長くバレない不倫を続けていくために絶対必要な「不倫の罪悪感」を消す方法

不倫に悩んでいる方へ




不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

以前に皆様方に不倫をしていて罪悪感を感じますか?というアンケートをお聞きしたことがあるのですが、

[kanren postid=”29279″]

結果を見ると半数以上の方が「不倫に罪悪感を感じている」、それでもお相手さんを失いたくないというお答えでした。前回の記事の不倫の辛さを感じている時には周りに感づかれやすいという「不倫の辛さ」は、この罪悪感に集約されているのだと思います。

それならば、この罪悪感を感じなくなれば誰にも気づかれない不倫を続けることができることになります。



不倫は心の殺人

以前にどこかのブログで「不倫は心の殺人」という言葉を読んだことがあります。それだけ不倫をされた側にとっての心の傷が深いからです。配偶者にそれだけの心の傷を負わせている「不倫をしている人間」も、不倫相手を失いたくない気持ちからその罪悪感に悩み苦しんでいます。

では人を殺しても罪悪感を感じない人間になる方法はあると思いますか?

不倫を続けるためには自分の感情をコントロールしていく必要があると以前書いたことがありますが、感情をコントロールするというよりも感情を殺す訓練が必要だといえるでしょう。

紛争地域の戦争教育では、他人を殺せばあまりの痛みに自分も壊れてしまうので「自分は人を殺しているのではない。モノを壊しているのだ。」と教えるそうです。

戦争中の捕虜の人間にはフードを被せるそうです。その人の顔が見えないほうがモノとして人を殺せるから。

それでも殺人により生じる罪悪感や後悔などの余計な感情を消せるかどうかは、最終的にはそれが「当たり前かどうか」だそうです。

 

不倫の罪悪感が消え去ってしまう時。

かなり過激な例えになってしまいましたが(涙)要はそれが当たり前と思えるほど、不倫相手との逢瀬が日ごろの習慣になってしまえば罪悪感は感じないのでしょう。不倫相手に会う頻度が多くなれば多くなるほどリスクにも慣れてくるので罪悪感が薄れていくのはこのためだと思います。

また不倫を習慣化させる方法の一つとして「複数の不倫関係を作る」という方法もありますが、この方法は私のような不器用で精神も弱い人間には難しい方法です。そんな人間を野放しに出来るほど人間社会は寛容ではないので、法律や様々な制裁が待ち構えています。

ちなみに私が不倫相手に会える時は「現実とはかけ離れた大切なかけがえのない時間」と思っていましたが、本当に大好きな不倫相手を失いたくないのならば不倫相手に会える時間はいつも通りで当たり前のことと思えなければ、関係を長く続けることはできないと思います。

 

不倫に罪悪感を抱いていても、出来事が前向きに変わることはありません。

例えば赤ちゃんが生まれるという出来事が起こったとき。その出来事を「幸せ」に感じる人もいれば「不幸」に感じる人もいます。

不倫をしている間、ずっと罪悪感を背負ったまま生きたいのであれば、それを選択するのも1つの方法かもしれません。しかし人間は出来事に対して、誰でもそれぞれ自由に「ポジティブな意味づけ」や「ネガティブな意味づけ」をその瞬間瞬間に行っています。

不倫の罪悪感は、私は「自分で考える」と決めたときや「誰かの考えに頼らない」と決めたときに消え去ってしまうものだと思います。

不倫において、会えない辛さや苦しみで心病んでしまうのは愚かなことですが、それ以上に不倫での罪悪感を少しでも感じながら悩み苦しむ事のほうがはるかに愚かだと感じます。

本日もご閲覧ありがとうございました。




Posted by 不倫パパ