不倫経験者が「独身時代に片思いだった相手」に出会ったら、また不倫をしたくなるのか?

SPONSORED LINK


不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

本日なのですが、私が独身時代に片思いをしていた女性と食事をしてきました。もちろん二人きり・・・ではなくその他数名の元同僚も一緒でした(涙)

その女性とは昔に何回か二人で飲みにも行き、私はずっと彼女のことが好きで「付き合ってほしい」と告白しましたがその恋は実りませんでした。その後彼女は退社したので今回会うのは十年ぶりくらいでしょうか。

昔の叶わなかった恋の相手に出会い、ちょっとだけ恋心を思い出した不倫経験者のお話をさせてもらえたら幸いです。



自分が恋愛の主人公

十年ほど前に、私はショッピングモールで働いていました。

当時の店舗で彼女と一緒に働いていまして、私は彼女に一目ぼれでした。フリーの私はずっと付き合いたいと思ってましたが、彼女には彼氏がいて「(不倫パパ)のことは嫌いじゃないけど彼氏を裏切れないから・・・」とフラれました(涙)

その彼女と仲の良かった女性スタッフとの繋がりで、今回の皆での食事の機会となりました。

私が片思いをしていた女性は結婚して主婦でした。好きだったころの面影は変わらず、やはりタイプの女性というものは男は変わらないんだなと感じます(笑)

当時の仲間もいましたから、結局は二人での「恋バナ」などをすることもなく皆で昔話に花を咲かせて、楽しい時間を過ごして帰りました。

まあそれだけだったんですけど。

帰ってから色々とその当時、私が20代だったころのことを思い出してました。私の他にもその彼女のことが好きな男がいたり、私は無関心でしたが好きでいてくれる女の子もいたり。自分が好きになった相手とは絶対にうまくいかないのが私の20代の恋愛でした(涙)

「若かったな~」と思うのは、その当時が自分自身の人生の中で「恋愛ドラマ期」があるとしたら、主人公として過ごしていた時期だからです。結婚して子供が産まれ夫婦という「家庭生活」が始まり、子育てや仕事に追われ彼女も忙しい毎日を過ごしていたことでしょう。

そこで自分の「恋愛ドラマ」は終わりのはずですが、そのころを思い出してまた主人公として輝いた時間を過ごしたいと思う心が、不倫を始めるキッカケになることもあります。

 

お互いの人生の役柄

私が初めて「自分が好きになった人」と付き合うことができたのが、大好きだった不倫相手です。

結局はその恋愛も終わってしまいましたが、独身時代に片思いの女性と付き合えて失恋した場合と比べると、既婚者の失恋のほうが辛いと思います。誰にも何処にも話せず、自分一人で失恋を苦しみ、始まりも終わりもひっそりと胸にしまっておかなければならないのが不倫です。

なぜそこまで苦しいのか?と考えると、恋愛の主人公ではないから、人生の役柄が「父親」だからです。

「家庭があっても道徳に反しても好きになってしまうのは人間の自然な姿だ」それが自分の本当の気持ちであっても、その役柄で恋愛をする上では「テンプレート」と言われても反論ができません。その理由が不倫を続けることができなかったからです。

独身時代に片思いだった女性と話して当時の恋心を思い出し、初めて「自分が好きになった人」と付き合えたことを思い出し、片思いだった女性の母親としての姿に出会えたことは「人が自分が年をとっていくこと」をただただ感じただけでした。

 

自分では不倫なんてするはずがないと思っている人でも、突然の出会いに抗えずに恋に落ち、そして心臓が潰れるくらい辛い想いをすることも長い人生の中であるかもしれません。

もしそんな方がいらっしゃったら、最後にこちらのお話を。

失恋した女の子が一人、つらかったので公園で泣いていました。泣いている理由を一人の哲学者が知ったのですが慰めることはせず笑って言いました。

「君は自分を愛してくれない人を一人失ったにすぎない。しかし、彼は自分を愛してくれる人を失ったのだ。彼の損失は君よりずっと大きい。君は何を苦しまねばならないのだろうか?本当につらいのは彼の方なのだよ」

考え方を変えれば、幸せでも不幸でもある。

人生の幸せと不幸を決めるのは結局「自分自身の心」なのでしょうね。

本日もご閲覧ありがとうございました。

あなたにおススメの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA