不倫の「女の勘」は本当に当たるのか?①
新規登録

不倫の「女の勘」は本当に当たるのか?①

Sponsored Link

どんなに不倫の証拠を隠滅しても、必ずばれてしまうその正体は、

「女の勘」

と言われていたりいなかったり。

女の勘とは、女性特有の第六感、直感。

ご主人の不倫を発見したのも「女の勘がピンときたから」というのはよく聞きます。

本当に女性の第六感があるとしたら、なかなか

不倫なんてやり難いでしょう・・・。

「女の勘」

本当にあるのでしょうか?

理由としては、次のような事象があるからでしょう。

女性の方が感覚が鋭く、右脳人間であり、霊媒体質であることから歴史上占い師や巫女は女性が多いです。

また女性は男性より、他人の顔や髪型を含め、服装や持ち物等の人や物事の「外見」に関心が高く、

注意が向きます。

またまた、女性は子供を育てる上で、顔色や泣き声などちょっとした変化にも敏感であるという性質が備わったそうです。

そういう部分が男性から見たら「鋭い」と思えるのであって

本当の意味での第六感ではなく、

あからさまには現れなくても確かにあった「些細な変化に気づく能力」なだけの気がします。

些細な変化を悟られない事は、日常の意識で八割は回避できると思ってます。

残業、出張の回数、服装、携帯電話のロック

レシートやチケットの半券・・・

様々な注意点は以前の記事でもこれでもかと書きましたが、

不倫の証拠隠滅はほぼできます。

最も危険なのは、

女性の「ノンバーバルコミュニケーション能力の高さ」

によるものです。

女性の方が、相手の話し方から感情を読み取る能力には優れています。

それの回避の方法は?

「嘘」を付く事しか無いでしょう。

ですので私は、

不倫の楽しみの回数分だけ「嘘の数」があるものだと思ってます。

その方法はまた後日に。

Sponsored Link

フォローする

関連記事

Sponsored Link