②幸せな不倫は「完全な信頼関係」の上に成り立つ?

SPONSORED LINK


不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

このブログを見て頂いている方で、幸せな不倫をしていると素直に言える方はどれくらいいらしゃるでしょうか?

そもそも「幸せな不倫」というのも何をもってそう思うかは、その人それぞれが決める事でしょう。毎日不倫相手に会えないと幸せと思えない方もいれば、週に一度声が聞ければ幸せと思う方もいます。

・・・ずっと書きかけだった「幸せな不倫」について、以前のこの記事の続きを書くのをすっかり忘れておりました(涙)



不倫経験者が感じるいちばん幸せな時間

①幸せな不倫は「完全な信頼関係」の上に成り立つ?

2016.12.15

もうだいぶ日にちが経つので、その時の自分の気持ちとは違うのかと思っていましたが・・・そんなことはありませんでした。

不倫という何の強制力もない二人の関係には、夫婦以上に完全な信頼関係が必要なのか。やはり私は信頼関係は必要ないと思っています。

 

ちなみに、私のことをよく知る同僚は「お前は人にあまり興味を持たないタイプだな」と言います。仕事がら多くの人と接する機会があり、その中であまり人に深入りしすぎないスタンスを見ての言葉だと思っています(涙)

他人から見た自分の評価はどうでもいいのですが、「気になる人に対して」はその人のことが知りたくて知りたくてしょうがありません。

「今日は学校で何をしたの?」

「お友達、誰と遊んだの?」

「ご飯は何食べたの?」

娘さんのことが大好きなパパさんがいらっしゃったら、そんなことを聞いてはいませんか?

幸いなことに娘二人とも「今わたしが話してるんだから!」とこぞってギャーギャー話してくれますが、そのうち「パパうざい」って言われるかもしれません。そんな会話の時間も私にとっては最高に幸せな時間です。

 

不倫経験者が感じた不倫相手との幸せな時間

ちなみに、冒頭の質問「幸せな不倫をしていましたか?」と自分自身に聞かれたら、私は「幸せな不倫」だったと答えます。

完全な信頼関係はあったか?と聞かれたら、それは無かったです。

個人的には妻に話せないようなことも何でも話せる「心から信用していた人」ではありましたが、私にとっての不倫相手とは現実とは別次元の心の拠り所でした。その人と完全な信頼関係で繋がること自体が不可能です。

ただ、

「昔はどんな人を好きだったんだろう?」

「出会う前はどんなふうに過ごしてたんだろう?」

「今は何にハマってるんだろう?」

その人のことがどんどん知りたくなって、そんな話をしてくれている時というのが最高に幸せだと感じて、その人と知り合えて同じ時間を過ごせることが尊いことだったと、今でも思います。

 

不倫というと、ドロドロとしていてイヤらしく「お天道様のバチがあたる」からコソコソ会うというイメージですが、本当のところは素直で純粋な「単なる恋愛」でしかありません。

なかでもW不倫は、発覚しないうちはいちばん幸せで温かい関係なのかもしれません。お互いにちゃんと戻る場所があり、不倫相手に会える時間は限りがありますがそれでも幸せを感じることができる関係。

その先にゴールも未来も無い恋愛で、ひと時でも幸せを感じることができるのは既婚者でも未婚の恋愛でもあり得ない事です。

今も変わらずにお子様たちと楽しく仲良く幸せに暮らしているのかな?と考えると心が温かくなります。

 

その人のことが知りたくて知りたくてしょうがない。昔に感じたその気持ちは自分がいちばん大切にしていたもので、ましてや他人が決めるものでもない。

信頼関係という「相手があって成り立つ」ものではなく、自分が決める大切な気持ちこそが「幸せな不倫」なんだと思います。

 

本日もご閲覧ありがとうございました。




あなたにおススメの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA