」という内容をインタビューし8割の人がいると回答したそうです。

最近の中国では経済開放とともに精神面でも開放が進んでいるのでしょうか、都市部においては男女間の考え方も日本に近づいてきており、離婚や不倫が増えつつあると感じます。

中国では愛人問題で失脚する官僚や役人が多く、スポーツ選手やタレント、政治家の愛人騒動を紹介されてました。

「自由恋愛」という言葉も出てきましたが、これも以前の記事で

「全力教室」美奈子さんを見て

のシングルママ同様に、中国のイメージを悪くしているのではないかと心配です。

また、インタビューする時の向こうの方の言葉は日本語に吹き替えになってましたが、「アシュレイ・マディソン」という言葉の吹き替えと実際の口の動きがどうしても一致しないように思えて・・・

最近のバラエティ番組の「やらせ問題」はとても目立ちますので、個人的にはそうであってほしくないと思いました。

その後は不倫SNSサイト「アシュレイ・マディソン」のノエル・バイダーマン社長を取材されていました。

アシュレイ・マディソンは不倫で話題になった有名人を広告塔に起用しているそうで、ノエル社長は以前にはタイガー・ウッズにオファーを持ちかけたがあっさり断られたという面白いエピソードもあります。

個人的にはノエル社長は思っていたイメージと違い、わりと感じいいなと思ってしまいましたが(笑)

番組では、矢口真里さんにオファーを訴えているという事を話しておりました。

・・・矢口さんはまだ芸能活動を引退されたわけではないと思うので、このような形でバンバン名前が出され、このような扱いで良いのか?

とかわいそうになりました。

矢口さんに関しては、このように色々な形でのオファーがあるのでまだある意味路線を変更すれば以前のようにメディアに活躍される場も多くなるのかと思います。

でもそれは精神力の問題も大きいでしょう。

そして驚きの発言が、デーブスペクターさんの「アシュレイ・マディソン」に日本に進出するようにアドバイスしたのはデーブさんだったということ。

たしかに、アメリカABCテレビ番組プロデューサーとしての実績もあり「風雲たけし城」や「料理の鉄人」等はデーブさんが最初にアメリカに紹介し米版の番組を作るきっかけとなったりコメンテーターとしてのイメージが強いですが、

敏腕プロデューサーの力を持つデーブさんなら「なるほど」と思わざるをえません。

そんな他愛も無い事を考えながら番組を見ておりましたが、

最後に思う事は

「有吉さんは仕事しすぎではないか?」

という感想です。

今は冠番組がいくつあるのか?という売れっ子ですが、なんとなくこの番組のMCの時の有吉さんは若干元気がないなと感じる時があり・・・。

私のハードワークとは次元が違う有吉さんに、ただただ尊敬するばかりです。

Sponsored Link

フォローする

関連記事

Sponsored Link