今まさに不倫の別れを迎えた人に、不倫の別れの経験者がお伝えしたいこと




不倫中、婚外恋愛中の皆様こんばんは。

不倫パパです。

 

twitterのタイムラインを読んでいると「不倫相手と別れました」「関係が終了しました」というようなつぶやきを目にします。そのたびに、自分が別れた四年ほど前の時の気持ちを考えたりします。

何年経ったとしても、こうしてどこかで不倫の恋が誰に知られることもなくひそかに終わっています。今この瞬間にいくつの恋が終わっているのでしょう。同じような気持ちでどこにも吐き出せない想いがどれだけ静かに幕を下ろしているのでしょう。



不倫分散の目的は不倫で沼らないため


間違えてほしくないのは大好きな人への気持ちを減らすための不倫分散じゃありません。減らすことを考えるから不倫は沼るんです。

不倫男性はときめきやドキドキが欲しいわけじゃない

 

不倫をする男性の実態として、某サイトにこんなことが書かれていました。

◆決して妻に不満をもっているわけではなく、希薄になっていくときめきやドキドキを取り戻そうと不倫をしている

◆不倫に葛藤と罪悪感をもちながらも、不倫によって妻との関係がより良くなるととらえている

結婚して永遠に自分の夫や妻に恋心を持ち続けることは不可能です。

決して家庭には問題はなく妻とも円満。だからときめきやドキドキが欲しくて不倫を始めるのであって、自分の家族を捨ててまで不倫相手と一緒にならないのが不倫男性の実態だそうです。

当たり前といえば当たり前ですが。

三、四組に一組が離婚しているという日本の現代の離婚率ですが、もし夫婦生活に問題があって辛いなら無理をしてまで一緒に生活する必要はないです。それでも離婚をしない理由の最たるものは子供がいるからでしょう。

不倫をする男の実態が「ときめきやドキドキを取り戻したいから」というのは女性のライターさんが書いたものだと思います。

愛する子供もいる円満な家庭を捨てたいはずがない。ただそれ以上の心の癒しと魅力的なカラダを目の前にして「好きだから仕方がない」という常套句で罪悪感と葛藤をしているのが、不倫をする男の実態だと感じます。実際に私がその一人でした。

ただどちらにせよ、自分の家族を捨ててまで不倫相手と一緒になる気持ちはありません。それが綺麗事ではない不倫男性の本音ですから、不倫の失恋で心臓が潰れるくらい辛い想いをされても彼が運命の相手ではないのは事実です。

 

不倫の別れで心が壊れそうな方へ不倫経験者が言えること。

不倫の別れを経験した立場として

「今は泣きたいだけ泣いてください」と言えばよいのか

「次の新しい恋を見つけて辛い恋愛は忘れてください」と言えばよいのか

「これからはお子様にしっかり向き合ってあげてください」と言えばよいのかは

私には分かりません。

不倫を美化するつもりはありませんが、家庭があっても倫理に反しても人を好きになってしまうのは人間の素直な気持ちだと思います。でもそれは不倫をする人が自分を正当化する言い訳とも思います。

不倫を正当化もできない、かといってダメとも言えない。それが不倫経験者の情けない立ち位置です。

ただ私も同じように何日も何日も心が深く重く沈む不倫の失恋の辛さを味わいました。誰にも何処にも話せず、全て自分自身でその気持ちに悩み、葛藤し、始まりも終わりもひっそりと胸にしまっておかなければならないのが不倫というものです。

終わりがなければ次のはじまりもありません。

今は辛いと思いますが、決して戻ることなく明るい未来に進めるために別れの決断と今の心の辛さはとても大切なものだと思います。

先日、ある掲示板でこのような話を目にしました。

失恋した女の子が一人、つらかったので公園で泣いていました。

泣いている理由を一人の哲学者が知ったのですが、なぐさめることはせずに笑って言いました。

「君は自分を愛してくれない人を一人失ったにすぎない。しかし、彼は自分を愛してくれる人を失ったのだ。

彼の損失は君よりずっと大きい。君は何を苦しまねばならないのだろうか?本当につらいのは彼の方なのだよ」

考え方を変えれば、幸せでも不幸でもある。

幸せと思うか、不幸と思うか、決めるのは自分自身でしかありません。

 

「もし別れた不倫相手からLINEが来たら嬉しいですか?」

そりゃ嬉しいですよ。私は別れてから一年後にふと相手からLINEが来ました。だんだん辛かった気持ちが静まりかけた頃でしたから、その分一気に天にも昇るほどの嬉しさを感じました。

「もし別れた不倫相手からまたヨリを戻したいと言われたら幸せでしょうか?」

連絡があり、まだ好きな気持ちが相手にも残っていましたから失った関係をまた復活できるという期待は考える以上に大きいと実感しました。

 

不倫を続けていても別れても、幸せになる条件は色々あると思います。

「相手から連絡が来たら幸せ。」

「相手がヨリを戻してくれたら幸せ。」

これを眺めてみて思ったことは、幸せになるためには自分ではない「誰かの行動」が条件です。おかしいんですよね。自分の幸せのはずなのに自分ではない誰かにその結果を委ねていることが。

幸せか不幸かの考え方を変えられるのは自分自身の心だけ。自分は変えられますが他人は変えられません。大事な自分の幸せこそ自由に自分で決めて良いし、自分にしか決められません。

不倫中の皆様方の明日が笑顔で過ごせることを願ってやみません。

本日もご閲覧ありがとうございました。

不倫相手を分散しても…本当に良いの?
本命の不倫相手を裏切ることにならないか?まだ迷いがあり「誠実ではない」と感じる方はもちろんやめておいたほうがいいです。 また辛くても沼に戻っていけばいいだけです。



1 個のコメント

  • はじめまして。淋しさに心壊れ、先週自らLINEで別れを告げました。引き留める事もなく…わかった。さよなら。と返信がきました。身体が壊れてしまいそうな喪失感ですぐに復縁を申し出ましたが、もう4日も返信がきません。
    不倫パパさんの所にたどり着いたので、色々拝見させて頂きますね。早く前を向いて歩き出したいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    不倫パパ

    管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング (※画像はSnapchatで女性化しました)