不倫相手に「重い」と言われた事がある方へ

SPONSORED LINK


不倫相手からの「重い」という言葉は、

不倫の恋愛をしていて、お相手さんからいちばん言われたくない言葉だと感じます。

おそらく、この言葉の後に待っているのは別れの運命でしょう。

 

私も以前に勘違いをしていたことがあります。それは「好きすぎて友達には戻れない」という気持ちを自信満々に思っていた事です。

おそらく、そんな重い気持ちを相手にぶつけなければ今でも関係は続いていたかもしれません。

もし今、不倫の恋愛で「好きすぎる」という気持ちを誇らしく感じている方がいらっしゃったら、是非ご閲覧頂ければ幸いです。

 



真実に価値があると思ってはいけない

以前に、

私は不倫相手と別れた後に、一度連絡をもらったことがありました。

私はその時点で「復縁ができるのかも?」と舞い上がってしまったのですが、それは違いました(涙)

また以前のようにLINEはしたい

逢ってた頃くらいにダイエットができたら、またカラオケに行きたい

そのような内容でした。

 

選択肢として、友達としてまた繋がることはできました。

私はその時に「好きすぎて友達に戻ることはできない」と答えました。それ以外の答えは無く、それが当然すぎて友達という選択肢は不可能でした。

そこから連絡は続く事はありませんでした。

 

今になって思うと、相手の気持ちを考えない重い言葉でした。

なぜって、私にとっては全く重くないからです。ありのままの感情で、真実で、むしろそうでなければ相手にとって失礼にあたるとすら思えたからです。

 

「好きすぎる」という言葉は、自分の気持ちを優先する依存の言葉です。

不倫の恋愛を続けていくには、様々なリスクも伴う上で相手の状況や気持ちを優先することが必要です。

自分の気持ちを優先する言葉というのは、不倫関係においてはありがたくもなんともなく「重い」言葉だと心得ておかねばなりません。

 

不倫は好きすぎてはいけない純愛

よく「不倫は純愛」とも言われます。

私は、それもどうか?と思っています。

 

確かに、結婚を目的とする恋愛だとしたら、結婚がしたくて恋愛のフリをしている事が純愛かと言われれば違うでしょう。

何も目的としない、ただ「好き」という気持ちの繋がりだけの恋愛。

結婚も何も要求しない不倫の恋愛こそ、純愛なのかもしれません。

 

でも、その「好き」は、楽しむだけのものでなければなりません。

楽しむ以外に、何も他に求めてはいけない。

お互いが楽しいと思えることだけ考えるのが、不倫を続けていくための義務のような気がします。

 

私は、人の気持ちに白黒はっきりつけたがる性格ですが(涙)

むしろグレーでなければ相手を追いかけ続けることはできないのが不倫だと、今になって思います。

 

ただ、

不倫を続けていくと、どちらかが「重い」時というのは、必ず来ます。

その時は、間違って重くなってしまったお相手さんを、笑って包み込んであげることが出来るかどうか。

 

「好き」の繋がり以外に何もない、不倫が純愛だとするなら

「好きすぎる」

なんでこの気持ちが分かってもらえないの?と思う方はいるでしょう。

 

それこそが、不倫の恋愛の矛盾だと気づいて下さい。

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

 

あなたにおススメの記事



13 件のコメント

  • 泣けてきますね。
    約1年前。彼と私は、社内・婚外恋愛から始まりました。そして、彼は年度末の人事異動で職場をあとにしました。本部執行みたいなものなので近くなので、時々、顔は会わせますが、常日頃一緒に仕事をしていたので やっぱりさみしさもあります。
    2人きりで会うことはなく連絡手段はメールだけ。文字だけで、いかに伝えるかは至難の技です(笑) きっと、これまでも行き違いあっただろうし、これからもあるんだろうな。

    本題ですけど、割り切った恋愛だとはいえ、恋愛感情のなかには「相手を守りたい」「相手を支えたい」みたいな気持ちわいてきますよね。それを伝えるか?否かは相手にもよりけりでしょう。

    先日、彼に気持ちを伝えたくて「だいすき」と送りましたが「こんな俺に・・」みたいな、少し後ろめたというか、自信のなさを感じる返信でした。
    それに対し、言っちゃったんですよね。「その感情も含め、ありのままを受け入れる自信がある。大丈夫だから。」「もちろん、お互いの生活を尊重したうえでだけど」って。知っていて欲しかったんです。いつも、ありのままの彼を受け入れて見ている人が居ることを。

    重いですかね~。男の本能は守りたいでしょうけど、女としては彼に自信をもってもらいたくって。本当に素敵だし、格好よくって。頭もきれるし。彼の遊び心も大好きだし。

    自分中心の恋しちゃっているかな。。
    彼のこと考えてない発言しちゃったかな。。

    自信満々だったけど、投稿記事を見て、何故か凹む私。

    • さきちゃん。さん
      コメントありがとうございます。

      男が相手に求めるものは「癒し」であったり、「楽しさ」であったり、またどんな時でも自分を受け入れてくれる、認めてくれるという承認欲求を満たしてくれる存在だったりします。
      私は以前に、同僚に「なんでそんなに仕事頑張れんの?」と言われていました。その時はどれだけ仕事がきつくても、また相手に会える日の事を考えると仕事も何でも頑張れる力をもらっていたような気がします。
      仕事や家庭でイヤな事があっても「自分には〇〇がいる」という、その存在が根っこにありました。

      「私の存在意義ってあるのかな?」みたいな事を相手に言われた時がありました。私は「何言ってんの?!」みたいな気持ちでしたが、日頃私が娘と遊んでいる話を楽しくしたところで、楽しくやってるなら私の存在は要らないじゃん?と思われたような気がします(涙)

      相手にとっての自分は何なのか?自分はどうしてあげたらいいのか?と、色々と考えてしまうとどうしてもその気持ちをすり合わせなければいけない気がしてしまいます。

      でも本当は、考える事も追及する事も伝える必要もないことで、
      色々な不倫のカタチがあるとは思いますが、「私には○○がいる」とさえ、心にあればいいだけのような気がします。

      それが、簡単にできないんですけどね(涙)

      是非また覗きに来てください。

  • パパさん、、、
    私は今まさに、彼と別れて、ラインでたまに連絡をとっている状態です。
    仕事でたまに顔を会わさなければならいけないので、彼は大人の対応として、
    友達として繋がって行こうと言ってくれたんだとは思うのですが、
    やはり、私だけが未練タラタラです。
    パパさんは、別れて、数年経つと思いますが、
    友達としてでも、繋がっておけば良かったと
    思いますか?
    私は、友達のつながりが、辛くて、
    もがいています。
    でも、繋がりを切ると後悔しそうだし、、、
    迷ってます。
    友達として、繋がっていた方が良かったか、
    全く切ってしまったけど、その方が吹っ切れたのか、今の心境はどうですか?

    すみません。
    教えて頂きたいなと思い、質問してしまいました。

    • kouさん
      コメントありがとうございます。

      別れた当時は、ブログでも書いていたように私もそうとうにもがいてました(涙)
      ふと思い出すたびに、これからもずっと胸がシクシクする感覚が付いて回るのかとも思ってましたが、今は素直に吹っ切れたと言えます。

      友達という選択肢もありましたが、きっとそのほうが確実に今より長い期間を辛い気持ちで過ごすことになったと思います。
      kouさんと同じく未練が大きかったので、辛いと思う未来が分かりきってるなら選べない。「好きすぎて無理」は相手にとっては執着ですが、私自身はその気持ちを貫いておいて後悔はなかったと言えます。
      「そう簡単に言うな!」のお気持ちも痛いほど分かります(涙)

      もし、あんなに好きだと思えた人が、自分に対して本当に友達に接する気持ちになってしまったら、また自分自身もそう思えるようになってしまったら。
      隣りに居れたとしても、それもまた悲しいです。

      大好きな相手の笑顔も、「友達」として向けられる笑顔でも良いと言える自信が、私には無かっただけなのでしょう。

      是非また覗きに来てください。

  • パパさん こんにちは
    いつも 拝見しています。
    私は 今 4年目になる 彼がいます。昨年末までWの関係でしたが
    今年になって 彼の離婚が成立し フリーになりました。
    今までは どこかで 待ち合わせて逢うという スタンスできていましたが
    彼は アパートを借り 私が 会社帰りに寄って 何時間か過ごすというふうに
    変わりました。
    最初は うれして 毎日 行ったりして 楽しかったのですが
    何か月かすると なんだか 半分夫婦みたいな 空気感というか
    料理作って 一緒にたべて 方付けて ・・・
    お互い 愛情表現もなくなり 
    それが 少しさみしくなってきていて
    私と逢うより 今は お子様に逢う 喜びの方が 楽しみみたいな彼が かいまみれて 
    もちろん 気持ちも分かるし どうしようもない事だけど
    少し そのことに ある日 ふれてしまいました。
    彼は 子どもと 私は 全然違うものだから 比べるのが おかしいと・・・
    もちろん 分かっています。
    でも 言葉なんですよね 欲しいものって・・・
    それを 望んでしまいます。
    でも きっとそれは 彼にとって 重いって事なのでしょうね・・
    そこまで 望んでは いけないのですよ。 
    自爆していくと 私がいなかったら もっと子供に逢えるのに 邪魔してる
    とか もう やめてしまおうかとか・・
    色々 自分の中で 試行錯誤しています。
    でも 彼に逢えば 普通に接して また いつも通りに戻ったりしています。

    先日 野球観戦に 彼と子供と 私(会社の友達の設定) で行ってきました。
    とても 良い子達でした。
    から揚げと卵焼きを 少し用意して 観戦のおつまみとして 持参した所
    子供たちが パパの家の から揚げと卵焼きの味がするって!
    驚きました
    それは そのはず。
    私が 作ってるから  味覚が凄すぎる

    そのまま スルーしましたが
    そんな こんなで 上がったり 下がったりを繰り返しながら
    この先も まだ 彼と繋がっているのだと思います。

    していると 

    • ちあきさん
      コメントありがとうございます。

      お相手さんが離婚される事で逢瀬の制約が少なくなった分、今までよりもだいぶお二人の時間が増えたと思います。
      今のちあきさんとの関係は、お相手さんにとっては独身中の恋愛そのものなのでしょう。
      奥さんとお子さんの存在があって、帰る家があった。でも、それがなくなった。

      私は結婚して主婦になったとしても、今まで以上に家庭を大事にすることができて、活き活きと輝いて笑顔で毎日が送れれば、この関係が全て悪いとは言い切れないと思っています。
      ずっとそばに居れないのを悲しむ不安は不倫の恋愛に限ったことではないですが、女性が「彼しか見えていない時」によく見えるものは、逆に自分自身だと思います。
      お子さんと比べてしまう事や自分の存在が何なのかという疑問を持たれる事は、きっと独身女性が抱える不倫の不安に近いものです。

      お相手さんは不倫であることを忘れて、恋愛とお子さんとをの関係を続けている。
      言い方は悪いかもしれませんが、ちあきさんの立場を忘れて甘えている部分があるように感じます。

      ちあきさんにとってお相手さんは大切な存在だと思いますが、でももっと、何より大切なのはちあきさん自身です。

      是非また覗きに来てください。

  • パパさん、お久しぶりです。
    2年程前にコメントさせていただいたことがあり、パパさんのことがとても気がかりで、いつかまた彼女と復縁できたらいいなと願っていました。

    このブログがとても私の気持ちと重なって納得することが多くあったのでコメントしました。

    思い返せば、ずっと彼にとって「重く」ならないように気をつけていたと思います。

    高校の同級生で大学時代にお互い初恋初体験の相手でしたが、2度振られています。その時はなぜかわからずただ辛かったのですが、今思えば彼にばかり目がくらんでしまった私が重くなったのかとわかります。

    その後別れてから17年ぶりに40歳のとき同窓会があり、彼は単身赴任中の東京から参加して、翌日彼から電話がありました。
    「地元に帰ったら懐かしさだけでまた会ってくれるか」と言われ、舞い上がり、「17年間1日も忘れたことはありません。」と思いを込めて言ってしまいました。
    共に結婚していたから、彼には本当に重い言葉だったのでしょうね。
    でも私は何も考えず必死でした。
    その後20年程何の連絡もありませんでした。
    また同じ間違いをしてしまいました。

    60歳になり年に1度同窓会が開かれるようになり、また会う機会があり、数年前たまたま帰りの電車で2人だけになったとき、「君と結婚していたら人生が変わっていたね。死ぬときは君のことを思うよ。」と言われ、また舞い上がり、その言葉だけで生きてきてよかったと本当に幸せでした。
    彼の言葉は私にとっては重い言葉では決してなく、ただただ幸せな言葉でした。

    更に何年かして私たちは再開しましたが、私は夢のような幸せの中で
    ふと何気なく、「もう私の片思いじゃないよね。」と言ってしまいました。

    「好きか嫌いかと聞かれたら好きだ。でも昔の気持ちは全くない。
    セックスパートナーだ」

    ああ、また重い言葉を言ってしまったんだと気がつきました。
    その後、もう会わない方がいいと私の気持ちを伝えましたが、引き止められ今に至っています。

    「心はない。」と言われてからはお互いの心や気持ちに関わる言葉はタブーとなり、私からは何も言えません。

    多分同じ言葉でも、重いと感じるか、嬉しいと感じるかは想いの深さの違いでしょうか。

    こんな関係でも不思議なくらい私は幸せなんです。
    彼の瞳、眼差し、表情から心を感じるからです。

    「真実に価値があると思ってはいけない」
    「不倫は好きすぎてはいけない」
    とてもわかります。

    私たちはもう71歳、言葉には出さずとも、最後まで、自分の真実と好きな気持ちと向き合っていきます。

    前のコメントと重なっていて長くなってしまい申し訳ありません。

    • 色ちゃんさん
      コメントありがとうございます。

      先日に読書感想文を書きました「デキる男は不倫する」という本に、「自分のサイズにふさわしい議論をしなさい」というような言葉が載っていたのを思い出しました(笑)
      ついついこの場所では好き勝手言ってしまうのをお許しください(涙)

      自分自身の体験と向き合いながら長くこのブログを続けているような気持ちでおりましたが、色ちゃんさんのお言葉に、自己を肯定しながらでは学ぶことはできないと感じています。
      きっと重い言葉とは真逆の、いつでも離れて構わないという選択肢があれば、かえって大切に思うのかもしれません。
      矛盾を矛盾のままに抱えていく心と向き合えるには、想いも強さも必要だと感じます。

      なんだかんだ言って、私はいまだに大好きだった人のLINEのタイムラインを「最近全然更新がないなー」なんて思いながら見てしまいます(笑)
      そうやって、これから何年チラ見していくのでしょうか・・・は分かりませんが。

      是非また覗きに来てください。

  • パパさん、初めまして。
    Wになって2年、最近こちらに訪問するようになりました。
    私は、パパさんにどうしてもお礼が言いたくて。誰にも相談出来ない悩みを、こんなに分かりやすく語って下さって、本当に感謝しています。
    まだ読み切れていませんが、共感する内容がたくさんあります。

    「重い」言われたことあります。
    私達は、20年振りの復活組、遠距離でのスタートに運命を感じました。
    再会してから、私の方が盛り上がってしまい、3ヶ月位の時に、「このラインのペースだと重い」と言われ落ち込みましたが、「この前は言い過ぎてゴメン、また適度にラインして」と、フォローがありました。
    1年間位は、私は離婚して一緒になりたいと思っていましたが、ある日ラインの会話で、彼にはそのつもりが無いことが分かり、私も割り切って付き合おうと思うようになりました。
    会う前のタイミングで、先日の「鏡」の投稿を読んで、ついニヤケてしまう私は、これでいいのだと納得しています。
    家族にも、周囲の人(友人は余りいないそう)にも話せないことを話してくれるので、私の存在意義も感じられます。
    会えるのは年に数回ですが、家族を大切にしつつ、彼の存在があってトキメキを持っていられる今の状況、幸せを感じています。

