二人が「同じ気持ちや考え方」で不倫を続ける必要はありません

不倫パパつぶやき

The following two tabs change content below.
不倫パパ
管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング

私事なのですが、ここ最近娘たちと遊ぶ時間が少なくなりました。

私自身はいつもと変わりないのですが、どうやら下の娘も学校が終わってからすぐ「17時まで遊んでくる!」と言って友達と遊びに出かけてしまうのです。こうしてだんだん父親の出番が少なくなっていくのだと、かなりの寂しさを感じております・・・(涙)

 

Sponsored Link



好きな人といる居場所

「なに良いパパぶってんの」って感じかもしれませんが、娘といえど大好きな相手と距離を感じていくのは寂しいもんです。娘たちが巣立っていった後のことを考えただけでも、今からその喪失感の大きさにビビるくらいです。

恋愛の時の好きと、家族愛での好きはもちろん違いますが、ここ最近は意外にそうでもないんじゃないかと感じる部分もあります。

だれかのことを好きになっている時というのは、相手にも自分と同じ気持ちでいてほしいと思うもの。同じ時間を過ごして気持ちを共有して繋がっているという実感を得られる。

だからたまにケンカをして機嫌が悪くなったとしても明日にはちゃんと仲直りしてるんだろうなと分かってるし、その居場所が心地いい。

家族だろうと他人だろうと、どれだけ性格が違っていようと年齢が離れていようと、こみ上がる「好き」の感情なしでは人と人との心は繋がらないと思います。

 

相手といる居場所の感じ方

お互いに無理をしないでそのような気持ちになれれば理想ですが、不倫ではどうしても無理をしなければいけない。お互いの時間や、仕事、家庭においての都合もある。不倫に対する考え方自体も違ってくる。

でも、考え方が違うからといって自分の気持ちを強要したり簡単に別れを選ぶのは悲しいことです。

 

二人が全く同じ考えを持つ者同士なら、きっと二人でいる必要はないです。私の場合は不倫に対する考え方や価値観が相手と全く同じだったと思います。

考え方が違うのは当たり前。

だから二人でいる意味があるのだと思います。

それぞれの気持ちをぶつけ合うのではなく、時間をかけてお互いの不倫に対する価値観を見つけていかねばいけない。そうすることがお互いの心をかためていける気がします。

同じではない、違う二人だあるからこそ意味があり、もっと深いところで結びつけるはずです。

 

生きていると常にいろいろな選択があります。

仕事においても、家庭にあっても、これで良かったのかな?もっと素直に聞いておけばよかったかな?もし間違ってたらどうしよう。

それに加えてさらにお相手さんとの関係に喜んでたり不安になってたり、心は常に忙しいですからそのたびに気持ちが大きく動かされてしまっては必ず疲れてしまいます。

いつでも優しい関係でいられればいいのですが、どんな状況に陥ったとしても自分を見失わないようにするしかないと思います。

 

この環境は変えることはできませんが、常に自分の心に芯をしっかり持つことはできます。

頑固になるのではなく、柔軟にしなる枝のように、大地に張る根っこのように。

それは不倫を続けていくうえで大切なことです。自分を知ろうとしたり、見つめなおそうとする気持ちは私も常に持っています。その気持ちがきっとそのあとの流れを大きく変えていけるものだと思います。

 

周りの声や評価などを気にせず、自分が自分らしく、あなたがあなたらしくいられる。

その居場所というのが、お二人でいることだと思えたら。

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

 




Posted by 不倫パパ