【不倫の法律】不倫でバレた人が「本気じゃなくただの浮気」と言って法律的には許されるのか?

SPONSORED LINK


不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

独身の頃に「どこまでが浮気なのか?」ということを考えたことはありませんか?例えば飲みに行っただけ、手を繋いだだけ、二人で遊びに行っただけ・・・とか。人によって恋愛に関して「遊び」か?「本気」か?の基準はあいまいだと感じます。

既婚者なら肉体関係があれば「不倫」になりますが、肉体関係があったとしても独身者と同様に「浮気」というあいまいな基準の言葉で逃げることは可能でしょうか?

不倫をしている方は法律にも関わる事ですから、その基準はしっかり把握しておくべきでしょう。いえ、もちろん把握した上で不倫をされていると思いますが。



不倫の法律的な定義

言葉の定義で言えば、「浮気」とは心が浮ついて思慮に欠けること。「不倫」とは倫理に反すること。特に男女関係で人の道に背くこと。

「不倫」を分かり易く定義づけると、配偶者のある者が配偶者以外の特定の異性と不貞行為を行う事。本気でも遊びでも、肉体関係があったら不倫です。法律的には離婚理由として成り立ちます。

男性が不倫をしていて、不倫相手とのラブラブなLINEのトークを奥様に見られたとしても、奥様に必死で謝まって家庭は元の状態に戻る事もあります。

民法709条での不法行為による損害賠償の請求は、

故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

不倫相手との肉体関係よって配偶者を精神的に傷つけ「精神的な損害を与えた」とされる場合には、本気だろうが遊びだろうが法律による処分を受けなくてはなりません。

不法行為、ここでは肉体関係という「不貞行為」のことなので、不倫相手とのラブラブなLINEのトークだけでは証拠不十分です。

 

「浮気」という言葉の便利な使い方

「浮気」においては、既婚・未婚にかかわらず特定の相手がいるのに他の異性に気が移る事。定義が曖昧なので人により捉え方が違います。ですから非常に便利な言葉だと思います。そして肉体関係がない場合には、他に特別の事情がない限り法律による慰謝料請求が認められることはほとんどありません。

もし、不倫をしている男性の方でこのブログ記事を見てらっしゃったら、不倫はしているが自分も相手も家庭を壊す気などサラサラ無く、不倫相手の事は本気で好きだけど「本当に大事なのは妻であり家庭なんだ」と思っている方はいませんか?

その場合は、もし奥様に不倫がバレたとしたら「ただの浮気なんだ。単なる気の迷いなんだ。本気じゃないんだ。」と言うと思います。自分の不貞行為を認めない、そして不貞行為の証拠が無かったら、法律的な処分の対象にはならないかもしれません。

不倫は「倫理」に反すること。倫理とは内なる基準であり、自身で定めたルールです。その自分ルールを自らが悪だと分かっていながら違反した行動を取る事が、倫理に反する事「不倫」です。

自分自身の線引きというものがどこか。それも不倫には必要なのかもしれません。

本日もご閲覧ありがとうございました。




あなたにおススメの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA