そろそろ自分も「不倫のベテラン」の領域に入ったなと感じる不倫歴と二つのタイプ

不倫パパつぶやき




不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

本日、さすがベテラン!と言えるドライバーさんの助手席で運転を見ていました。「もう何年もやってますんで(笑)」と、照れながらもまだテクニックの向上を考えてるとのことです。

技術だけでなく「ベテランママさん」とか「ベテラン夫婦」と言われるように、不倫も長く続けていると「不倫のベテラン」の領域に入ったなと感じる瞬間があります。

まだ不倫の若手の方、中堅の方のために、「不倫のベテラン」の定義についてお話します。



不倫歴は何年以上が「ベテランの領域」か?

ちなみに「ベテラン」とは

長年の経験を重ね、その道に熟達した人。老練な人。ふるつわもの。

「老練」というとテクニックがちょっと卑猥な気もしますが、ベテランと言われるまでの基準は

[box class=”blue_box” title=”ベテランの基準”]○経験している年数

○その道の熟練度[/box]

「不倫のベテラン」と呼ばれるには、今まで何年バレずに不倫を続けているのか?という「不倫歴」と、相手の不安や心変わりがあってもメンタル的に「不倫関係を続けるテクニック」の二つの要素がベテランの基準になると思います。

そこでまず「不倫歴が何年以上がベテランか?」ですが、

ちなみにこのブログをご閲覧されている方は60%が新規訪問の方です。おそらくは不倫を始めてから「一年前後」までの方だと思います。

そのころの私に遡ってみれば、今まで悩んだことのない異質な苦悩が分からずに、誰にも聞けずネットで不倫に対して色々と言葉を探していました。また、背徳感の裏側にある不倫の欲望に溺れながら、でも手に入れた特別な関係を守っていくために冷静に色々と調べて、あらゆる策を講じました。

不倫歴一年前後は、不倫の快楽を知り、味わい、その快楽に溺れないように細心の注意を払って過ごしていく「不倫の若手」の時期でしょう。

そして、ある程度不倫の激しい情熱が落ち着いてくる頃は「三年前後」ではないかと思います。最初の頃の新鮮さはないが、カラダの関係はもちろん「心」の関係も築かれていきます。

家庭という「実生活」と、そこから離れた「休息所」があるから家庭生活を円満に保っていける、不倫歴三年前後は不倫相手との信頼関係も感じてくる「不倫の中堅」の時期です。

しかし、そこで薄れてくるのは不倫に対する「警戒心」です。激しさは落ち着いてくるが、やはり会えば情熱は沸き上がります。そして色々な面で相手を知ってきて理解してきた事に対する安堵感も生まれます。それが最初の頃の「警戒心」を薄くさせてしまうのです。

不倫が第三者に疑われた時点で中止できなければ不倫する資格はないし、ましてやベテランなんて呼べません。家庭を壊さないように警戒する事、また配偶者やお子さんに気付かれた時は、その不倫は一時中止にするだけの我慢強さが必要なのです。

私が「不倫のベテラン」だと思うのは、バレずに「五年以上」不倫関係が続いている方達。これくらいの期間で十分だと思います。

 

不倫のベテランは二極化している

どの道も「ベテラン」と呼ばれるようになるまでは、長い年月を経てようやく認められるものです。ベテランのパン職人になるには三年から五年。ベテランのお寿司屋さんや豆腐屋さんなどは十年とか言われています。

ただ、どの道のベテランと呼ばれる人も私は大きく二極化していると思います。

ベテランとして更に向上心を持って続けるタイプ

ベテランとしての位置に安住して留まってしまうタイプ

私の会社には後者のベテランが数多くいますが(涙)五年以上付き合った「不倫のベテラン」も、この関係が不毛だと気付く方もいるでしょう。ベテランになるまでに家族に嘘をつくのもだいぶ上手になっているでしょう。罪悪感も感じなくなっているかもしれません。

不倫相手に対しても不安で自爆しそうになる危機をなんとかなだめて「お別れプレイ」を繰り返しながらもズルズルと続けてしまう二人もいらっしゃるかもしれません。

そのような場合は後者の不倫のベテランです。

でも、これだけの期間をリスクを背負いながらも不倫関係を続けていくという事は、カラダの関係のみで行動をしているのではないといえます。

もちろん家庭はお互いに大事なのも理解をしており、お互いの存在意義を確信しつつ、その上で割り切った考えを併せ持つことが前者の不倫のベテランでしょう。

「不倫のベテラン」とは、そのバレずに続ける不倫歴もさることながら、不倫を続けながら不倫を楽しみながら、どのような結果になろうと自分が誰の手も借りず「一人で道を切り開いていける」という自信が一番重要なのではないかと思いました。

とはいっても・・・「不倫のアマチュア」の私が言ったところで説得力も何も無いんですけどね(涙)

本日もご閲覧ありがとうございました。




Posted by 不倫パパ