    今不安なのは、いつかは来るであろう「別れ」パパさんのアドバイスのように、心の準備をしようと思いました。
    ありがとうこざいました。

    • うさこさん
      コメントありがとうございます。

      私のブログは思い付いたまま書きなぐっているので、どうか共感して頂ける部分だけ共感して、それ以外はスルーしてください(笑)
      お礼だなんてありがたいお言葉、ただの感情まる出しの文章にて恐縮です。

      本当はお互いが割り切って付き合えればとは思いますが、きっとそう思っている人ほど深くのめり込んでしまう関係です。
      でも、倫理だけでは愛を語れないような、この恋愛の存在をしっかり把握していくべきという時代になっているようにも感じます。

      お互いの想いの大きさの違いから、不安なんていくらでも出てきます。
      言葉でなら、何とでも言える繋がりの様な気もします。

      先日、娘達と一緒に「手品」の番組をテレビで見ていました。私は「絶対にこれあそこで何かやってる!」なんてタネを見破ろうと見てました。
      その真実にしか価値を見出せない見方で、見てました。
      たぶん、そうじゃないんですよね。

      そんなタネも仕掛けも全部込みで、ただ純粋に楽しませてくれる。
      そんな心意気と心の準備が必要なのかもしれないと、改めて思っています。

      是非また覗きに来てください。

  • パパさん、こんばんは。

    重い、、、難しい問題です。
    だいぶ前に、彼の元カノさんがとても情熱的な方で、最後は女性不信になった話しをされました。
    その時はそんなに好かれてるのに贅沢だと思っていましたが、今思えば確かに受け取る側の器を試してるなと感じます(汗)

    でも言わなきゃ分からないこともあるし、難しい、、、、。
    想いは秘めるくらいが丁度良い、が長続きのコツでなんでしょうか(-.-;

    • ササメキさん
      コメントありがとうございます。

      この恋愛に至るまでに、お互いに様々な恋愛の歴史があります。
      女性不信になったお相手さんも、それを包み込んでお付き合いしているササメキさんも、きっとこの恋のもたらす幸福感と、出口のない辛さに襲われることを味わうこともあると思います。
      その感情の波が交互にやってきて終わりがないのが不倫の恋のように感じます。

      どれだけ想いを言葉にしても、ただその波に抗わずにいるしかないのでしょう。
      でも一つだけ確かなことは、終わってしまう事があってもその恋に真摯に向き合っていけばササメキさんが後悔するような結果には決してならないと思います。
      二人はずっとお互いの事を想い合っていけるのだと思います。

      またいつか、なんて言わないのがもしかしたら長続きのコツかもしれませんね。

      是非また覗きに来てください。

  • パパさん、初めまして

    W不倫が終わろうとしている者♂です。
    付き合い始めて2年半ほどになりますが、その間何度も喧嘩しては元に戻り、元に戻るとお互いの事をよりわかった気がして穏やかになるの繰り返しだったような気がします。
    自分がそう思っているのと同じように、お相手さんもそう思ってくれていると勝手に考えていたんでしょうね。
    でも、そうじゃない時…それが自分の身勝手な勘違いだった時…
    重くなってしまっていた気がします。
    「重くならないように」と軽い言葉で伝えても、そっけない返事だったりすると、逆に辛くなってしまっていた気がします。

    LINEの淡白なやりとりを続けるより、今が潮時なのだと自分に言い聞かせています。

    パパさんがおっしゃられるように、自分もお相手さんと「友達の関係」にはなれないと感じています。
    お相手さんがどう思っているかはわかりませんが 笑
    何も考えずにただただ大好きだった人の隣にいる自分は、大好きで思われていたい。
    そう思われていないのであれば、隣にいない方が健全な心でいられると思ったからです。

    長くてすみません…
    W不倫を終わらせると決めてから、心の整理をする為に色々と検索していたら、パパさんのブログを見つけたのでコメントさせて頂きました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA