不倫相手が最近「大好き」と言ってくれない原因は・・・

不倫パパつぶやき

The following two tabs change content below.
不倫パパ
管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング

ところで皆様方は、

お相手さんのことをよく褒めてますか? そして褒められてますか?

それって、実はお相手さんが「大好き」と言わないことと少し関係があります。

 

例外もあると思いますが「不倫」は純粋な恋愛感情で支え合ってる関係、男と女の素直な「好き」の気持ちで成り立つ関係だと私は感じます。

あなたがお相手さんに「大好き~💕」と言う言葉の中には「かっこよすぎます!😗」「素敵すぎます♪😍」というような気持がもちろんセットになってるとは思います(笑)

「大好き」と日ごろから言ってれば、あえて「かっこいい」とか要らないかな?と思われるかもしれませんが、まったくそんな事はなく、男は褒められれば見慣れた妻であったとしても少なからず気分が良くなるものです。

ですので、たまには「大好き」という言葉で実はラクをしていると考えてみるのもいかかでしょうか?

 

Sponsored Link



相手に自分の好意を伝えたくてしょうがなくなる時

ところで私ごとですが、今ブログを書いていて実はとても気分が良いんです♪

それは今日、二人の女性に自分を褒められたからなんです。

一人は33歳のキレイな主婦の女性に、もう一人は30代後半の見慣れた主婦の女性・・・あ、私とタメの妻でした(笑)

まあ妻のことは後回しで、キレイな主婦の女性にこんなふうに言われたのです。

 

33歳美人妻「え~!絶対私と同い年くらいか下だと思いました。見た目ぜんぜん若いですよ。ウチの会社の(不倫パパ)さんと同年代の男性はもっとオジサンが多いから・・・髪型も服装もオシャレだし、すごい素敵です!」

えええ~~~!!

あなたの事、好きになってもいいですか!!!

なんて言えませんが(笑)お世辞でもそんなふうに明らかに好意的に褒められると、単純な私は一瞬にしてその主婦の女性に心を許せるように感じてしまうのです。

 

そしてそんなに気分よくしてもらったので、こちらも自分の好意を相手に伝えたくてしょうがなくなり、

不倫パパ「残念ながら何も出ないのが申し訳ないのですが(涙)ただ、その言葉はそっくりそのまま(33歳美人妻)さんにお返しします!だって明らかに20代にしか見えないですし、お子さんがいるなんて信じられませんよ。「素敵」なんて思い出せないくらい久々に言われて少しドキドキしました(笑)」

 

お互いに好意的なやりとりの時って、なんとなくそれが分かりますよね。それを感じながらきっと私たちは互いに気分が良かったんだと思います。

その女性とは初対面で、仕事の取引先で紹介されて今後直接関わりあうことはない方なのですが、なぜだかもっと話したい気持ちになったのは、その女性の観察眼の鋭さ表情の輝きに他ならないと感じました。

「シャツのストライプのカラー」と合わせた「時計のベルトのカラー」などズバズバ褒めてくるし、ただ褒められたところで言葉だけなら気持ちは動きませんが、表情の輝きが言葉以上に心に入ってくるのです。

おそらく、とても仕事がデキる女性でしょう・・・。

 

不倫相手への「大好き」をNGワードにしましょう。

相手へ自分の好意を伝えるには「大好き」と言葉にして伝えるのが間違いがないと思います。

ただ、お互いのことを何も知らない間柄だとしたら、いきなり大好きなんて言われたらどれだけカッコいい男性だったとしてもドン引きしますよね(笑)

きっと皆さまも大好きなお相手さんには「大好き」と、何十回も何百回も言葉にしていると思うのですが、その「大好き」が気兼ねなく言える関係に甘んじてしまっていると「大好き」の価値観が少しずつ薄れてきてしまうようにも感じました。

 

もし、最近関係がマンネリになってきている・・・とか、居て当たり前のかんじになってる気がする・・・とか、あまり相手から好きって言われてないな・・・とか、不倫の恋愛に対して少し疑問を感じている方がいらっしゃったら、

一度、大好きという言葉を封印してみませんか?

 

そうすると、お相手さんにどう気持ちを伝えるか?きっと今までよりもお相手さんを「見ること」が増えると思います。そしてその気持ちを伝えるために「表情」も変わると思います。

そうすると、お相手さんも変わると思います。その気持ちが十分に伝わったら、きっとお相手さんもその気持ちを伝えたくてしょうがなくなると思います。

 

恋愛をしている二人は「合わせ鏡」そのもので、不倫という打算のない純粋に好きな気持ちだけの恋愛ほどそっくりそのまま自分に返ってくるものです。

「大好き」が足りてないときほど、もしかしたら「大好き」でラクをしているのかもしれません。

 

・・・あ、妻に褒められた話を書くのを忘れました(笑)気が向いたらまた書きます。

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

 




Posted by 不倫パパ