不倫で別れたことを後悔しないためにしていくこと

SPONSORED LINK


私は不倫相手と別れてから、およそ三年半が経ちました。

別れたことに対して後悔はしていません。

 

もう三年半も経つから「単純にどんどん忘れてるだけなんじゃないの?」と言われれば、それまでなのですが(笑)

「もう忘れてきたし・・・まあいっかー」というよりは、「やっぱり辛かったけどあそこで別れてよかったんだなー」と思っています。

おそらくこのブログをご覧になっている不倫で別れた方がいらっしゃったら、そんな気持ちには到底ならないと思います(涙)「友達でもいいから戻りたいっーの!!」と私も自分がこんなに女々しかったのかとショックを受けましたから。

 

このブログをご閲覧されている方は、不倫中、もしくは別れてまだ間もない方が色々と彷徨いこちらに来られたと思います。ですので、その方は今から三年後くらいに「こんな記事を読んだな~」と思い出してもらえたら幸いです。

 



「セロパンダ」を娘と作りました。

話は変わりますが、この三連休皆様はいかがお過ごしでしょうか?

私は家族でテーマパークに遊びに行く予定で・・・したが、上の娘が風邪をひいてしまって、家で皆で看病してます。とっても楽しみにしてたのに上の娘も下の娘も残念そう(涙)

いつもだったら、

下の娘「ねぇねのせいで○○○に行けなくなったよ!!!」なんてケンカになるとこなんですけど、こんなことを言いました。

下の娘「ねぇねのために、セロパンダ作ってあげようよ!!!」

※画像引用元「ニチバン公式サイト」より

 

以前に私が見つけて「みんなでやろう!」と買ってきたのですが、今までやらなかったんです。その理由は・・・

ドーン。

100円ショップで購入した「セロテープ」と「白いビニールテープ」。

 

娘二人「これ・・・セロパンダじゃない・・・」

だって近所に売ってなかったんで、同じようなもんじゃん!って私は思いましたが却下されたシロモノです(涙)

ただ、風邪でグッタリしてるおねえちゃんを喜ばせようと下の娘が「作りたい」と言ったのが感激で、「じゃあ二人で作ろう!」とさっそく始めました。

 

セロパンダの作り方

セロパンダの公式サイトを見ながら、まあ本物ではないですが(笑)まず私がパーツを作っていきます。

チラシで体のパーツを作り、セロテープでグルグル巻いていきます。

で、下の娘に「どんなポーズにする?」と、テープを輪っかにしたやつでパーツを取り付けてもらいます。

それをまたセロテープでグルグルととめていきました。

おおっ、なんかパンダっぽくなってきた。

「じゃあ白いテープで巻いてみよっか。」と、下の娘に白いビニールテープで巻いてもらいます。

・・・と、ここでビニールテープだと少し素材が硬いので、娘が巻いたら「ミイラパンダ」のようになってしまいました(涙)

なので私が力を込めてギュウギュウと巻いてキレイにしていって、最後に娘にパンダの顔と手足をマジックで塗ってもらいました。

完成!

ビニールテープパンダ!!(笑)

 

寝室で寝ているお姉ちゃんに持っていきました。お姉ちゃんは「私のせいでみんなで行けなくなってゴメンね・・・」と、だいぶ気持ちも弱ってましたが(涙)セロパンダを持っていったら喜んでくれました。

上の娘「かわいいけど、なんかカッチコチだね・・・(笑)」

それは私がパワーMAXでビニールテープを巻いたから(笑)そんな話で大笑いしながら、なんとか夜に少し熱が引いてきました。

まだ寝苦しそうですが、おねえちゃんの枕元に置かれているセロパンダがきっと風邪を治して明日は元気になってくれると祈っています。

 

不倫で別れた時の気持ちをしっかり持ち続けてください。

私が不倫相手と別れた時の、最後のLINEのやりとり。

私はバカ正直に自分の気持ちは相手に伝えていたので、本当に辛くて悲しかったですが「○○がいなくなっても娘の笑顔があればなんとか頑張ることができる」なんて、相手の気持ちも考えずに思ったことを素直にLINEで伝えました。

三年半前のその当時のブログでは「そんなんだからフラれるんだよ!」みたいなことを言われてましたが(笑)

 

ただ、その時に言った私の言葉が、常に今も根っこにあります。

 

偽りなく大笑いができて、その笑顔のためにと毎朝気合を入れて起きて、一日一日を過ごしています。

私は不倫ができるような甲斐性もなく器用でもないので、あのまま不倫を続けていたら嘘をつく毎日と心から笑えない生活に、きっと精神がおかしくなっていたかもしれません。相手にとってはそんなことお見通しだったんでしょう。

別れてから今まで、その笑顔があれば、その笑顔のためにと、

妻には毎日色々と細かいグチは言われますが(笑)不倫しておきながら偉そうに言えるものではありませんが、その気持ちには嘘偽りがありません。

 

相手も同じように月日が流れていて、LINEのタイムラインで成長したお子さんの笑顔をあげてくれていると「向こうも同じなんだな」と感じます。「やっぱりあの時別れてよかったんだな」と思うことができます。

別れたその時に感じた素直な気持ちでしか、その気持ちをずっと持ち続けることでしか、そこに辿り着けなかったと思います。

 

 

だから、別れてすぐの時には、後悔していないと素直に思うことは不可能です。

素直な自分の気持ちは、色々と叫んできます。

「フッたことを後悔させてやる。」

「絶対もっとキレイになる。」

「他にもっと素敵な相手を見つける。」

「今より必ず幸せになる。」

これから相手がいなくなると考えた時に、どうしなきゃいけないか?とその時に素直に思った気持ち。

その気持ちをこれからの人生に持ち続けることでしか、別れた恋愛を意味のあるものにすることができないのだと思います。

 

あと三年後くらいに「あの時はどう思ったんだっけ」と振り返ってみてください。三年もすると色々忘れてしまっていることもありますが(涙)毎日その気持ちを忘れないでいれば「やっぱり別れて良かったんだな」と。

「セロパンダ」で思い出してもらえたら幸いです。

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

あなたにおススメの記事



3 件のコメント

  • パパさん
    不倫に、本当の幸せはないんですよね。

    「別れて正解だった」
    早い段階で、そう思えたのは、やはり奥様とお子様の存在でしょう。

    そう考えると、やはり既婚と独身の組合せは、一番ツラいパターンですね。
    どんなにポジティブに考えても、既婚側のメリットしかなく、独身側には塞がらない傷が残るのみです。

    こちらのブログは、Wの方が多いと思いますが、もし、既婚とお付き合いしている独身の方がいらしたら、どうか勇気を持って、お別れをして、自分自身の幸せのために毎日を過ごして欲しいと思います。

    どんなにお別れがツラくても、不倫関係を続けることほどツラいことはありません。

    既婚者の貴方への言葉は、ウソではないかもしれません。でも、その言葉は既婚者の夢時間の中でのみ有効です。
    配偶者やお子さんがいる現実世界に戻れば、なかったことになるのです。それを忘れないでください。

    それが独身の方にとっての「不倫で別れたことを後悔しないためにしていくこと」になるかもしれません。

    • Nさん
      はじめまして、コメントを読ませていただいて、とてもお辛い胸のうちが伝わりました···Nさんはお別れしてしまったのでしょうか?

      私は先月お別れしました。

      本当に··都合のいい演出だとわかっていても、彼の言葉を思い出しては涙したり、

      また、会ってもよけいに辛いのがわかっているのに連絡を待ってしまったり。

      「辛い時間からお別れできたんだから、自分を大切に生きよう!」とスッキリ思える時間も出てきましたが、

      そんな時間は一瞬で。
      寂しさと、伝えられなかった気持ちや果たせなかった約束を思い出します。

      会い続けていてもただ辛い時間が続いただけ。
      お別れして良かったと、前向きに自分のために時間を使い、苦しい恋ではなく穏やかで幸せな恋が訪れますように^^

  • かほこさん

    かほこさんも独身でしょうか。
    先月お別れしたばかりでは、まだまだツラいですよね。

    でも、かほこさんも言っているように、お別れする前までは幸せだったのかといえば、そうではなかったはずです。

    それでも、やっぱり元に戻りたいと思ってしまう瞬間があると思います。あの背徳的な妙な幸福感は、まやかしなのに不思議なものでなかなか忘れることができないものです。

    私はまだ完全にお別れしていませんが、確実に冷めてきています。楽しい時間はありましたが、幸せではありませんでした。
    これまでの年月をなかったことにしたいほど、自分を大切にしなかったバカな時間を過ごしたと感じています。

    かほこさん、太陽の下を堂々と一緒に歩ける人と出会え、平凡でも幸せだと感じられる恋に巡り会えますように。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA