③不倫で全てを失った男の話

2018年5月14日不倫パパつぶやき, 夫婦・家族




不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

 

まず、ちょっとしたお知らせなのですが、

コメントを拝見させて頂いて、このブログでもLINEのようなスタンプを使えたりすることはできないかな 😯 ?と思いました。

 

調べてみたのですが、どうやらそれはできませんでした 😉

 

ですので、今このように 😛 顔の絵文字だけなのですが、コメントのところでも使えるようにしてみましたので、是非ご活用頂ければと思います。

 

・・・男は絵文字は、やはり苦手ですね 😐

 



けっこう色々と大変です。

さて、

先日まで「鬱から立ち直ったボーカロイドが好きな彼女」のお話をさせて頂きましたが、

不倫で全てを失った男のお話をしたいと思います。

 

彼との関係性はあまりに私に近いので、彼に対する私個人の気持ちは触れません。

まあ、現状の私の仕事に大きな影響を及ぼしていると共に、

私たち夫婦にも少し飛び火しただけと触れておきます。

 

 

タイトルの通り、その彼は不倫によって全てを失ってしまいました。

 

「全てを失った」と書きましたが

全てと言っても、「妻」と「娘」と「仕事」の三つです。

 

でも彼にとっては、それが幸せを構成する「全て」のものであると言っていいのだと思います。

 

不倫によって、彼は奥さんと離婚しました。

そして、奥さんと娘さんが彼のもとから去っていきました。

 

彼の「自信」と「プライド」も崩壊してしまったと思います。

そして、彼は「鬱」になり、仕事も続けられなくなって退職してしまいました。

 

 

三組のうち一組は離婚をしていると言われるなかで、

家庭・夫婦の間で、離婚をする前にもっと改善できるところはあるはずです。

 

妻に任せっきりにするのではなく、旦那さんがもっと育児に参加したり、家事を手伝ったり。

夫婦とは、そんな「日頃」の積み重ねによって作られていくのだと思います。

 

きっと、彼にも悪いところはあったと思います。

だから、不倫をしたことが全て悪いとも言えません。

 

そして、ある意味

不倫が見つかってしまったというよりは、見つけてほしくて

あえて隠そうとしなかったとさえ思えます。

 

・・・しっくりこない文章で、申し訳ありません。

 

 

彼は不倫によって全てを失いました。

 

「奥さん」の不倫によって。

 

 

妻のことを心から「大好き」と言える夫。

Rheog / Pixabay

私は彼に、よく私の娘への溺愛っぷりを話していました。

彼も私のとこより少し幼い娘を持つ父親です。

 

でも私と違って、彼と話していると子供への愛情というのはさほど感じられないのが不思議でした。

だって男親としたら、娘は理屈なんてなく可愛い存在だと思うから。

 

彼はよく、こう言ってました。

「子供ができると、親から親戚から、娘会いたさに呼んでもないのによく来るじゃないですか(笑)

嫁の存在なんて完全に忘れられて、娘たちだけちやほやされるのが好きじゃないんです。

だから私だけは、いつまでも妻のことが一番だと思ってたいんです。」

 

娘さん以上に、「奥さん」への愛が変わらずにずっと深いんです。

付き合う前から大好きだった相手。

そんな大好きな相手と結婚して、大好きな相手は妻に変わって、彼の自慢の奥さんになった。

 

 

その大好きな妻は、

不倫をしました。

 

きっと、見て見ぬふりをするのが、一番よかったんだと思います。

それを言ってしまっては、大好きな妻の不貞を認めることになる。

 

でも言わないでいることは、彼の男としてのプライドが許さなかったのだと思います。

 

そして、彼は問い詰めた。

 

「ごめんなさい、もう二度とこんなことはしません」という言葉を聞いて、

そして許そうと思っていた。

自分にも至らない点はあった。

妻を不倫へと走らせてしまった自分にも責任はあった。

 

もう一度、しっかり夫婦、家族と向き合おうと思っていた。

 

でも、

奥さんは「こんなことになってしまった以上、一緒にはいれない」と

去って行ってしまった。

結局彼一人では子供を育てることは実際には難しいので、娘さんも奥さんと共に

去って行ってしまった。

 

ここまでの内容を知っているのも、私と一部の人だけです。

 

 

それでも養育費は、彼が払うのか?

彼にLINEをしましたが、彼からの既読もなく一切の連絡もなく

上司から「退職した」とだけ聞くことになりました。

 

その後の彼と連絡をとったという声は、今のところ

どこからも聞きません。

 

噂では、マンションを売って実家に帰ったんじゃない?と

真偽のほどは分かりません。

 

 

ただ、最近やたら身近でこういうことが多いのが、

不思議でなりません。

 

また後日に続きます。

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

 




Posted by 不倫パパ