彼とのこと。




in-autumn-968348_640

不倫パパさん、みなさんこんばんは。

初回の投稿では大まかなことしか書かなかったので、

情報不足な点が多々あったこと・・・すみません。

 

私は既婚、彼は独身です。

彼と付き合いだした頃、彼にどういうつもりで

私付き合ったのか聞いたことがあります。

単なる割り切った遊びの関係で付き合っていきたいのか、

それとも将来のことも含めたことを考えてのお付き合いなのか・・・

彼は、既婚で子供もいる私と付き合うと決めた時、

将来は結婚して私の子供の父親になる覚悟を決めて告白したと言いました。

もし、私の子供が赤ちゃんは作らないで欲しいと言えば、

彼は自分の血の繋がった子供はいらない、とまで言ってくれました。

それからです・・・彼と真剣にお付き合いするようになったのは。

 

そして、もう一つ。

東日本大震災から今年で4年・・・もうすぐ5年目を迎えます。

この4年間で私の中での人生の価値観が徐々に変わっていきました。

詳しく書くと個人が特定される恐れがあるので、

本当の気持ちも含めてここに書くことができないのですが・・・

震災後日々生活していく中で、私の中での最終目標は移住することになっていきました。

ただ様々な事情があり未だそれができないでいます。

普通の生活をしているようでも、

実際は震災前と同じような普通の生活はできていない現状。

それは今も同じです・・・日々そんな気持ちを抱えながらの生活。

価値観の違う人に話せば否定される・・・そんな環境。

だからと言って彼とお付き合いしていいという訳じゃないですよね・・・

これも言い訳になってしまうのかな・・・

 

それでも私の気持ちを理解してくれ応援してくれ、

移住に向けてサポートしてくれたのは彼でした。

子供のことも私以上にきちんを考えてくれていたのも彼でした。

そんな彼だから意心地がよかったのかもしれません。

でもいつしかそんな彼の優しさに甘えすぎ頼りすぎてしまっていた私・・・。

 

「自分と付き合っていたらこれからの調停でhanaが不利になるかもしれない。

hanaには親権を取って欲しいから・・・そのためにも不利になる要素はなくした方がいい。

それに今はそれに(調停)集中して欲しいから・・・

だから、ここで1度離れよう。

でも必ずhanaと○○(子供)を迎えに行くから・・・」

彼は泣きながら私にそう気持ちを伝えてくれました。

そう言ってくれた彼の言葉を信じたい・・・信じようと思っています。

別れるという決断をしましたが、今も連絡は細々と取っています。

調停が始まるまでは私を支えたいと・・・お互いに支え合っていきたいからと。

彼もこれから環境が変わるので、私もそんな彼を応援し支えたいと思っています。

これから先、どうなるかわかりませんが・・・

今はただ将来のために前進していくのみ、です。

 

これを書くことで非難されること、

厳しいコメントがあることを覚悟で書いています。

でもどこにも吐き出す場所がなく・・・

気分を害された方がいらっしゃたら申し訳ありません。

 

不倫相手を分散しても…本当に良いの?
不倫で沼っている男性の方も…。これからお話しするのは「具体的な不倫の分散相手の作り方」なので、こっちでこっそりと書きます。



45 件のコメント

  • hanaさん

    ごめんなさいね。
    私は、自分以外の人を信じる事ってなくて。

    職務上でもプライベートでも多角的な視点から考えうる全ての可能性を洗い出して
    最悪の事態に備えるクセがついてしまっています。

    私が提示したのは、最悪の事態の場合でした。

    hanaさんが幸せになって、悔いのない人生を送ることを願っています。

  • hanaさん、前回の投稿のコメントから続きます。

    今回の投稿を拝見して、また見方が変わりますね。

    ・・・そ~でしたか。大変でしたよね。私は、hanaさんとそう遠くない所に住んでるかもしれません。でも、それほどの被害を受けていない私は、やはりhanaさんの実際の大変さ、過酷な状況は、なかなか理解してあげられないかもしれませんね。

    hanaさんは、自分の好き勝手で忙しくされてたのでは無かったのですね。一生懸命、現実を見つめて、未来へ向けて必死になっていたことを、ご主人にはなかなか理解してもらえてなかった。お相手の方は、そんなhanaさんと価値観が一致して、二人は絆で結ばれてしまった。・・・のですね。

    普通とはまた違う、このような過酷な状況での出逢いは、益々、結束が固くなりますよね。

    だからと言って、今回のhanaさんの行動が、正当化されるわけではないのですが、それはhanaさん自身が一番自覚されてますものね。

    私は、ちゃんとご自分で前を向いて、これからの厳しい現実に立ち向かうhanaさんを応援しています!非難なんて絶対にしませんから、また聞かせて下さいね。

  • hanaさん

    hanaさんの人生なので、これからのことはhanaさんが選択しながら決めていく道が幸せに続くものになるように、私は願うことしかできません。
    ただただ、それだけを願っています。

    私からなにか言えるならば、お子さんのことを1番に考えてください。離婚することが、お子さんにとって良いことである場合もありますし、離婚することが1番良い道ではない場合もあります。

    お子さんの年齢とか分かりませんが、今、1番話をしないとならないのは彼でも旦那さんでもなく、お子さんだと思います。

    どうして離婚するのか、
    これからどうなるのか、
    それを踏まえて、お子さんの気持ちをいっぱい聞いてください。

    人の口には戸はたてられません。いつかは本当の話がお子さんの耳に入ります。

    そのためにも、お子さんとちゃんと話をしてください。

  • hanaさん
    はじめまして

    なんだか
    ほっとしちゃいました

    割りきっての関係ではなく
    きちんと結婚を考えての
    スタンスのふりんというか
    恋愛で。

    価値観の違う
    パートナーと歩む人生と
    本当にしっくりくる
    パートナーと歩む人生では
    全然違うでしょうね

    本当に幸福感を感じれる相手と
    歩みたいですよね!

    がんばってくださいね!
    わたしもがんばります(^_^)

  • ☆つづき

    お子さまの為にも
    『あなたの為に我慢した』
    でなく、
    真摯に、誠実に
    正直に
    生きるお母さんの姿勢は
    命に刻まれるのではないでしょうか

  • hanaさん、おはようございます。
    そうでしたか…震災の…。
    そっかぁ。大変でしたね、そして…まだ今も尚大変ですよね。
    阪神大震災の復興も、未だに完全では無いので…そちらはまだまだなんでしょうね。

    なるほど~。今回の記事を拝読させて頂き…hanaさんは彼さんと生きて行った方が・・幸せかな?と思いました。甘いなんて、ごめんなさい。

    hanaさん、
    為さねば成る、為さねば成らぬ、何事も。上杉鷹山も言っています。笑
    これから大変でしょうが、頑張って前を向いて生きて下さい。
    幸せは、自分で決めたらいい。

    心から、hanaさんの人生が明るく幸せな物になるようにと…応援しています!ガンバレ♪(^-^)v

  • hanaさん
    事情もわからず厳しいことを言ってしまってごめんなさいね。
    私の家族も先の震災では関わりがあるので、現状は想像できます。

    幸せは自分でつかみ取って行くものなので、どうか前向きになってくださいね。

  • hanaさん
    初めまして。
    生きていく中で、思いもよらぬ経験をして、蓋をしていた気持ちにハッと気付く瞬間ってあると思います。
    どんな状況であれ、自分で前を向いて進もう、と決められたなら、進むのみですね。
    hanaさんにとってこの投稿は、相談ではなく、自分の心の整理、決意表明なのでしょうか。

    私が気になったのは、独身の彼が、他人の子供の父親になる、という現実をどこまで本当に理解出来ているのか、という点です。
    それに、結婚となるとお互いの家族親戚との付き合いも付いてきます。
    理想と現実のギャップは、現実を経験しないとわからない。この先、もし期待通りに事が運ばなくてもそれは仕方の無いことですね。

    それと、私は、家庭のことと、彼とのことは、「別の場所にある現実」と捉えています。
    それを、「割り切った遊びの関係」と、世間では言うのかもしれません。
    私は男女の愛は、婚姻関係だけが正解、とは思っていないので、生理的に受け付けなくなった夫との婚姻関係を続けていますし、大好きな彼との結婚は全く考えていません。
    ごっちゃにしてはいけないふたつの現実。
    本気なら離婚して一緒になるはず。そうでないなら遊びの浮気。これが世間一般論。
    ですが、私にとっては彼とのことは本気の不倫。本気の婚外恋愛なんです。
    これは、私の考え方。理解不能かもしれませんね。
    hanaさんは家庭のことと彼の事が同列にあるのですね。
    知り合いに、離婚して、独身の人と子連れ再婚した人がいます。10年近くなりますが、紆余曲折乗り越えて、幸せに過ごしています。
    いろんな人がいます。
    hanaさん、離婚して慰謝料を払いながら子育てもして生きていくのは大変だと思います。経済的な困窮は心が荒んでいくので…。幸せになられることを願っています。

  • hanaさん、初めまして。

    不可解で、どうしてもぬぐいきれない違和感が2つあります。

    まず、旦那さんが離婚を受け入れたこと。
    普通に考えたら、離婚はしない
    と言って、hanaさんの思い通りにはさせないという姿勢を貫きませんか?

    もう1つは、彼の人格者ぶり。
    彼の発言は、全てにおいて模範回答すぎます。
    私は、hanaさんの彼のような人に出会ったことがありません。

    私は独身です。
    将来は彼と結婚して、彼のお子さんの母親になる。
    なんて考えたことありません。
    それが、hanaさんの彼はそう覚悟して、付き合い始めたんですよね。

    hanaさん、離婚しないでおく方が失うものがなくないですか?
    金銭面での負担も大きいかと思います。
    旦那さんにない部分は、
    彼に補って満たしてもらえばいいのでは?

    離婚が、誰かの思う壺
    にならないことを願うばかりです…。

  • >ミキさん

    私も、その違和感を感じたため
    前回の記事で、彼は旦那さんから依頼された別れさせ屋である可能性を考えました。

    全てが真実であれば、この離婚は誰かの思う壺となる可能性が高いです。

    ただ、現段階でhanaさんにとっては
    婚姻状態を継続するメリットよりも、離婚をするメリットの方が上回っているようです。

    また、通常の調停離婚であれば弁護士は立てません。
    離婚裁判とならない限り、高額な弁護士依頼はしないのが通常です。
    慰謝料請求に関しても、調停が終了した段階で行うのが通常と思います。

    hanaさんの場合は、典型例ではありませんので
    私の超現実主義的な意見は何の参考にもなりません。

    hanaさんが悔いのない人生を送ることを願うばかりです。

  • こんにちは。
    nariさん、横からすみません。

    そうなんです。
    この記事を読む限りでは、hanaさんが離婚した方がメリットがあるんです。

    別れさせ屋が介入するには、細々と繋がってはいると書いてらっしゃいますが、彼さんが引くタイミングが少し早いのでは無いでしょうか?

    離婚するなら、hanaさんは…彼さんと一緒になる事を考えずに、一人で子供と生きていく覚悟をしなければいけないですよね。

    彼さんへの気持ちは置いといて、彼さんと一緒にではなく・・・自分がお子さんと生きていく覚悟。自分が一人で生きていく覚悟。それがなければ、離婚は一先ずやめた方がいいかな?とも思います。

    その覚悟があって初めて…
    彼さんと一緒に生きて行って欲しいです。

  • nariさん

    私も、最悪の事態をすぐ想定してしまいます。
    そして、弁護士の登場と慰謝料請求が早すぎる、と私も思っていました。

    人格者の彼らしからぬ発言
    の違和感があと2つあります。

    1つは、この関係を続けたまま調停に臨むのはよくない。
    将来結婚するために、一緒に立ち向かう、が模範回答です。

    もう1つは、慰謝料請求がきたけど、知らないことにしておいて。
    これが真実であるならば、hanaさんに余計な心配をかけないように配慮して、hanaさんには話さずにこれに応じる、が模範回答です。

    hanaさんの心を揺さぶり、
    追い込みをかけているように思えてなりません。

    あらゆる事態を想定して、自分を守ることは絶対に必要です。

    慰謝料請求の件と離婚を考え直すと言って、旦那さんにカマをかける(言い方が悪いですが)のも、1つの手段かもしれません。
    旦那さんのその時の反応から、何かが感じとれる可能性があります。

    最悪の事態である 
    今が距離を置く第1弾。
    離婚したら、彼と連絡がとれなくなった。
    そうならないことを切に願うばかりです。

    『事実は小説よりも奇なり』

    hanaさんの事実が、これに当てはまればいいのですが…。

  • ・・・被災されて、それまでの人生の価値観が根こそぎ引っくり返った・・・移住を余儀なくされた・・・それだけでも、十分、最悪な事態に直面されたのでは無いでしょうか・・・

    そんなhanaさんへ、もう少し優しい言葉を掛けてはあげられないのでしょうか?

    自分へ向けられた言葉ではないのに、胸が締め付けられて、涙が止まりません。

  • 多角的な視点。
    それがこの場所の良いところ、と私は思っています。
    コメントされる皆さんのあらゆる角度からの思いやり、優しさ、だと、私は感じています。
    どんな言葉も、受け手次第で変わってしまいますが。

  • メレンゲさんに同感です。

    いろんな考え方があって
    いろんな見方があります。
    最悪な状況を想定した意見もあれば、寄り添うような意見もあります。

    どんな意見も優しさだと思います。
    顔も知らない方の相談を読んで、力になろうとしている方の考え方で、中傷などではなく、個々の考え方に沿った意見だと思うからです。

    実際、自分が相談したとき、
    いろんな考え方を知れて、とても為になりました。

    私、キツイことを書きました。
    でも決して、相談された方を傷つける為に書いたわけではないです。。。

    優しさがない意見と言われてしまうのは、なんだかちょっと悲しくなってしまったので、コメントしました。

  • 色々な物の見方。考え方がありますね(*^^*)
    自分とは違う意見もあるでしょうね。

    コメントを読めば、その方の事を真剣に想っての意見であるのだというのがわかります。

  • 夏生さん

    不快な気持ちにさせてしまい、申し訳ありません。
    本当にごめんなさい。

    やさしい言葉をかけられていない、とみなされて当然です。

    夏生さんもそうされていると思いますが、私は全ての投稿にコメントしている訳ではありません。
    その方と話したいと感じたときに、コメントしています。
    今回も、そうです。

    ‘厳しいコメントがあることを覚悟で書いています。’
    hanaさんは仰っています。

    被災と最終目標の移住
    という私の想像をはるかにこえる、辛くて耐え難い実生活。

    そこに、彼の実体と存在はあり続けるのかな?と私は思いを
    めぐらせました。

    真剣に考えているからこそ、
    ゼロではない可能性を視野に入れてほしい、と思っています。

    全幅の信頼を寄せるのが正しいのでしょうか?
    疑いの目を持って、探ることも時として必要ではないでしょうか?
    その結果、何もなければ安心できますよね。

    『泣きっ面に蜂』になってほしくない、それだけです。

    前回の投稿のコメ返しに、
    ‘1回目の調停まで、あと1ケ月もありません。’とありました。
    この時期に、慰謝料請求が彼にきています。

    夏生さん、違和感はありませんか?

  • hanaさん…秋桜です

    今日は、日勤ですか?又 夜勤かな⁇
    勤務が 不規則って、それだけで体にかかる負担って大きいですよね…寝不足に なっちゃうと 疲れ倍増ですょ〜。私は、その点、土日祭日お休みと月の有給休暇2日位有って 恵まれてるかなって思ってます^ ^それも 後9年で定年です〜あれ〜歳 バレました(*^^*)

    私がhanaさんのブログを読ませて頂いて、まず感じたのは hanaさんの 真っ直ぐで正直で誠実な人柄です。彼も 全く おんなじ性格のように感じました〜^ – ^

    今回、ターニングポイントが有るとすれば、彼がご主人に、真剣に付き合っていてhanaさんと子供を引き取って結婚しようと思ってる!と 言った事…この言葉を聞いたご主人の気持ちを考えたら…
    たとえ それがホントの事でも 口にすべき言葉では無かったかな〜って思います…
    あと…盗聴で 何か ご主人が…聴きたく無かった事を聞いてしまった…とか(録音とか してるかも?)
    ご主人は、すんなり離婚などするものか!と…考えた可能性が…

    これは、あくまで hanaさんの ブログを読んで そのままの 私の思った事ですが。

    ご主人は、彼に対して 請求できうる最高額の慰謝料と 子供の親権は、絶対 譲らない方向で 調停を進めてくるでしょう。

    逆に離婚してくれるのは、まだ救われますが、私の知ってる方で 相手が10年 離婚届けにハンコを押さなかった…その苦悩を見て 知ってるだけに ご主人の気持ちは、絶対逆撫でしない方が 賢明なんです。

    hanaさんの 気持ちは、もう固まっていて 強い決意も見受けられます。
    その意味で 私は、hanaさんだったら 明日に向かって一歩一歩進んでいけるって、
    信じてますょ‼︎

    弁護士さんと、充分に打ち合わせなさって
    良い方向へ 進んで行って下さいね…

    辛くなったら 又 ここに来て下さいね。
    私も 応援してます(*^^*)…秋桜

  • 〉ミキさん

    ミキさんに謝らせてしまい、こちらこそ申し訳ありませんでした。

    私の違和感は別なところにありますが、それを上手くお伝えする自信が無いので控えますね。

    済みません、言葉、出ません。

  • hanaさん、ご投稿ありがとうございます。

    ・・・申し訳ありません、最近新しいサイトの立ち上げに夢中になってしまいました(涙)

    皆様方から色々なご意見を頂いている上でなのですが、
    とても遅くなった私のお話を少し聞いてもらえればと思います。

    前の記事で、
    私は不倫が発覚して離婚した女性店長と知り合った事を書きました。

    言いたい事をなんでも言い合った不思議な信頼関係の間柄でして、今でもたまにLINEをしている良い友達です。

    一週間くらい前に、彼女に本を一冊、「アラサーちゃん無修正3」を送りました(笑)
    彼女がLINEで感想をくれたのですが、それ以上に
    この「不倫パパの不倫ブログ」への感想をしてくれました。

    ・・・思っていた以上に、このブログを隅々まで読破してくれてまして、
    常連さんの○○さんは・・・とか感想を言ってくれるヘビーな読者になっておられました(涙)

    私が素直に、このブログの感想をリアルに聞く事が出来る貴重なお方でして、
    朝まで話した出張の時以来ですね、

    実は本日なのですが
    夕方まで仕事をしていて終わった後に、久々にLINE電話で話をしました。

    「ブログの感想、聞きたいんでしょ(笑)」
    と彼女には見透かされてました(涙)

    以前のブログからここ最近のブログまで、ほぼ全部読んだらしいです。

    「う~ん・・・」
    ダメ出しか?

    「なんか○○さん(不倫パパ)のブログでみんなが言ってる事って、本心なのかなって。」

    「みんな、ありがとうございます、ありがとうございますって、本当にそう思ってるのかな?」

    だからなんか、つまんないって言われました(涙)
    ・・・じゃあ、
    私のコメントとかってどう思う?と聞きました。

    「う~ん・・・」
    ダメ出しか?

    「ごもっともな無難な回答って感じかな(笑)」
    ・・・本当に素直すぎる感想、ありがとう(涙)

    そしてhanaさんのブログも読んだそうです。

    彼女は不倫が発覚して、離婚をして、一人になりました。
    一番自分が悪いし、一番苦しい道を選んだと、前にも言っていました。

    「みんなが書いているコメントって、言われなくても痛いほど分かってるよ。」
    「でもさ、私はそれでいいんだもん。仕事だって頑張ってるでしょ?(笑)」

    はい、確かに彼女の店舗の売り上げは優秀です。

    「だから、みんな本心言ってないって思って、つまんないって感じる。」

    じゃあ、コメントで色々と書いてくれない?
    と言いました。

    「そんなの言ったら、常連さんに怒られるよ(笑)」

    「あと、最近新しいブログ?作ってるとか、何をしてるのかがよく分かんないけど・・・。」

    ・・・彼女の言葉を端的に書いているだけなので、本当はもっと真摯に私の問いに答えてくれてるんですけどね(涙)

    そんな彼女からの「正直すぎる」感想を聞いた後、
    先日に息子さんの運動会があって、学校に行ってみたけど中に入ることはできなくて、
    帰ってから、強くないのにお酒を一人でかなり飲んだ話。
    そして、彼女に最近良い出会いがあって、その恋の話などをしました。

    「彼と話してると楽しくて、時間を忘れるくらいなんだよね♪」
    楽しそうに話す彼女に、私はアラサーちゃん4も購入していて今度それを送ってあげようかと思っていたのですが、
    そのへんはもう必要無いようでした(笑)

    今こうしてコメントを書きながら、やっぱり人間ってすごいななんて思っています。

    どれだけ辛い事があってゴハンが喉を通らなくても、やっぱりオナカは空いてきます。
    どれだけ辛い涙を流しても、時間と共に前を向いていく気力を持てるようにも感じます。

    生きていると常に選択があって、
    これで良かったのか?間違ってたらどうしよう?
    って心が揺らぎます。

    色々な環境があって、色々な生活があって、色々な考え方があるでしょう。
    そして、いつでも優しい環境のなかにいられるわけでもない。

    もし自分じゃどうしようもできない災難にあったとしたら、
    その状況で、自分を見失わないようにできたらいいなと思います。

    私が彼女と話して感じたこと、hanaさんの記事を見て感じたことは、
    たとえ環境は変えられなくても、過去を変えられなくても、
    しっかりと心に芯を持つ事だけは、きっとできるような気がします。

    気持ちに余裕を持てなくなってしまっても、
    頑固になるのではなく、柔軟に、大地に根を張る様な気持ち。

    人が生きてきく上で大切なのは、涙の後に
    ただシンプルに素直に
    自分を知ろうとしたり、見つめ直そうとする事。

    その気持ちが、その後の流れを大きく変えていくはずだと信じています。

    私はhanaさんにたいそうな事を言える人間でもなく、私が見て聞いて感じた事だけしか書けないのですが、

    hanaさんに、ただただエールだけでも贈らせてください。

    hanaさん、
    顔晴って。

    是非またお書きに来てください。

  • hanaさんのブログのコメント欄なのに、横入りですみません。

    「本心なのか」
    「つまんない」
    「常連さんに怒られる」
    これを読んで、今までコメントしてきた方々は、どう感じたでしょうか。
    本人の書き込みなら、サラッと流すところでした。いろんな人がいるなぁ、って。でも書かれたのはパパさん。
    本人ではなく、間接的にパパさんがこの言葉を書くことで、読んだ人がどう思うかパパさんは考えられたのでしょうか。

    モヤっとしたのは私だけかな…。もうちょっとスルースキル身に付けて出直して来ます。失礼しました。。。

  • 途中でコメントが切れてしまったので再度コメントします。

    コメントをするかしないか、かなり悩みました。私がコメントして、パパさんやみなさんを悩ませてしまうかと思うと、なかなかコメントできず。。。
    何度も書いては消していました。

    ただ、これだけはどうしても言いたくて(>___<)

    ネットの言葉に気持ちを込めても、相手に伝えるのは難しいんだな…と改めて感じました。

    気にしすぎなのかもしれないし、やっぱり書くべきじゃないのかもしれないです。

    本当、余計なことを言ってごめんなさい。ただ、私は本当に、みなさんに感謝しています(´・_・`)

  • パパさん、みなさんこんにちは。
    ネットの世界といえど、小さなコミュニティーができているパパさんのこのブログについて、ほとんど読むだけになっている私の本音というか感想なんですが、
    皆さんコメントされていることは、本心なんだとは思うんです。
    ただ、取り繕っている部分は大なり小なりあるんではないのかなとは感じます。
    そして、それぞれパーソナリティというかキャラクターがあって。
    きっと、優しさからこんなこと言ってはいけないとか傷つけるような感想を言ったら避難されるかもとか、パパさんの承認制というワンクッションもある。
    だから、「つまんない」のかもしれない。
    ただ、そうでなければ2ちゃんねるのような見るに堪えない汚い場所になることも大いにありえるわけです。

    ひとにぎりの人間は違うかもしれないけれど、人間の心って、もっとドロドロしていて、自己中心的で、一筋縄じゃいなかくて、強くて弱くて、だからこんなに悩みながらも不倫なんてしている。
    過程はそれぞれ違えど、ここ以外の場所ではほとんど誰にも言えず、誰かに共感して欲しい、アドバイスが欲しい、悩んでいるからたどり着いた場所。
    ここが居場所だから、ある程度の”常識”や気兼ねは必要だと考えるのかもしれません。

    自分だけじゃないんだと癒されるし、違った考え方にも触れられる、私はここが好きです
    ただ、悪意のないのが原則ですが、忌憚のない意見、感想は貴重だと思います。
    顔の見えないコミュニティーだからこそ、傷の舐めあいだけでなくて。

    あと、私個人の勝手な気持ちは、ここがもっとクローズドだと本音やもう少し具体的なことは書けるのかなとは感じてます。

  • キャロルさんと同じ意見です。
    「傷の舐め合い」もここでは必要なことだとは思います。
    現実社会では誰にも相談できないことなのですから。
    悩んで悩んで、ネットでも彷徨って辿り着いたのがパパさんのブログ。
    同じ経験をした方達に愚痴を聞いてほしい。
    経験者は、自分の経験談を元にこうしたらどうかとか、こう考えたらどうかなどの助言をする。

    今、ここパパさんのブログで登場されている方達で、いわゆる非常識な人っていらっしゃるでしょうか?
    明らかに誹謗中傷のコメントをしていらっしゃる人など居ませんよね。
    違う意見があって当然。
    今回のhanaさんの2回にわたる投稿を何度も何度も読み返してみました。
    皆さんが真剣にhanaさんのことを考えていらっしゃるなぁと改めて思いました。

    傷の舐め合いも必要。
    ときには厳しいご意見も必要。
    その厳しめの意見も、すべて「優しさ」があると思って私は受け取っています。

  • メレンゲさん パパさん

    hanaさん こちらお借りしますm(__)m

    メレンゲさん、『常連さんに怒られる』たしかに、んん?と引っ掛かりました(笑)
    ( ̄▽ ̄;)ガーン‼ って(笑)
    パパさん、きっついわぁ(笑)

    私はまさしく『常連さん』です(;^_^A
    パパさんのblogで、愚痴を言えない、弱音を吐けない そんな雰囲気を作ってしまった張本人です。
    でも、怒ったことは無いなぁf(^_^;とか自ら振り返っていました。
    でも、怒られる と感じさせてしまっているのでしょうね、私。
    まあ、つまらない も 怒られる も『意見』としていい風に受けとりました‼(*^^*)
    本当に気をつけたいと思います‼

  • ご無沙汰しています。
    私はこちらにコメントしなくなってからも毎日、皆さんのコメントで支えてもらっている一人です。

    色んな考え方をそれぞれが持っています。
    適当な言葉じゃないから、心に留まり、自分と向き合えるのだと思います。

    また、私も機会があったらブログを書かせてください!

    パパさんのこちらのブログに感謝しています。

  • メレンゲさん、パパさん、かおるさん

    実は先ほどのコメント。途中できれてしまっていて、時間もできたので、コメントを改めてさせていただきます。

    パパさんのコメントを何度も読みましたが、私には読解力がないので、理解できず…。今もまだ、パパさんのコメントがなにを言いたかったのか分からずにいます(>___<)

    意見の違いや考え方の違いはありますが、それは怒るのとは違いますよね。。。

    つまらないとか、そういうことは映画やドラマや本と同じで、人によって感じ方は違いますので、そういう意見もあるんやなーと思いますが、

    つまらないとか、常連さんに怒られるとか、店長さんの意見を、パパさんは、ここに書いて、しかもそれを正直すぎる意見とか言ってて、えー∑(゚Д゚)とか思ってしまいました。

    すいません(>人<;)
    でも、これが本音です。

    たぶん、店長さんはパパさんしか読まないLINEだから、正直なことを書いたのだと思いますが、コメントや日記を書いていた私は、なんやろ…寂しくなりました(^^;;

    つまらない中に私もはいってるんかなーとか、ちょっと考えちゃいました。

    が、これがきっかけで、もっともっと言葉について考えなくてはと、改めて感じました。

  • みそらさぁ~~~~ん‼(*^^*)
    良かった‼ お元気ですか?
    めちゃ気にしていました‼
    もう戻ってこられないのかと諦めていました(涙)
    良かったです‼‼(o^-‘)b

    さつきさん(*^^*)
    さつきさんの投稿、コメントで元気づけられている方がたくさんいらっしゃいますよ~
    私も気をつけます(*`・ω・)ゞキリッ

  • なんで皆さん、そんなに他人が気になるのでしょうか?
    そんなに人から好かれたいですか?
    つまらない人と思われたくないのですか?
    なぜ他人と迎合したがるのですか?
    自分がしっかりした考えを持った立派な人間とでも思われたいのですか?
    そうであれば、今すぐ不倫なんかやめればいいと思います。
    いくら最もそうなことを言っても、自分の家族を裏切る行為をしている時点で、皆悪人なのではないですか?
    このブログ主のパパさんだって、過去にさんざんバッシングを受けて来ていると思います。
    他人を思いやる気持ちがあるなら、それを自分の家族に向けたらいいと思います。
    立派な人なんて、ここには一人もいないんです。そして、私もその一人です。

  • みなさん、こんばんは。
    私は最近数回コメントさせて頂いたのみで、ほとんど読む側にいる人間です。

    パパさんが上で書かれていた事。外側から見ていても、意図がはっきりとわかりませんが、最新の投稿の雰囲気やこれまでのパパさんのやりとりから見える人柄を考えると、常連の皆さんを非難する意味ではないのでは、と思います。何かしらの問題提起には感じますが。

    私を含め、どの方も社会的に認められない事をしていること、わかっていながらも、どうにもならない気持ちに悩み、たくさんの矛盾を抱えながら、必死でバランスを取って生きているんだと思います。私自身は、本音が何かと考えても、相反する考えや気持ちが交錯し、自信を持って自分の本音はこれだ、とは言えません。

    パパさん、店長さんが想像「本音」というのがどういったものなのか、具体的に示して頂かない限り、悲しい誤解が広がってしまうだけではないのでしょうか?

  • パパさん、皆様こんばんは。
    hanaさん、場所をお借りして申し訳ありません。
    私も読解力がないままコメントしたりして後で恥ずかしくなってしまう時があります。
    リアルの世界では決して口に出来ないし、パパさんのこちらのブログを読むだけで力づけられたり色々と考えさせられたりしています。
    私は本当は夫となった男性だけを想っていたいです。
    なぜ、私はこんなふうになってしまうのかと考えてしまいます。
    私もW不倫という関係にある人間です。
    ときめきとか女として求められる事も私には重要ではないように思います。
    なぜ他の男性に目が行ってしまったのか、私は自分自身のその部分が知りたい。
    夫には不満もあります。
    しかし夫婦は鏡合わせなので逆もしかり。
    いくら家庭生活に不満があったとしても、不倫などしない人の方が多いのだと思います。
    不倫といった関係にある以上、何を言っても絵空事なのかもしれません。
    パパさん、皆様、これからも勉強させて下さい。

  • パパさん、皆さま、こんばんは。

    パパさんが紹介した、彼女のコメント。私は、そういう見方もあるんだ〜、くらいにしか思いませんでした。

    本人を目の前に、意見やアドバイスをするのではなく、こうして文章で残る場合、やはり感情やストレートな表現は控えめになるのではないでしょうか?ライブ感もないし。

    その辺りのノリが彼女とは合わないのかなぁ? 詳しくはご本人に聞かなければわかりませんが。ただそれだけだと思います。

    パパさんに真意なんて、あったのかなぁ?こういう感想の人もいたよ〜、と知らせたかっただけのような気がしました。

    私は、皆さまに、何か気をつけて発言なんてしようとせず、今まで通りでいただきたい!と切望します。

    皆さん、本当に、投稿された方のために、良かれと思って書いておられると思います。

    私はここの場で、覚悟や心の持ち方、貴重なことを沢山学ばせていただきました。とてもとても感謝しています。

  • hanaさん、たびたびですが
    コメント欄をお借りさせて頂きます。

    hanaさんに対するコメントとは違ってしまうのですが、
    私がここ最近感じていましたことの本音を書かせてもらえればと思います。

    その前に、先の私のコメントをご閲覧して頂きました皆様方にお伝えしたいことをお書きします。

    私が女性店長(以下、彼女)に言われました、
    「つまんない。」という言葉。

    私はこうして、この関係を始めてから別れた今でもブログを書いています。
    皆様方がおっしゃって頂くように、私自身も皆様方、常連の方々からのお言葉に支えられてきました。

    そして、人様に言えるものではありませんが、
    今はこのブログの管理人として続けさせて頂いていることに、喜びや誇りを感じています。
    そして、この関係にいらっしゃる方々の本音や想いが詰まったこの場所、
    そして、私の相手だった人への想いが息づいているこの場所は
    私のかけがえのないものです。

    私は彼女に「つまんない」と言われたときに、
    それらを全て否定されたような気持ちになりました。
    そうとうショックでした。

    私と彼女とは、お互いにこの関係を経験して、この関係に理解を持った連帯感があると思っていました。
    その彼女からの一言は、私が思ってもみなかった言葉だったので、
    悲しくもあり、なんで?という怒りにも似たものがありました。

    きっとその気持ちは、このコメント欄にお書きされていらっしゃる皆様方より、間違いなく大きいです。

    常連さんについてのことも言われました。
    「いや、あの人は一度離れたけどまた戻ってきてくれた人で・・・」
    彼女は、そうなんだ~と。

    なんで?

    彼女ははっきりとは言いませんでしたが、私はようやく気づきました。
    この関係を経験して、喜びや辛さが分かり合えると思っていたのですが、どうしても埋められない壁が一つありました。

    私は、
    長い間、この関係の楽しい処だけを味わって、自分の心の痛みだけで終わらせた。

    彼女は、
    ほんの少しの間、この関係になって、瞬く間に全てを失ってしまった。

    私がどれだけ彼女に元気になってもらおうとアラサーちゃんを送ってみたところで、やはり「本当に」彼女を分かることなんてできないのだと感じました。

    あなたに私の何が分かるというのか。

    前に、朝まで話していた時に最初に少し酔った彼女が言っていました。
    新しい職場で働いていくうちに、次第に変わってきた皆の視線。その中でどれだけ必死にやってきたか。
    そして、先日言われた隠れて子供の運動会に行っても顔も見ることができなかった思い。

    私が文章にしてしまったことで誤解を生んでしまって申し訳ない限りなのですが、これは読解力というものではなく、彼女の目を見て息遣いを感じなければ分からないものでした。

    バレてしまって自業自得と言われるでしょうか。

    「だから、みんな本心言ってないって思って、つまんない。」

    もう一度言われた時も、彼女はそれ以上は言いませんでした。
    彼女にとっては「全てを失った者」の本心は書かれていないように感じて、そこに対する「失っていない者」の言葉がつまらないと感じるのは、
    彼女の正直な気持ちなのだと感じました。

    私は、
    そっか、そうだよね。
    としか言えませんでした。

    hanaさん、
    私は貴女にも同じように、そうだよねとしか言えません。
    ただただ、エールしか送ることはできません。

    私がhanaさんにコメントできるのは、
    本当にこれだけしかないのを、お許しください。

    そして、
    私のコメントをご閲覧して頂いている皆様、

    私は一つ、皆様に謝らなければいけないと思っていることがあります。

    前の記事、「秘密の友達のバレない方法・2015年度版」を書いていた時からずっと思っていたことです。

    「ここ最近、色々と複雑な気持ちでブログを書いております。
    過去のブログのようになってしまうかもしれませんが、これから数回、上記のテーマでのブログを書かせていただきます。」
    と書きました。

    その時の私は、恐ろしい夢をみました。
    「みなさまのブログ」で、このようなタイトルが続くんです。

    「不倫がバレてしまいました」

    私はこのブログの雰囲気が好きです。そして、このブログをご閲覧の方々も、そう感じていらっしゃる方もいると思います。
    それは何故かといえば、お言葉にも頂きました「悪いことをしていると思えなくなる」からです。
    そして私も、皆様方から「ありがとうございました」と言われることを心地いいと感じてしまっているからです。

    そう、常識に反した「居心地のいい場所」だと思います。

    私はこの関係に悩んで苦しんでいた時に、「不倫」で検索して本当に多くのブログを読み漁りました。
    以前の私のブログのように、全てのコメントを開放していると思われるものは、この関係に圧力的な言葉が多く
    保守的なコメントしか書かれていないブログは、コメントを削除しているか、コメント欄自体が無いものでした。

    今回の最初の私のコメントですが、
    きっと以前からこのブログをご閲覧されてくれている方々にとっては、居心地の悪いものだと思っています。

    ですが、
    この雰囲気を作ってしまった私がしたことは、
    このブログをご閲覧している方々の「この関係の緊張感」を奪っている
    としか思えなくなってしまったのです。

    一番大事なものから、目をそらさせてしまっている気がしてならないのです。

    余計なお世話と思われるかもしれません。
    そもそも、このブログのコミュニティーは小さな場所です。

    ですが、
    このブログの雰囲気に浸かってしまって、足元のぬかるみに気付かずに麻痺させてしまっているとしたら、私は本当に悲しいです。

    そして、ブログをご閲覧してくださっている方の一人でも、彼女のような悲しい出来事が起こってしまったら
    どれだけ心苦しいか。

    本当に申し訳なく思うのです。

    「本心なのか」
    「つまんない」
    「常連さんに怒られる」

    私が常連さんを大事なのだとしたら、矛盾したことを言ってると思われて当然です。

    ですが、
    そういったことに対しても、決して目をそらしてはいけないのだと感じています。
    それは「不倫が悪い」という短絡的なものではなく、この関係のすべてが矛盾したものであるから、

    ただ居心地のいいだけの場所にしたくはないので、
    「過去のブログのようになってしまうかもしれませんが」という言葉通り、
    今回のような、悪意のなく忌憚のない居心地の悪さを生んでしまうこともある点を
    何卒ご理解いただければと思っております。

    長くなり申し訳ありません。

    最後にですが、

    今までこのブログにお言葉を残している方々をどう思っているか、
    私はその皆様を、こんなふうに思っております。

    今まだ準備段階ですが、ある程度公開できる形になりました。
    「みなさまのブログ」

    今のブログでは「是非また覗きに来てください」と、コメント頂きました皆様に一言感謝を添えさせて頂いておりますが、
    「みなさまのブログ」での一言も、もう考えておりまして(笑)
    「おかえりなさい。」って言いたいです。

    ブログにお言葉を残している方々も、常連さんの方々のことも、初めて辿り着いた方々も

    そのように思っております。

    まだ「みなさまのブログ」は準備中にて、リンクからサイトを覗けますが検索エンジンにはかからない設定です。
    公開できる時になりましたら、ブログにてお知らせいたします。

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    一言だけ、私的な内容で申し訳ありません、
    きっと、このコメントをお読みになるであろう○○さん・・・
    電話の時の私の本心・・・。文句があったら何時間でも聞きます(笑)

    そして、hanaさん
    コメント欄を長くお借りしましてありがとうございました。

  • 私も読ませて頂くだけで滅多にコメントしていないのですが…

    二つほど
    まず『本音』についてですが
    皆さん本音で綴られていると私は思います 少なくとも「そうでありたい」「そうであってほしい」本音が痛いほど書かれていると思うのです

    人の気持ちは1日のうちでも変わりますよね ましてこのような状態ではup downするのが当たり前です そういう中で皆さん「本気」でコメントされています 「本気」これ大事です ですから私は心に沁みます それでよいのではないでしょうか

    二つ目は『常連さん』『怒られる』そんなことはないです
    みんなが入れる雰囲気だと思います 「本気」で語ってくれますね とても熱い気持ちをお一人お一人感じます

    そういう私も「本気」で そして揺れる1日のなかでも自分の向きたい方向へ「本音」のコメントをしているつもりです、笑

  • 連投で申し訳ありませんが…
    パパさんのコメントをお読みして
    私も含め 足元を固めておられると思います
    自分の行く末を考えて 尚且つ お一人お一人に今日があり明日があると云うこと 
    全て承知のうえでの覚悟が必要だと思っています

  • パパさん

    すべての社会生活において
    本音であるかどうか。というのは大した問題ではありません。
    世の中をうまく渡れる術があればよいと思います。

    「つまんない」「怒られる」というのは
    ヤキモチあるいは嫉妬心からくる発言でしょう。

    関係を終わらせた人と、続けている人が入り混じっているこの場で
    関係をよりよく続けていくことを目的としたコメントが多いため
    終わらせた人にとっての居心地は相当悪いはずです。

    ゆうさんと同じく、
    私も、足元は固めています。
    おそらく、このことも
    足元を固めていない人、あるいは固めていなかった人にとっては
    嫉妬心に似た感情をうむ要因となっているのでしょう。

    人間である以上、嫉妬心を完全になくすことは困難です。
    と、昨日のNHKの子ども向け番組でも言ってました。

    でも、思考や性格の多様性を認めあうことは可能ですね。
    もう大人ですから(笑)

  • hansさん、すみません、何度もこの場をお借りして。

    パパさん、真意ありありでしたね。深く読めずに失礼いたしました!

    このブログが
    「悪いことをしていると思えなくなる」

    「足元のぬかるみに気付かずに麻痺させてしまっている」

    自分はそのように感じたことは、ありませんでした。

    それよりも、心のバランスを取ることや、罪悪感、思うように会えない連絡も取れない、知られた時に起きる事…など不倫の困難を、強く感じて考えさせられました。

    普段の皆さまのコメントを読んでも、罪を自覚した言葉に満ちている…と感じています。そして、その上で続けている関係だからこそ、迷い悩みこの場に来ている。

    そこまでパパさんが、危機感を募らせることがあるのか…
    と、少し思います。

    もちろん
    そう危惧されて、緊張感を忘れてはいけないと注意喚起してくださるのは、ありがたい事だと思います。今後も続けていっていただきたい!と思います。

    nariさん!
    多様性を認め合う…そうです。私もそういうことを言いたかったのです。が…うまく書けませんでした。nariさんのシンプルな文章と、言葉選び、いつも感心して読ませていただいてます。

  • おはようございます。
    ここのブログ大好きです。5月頃色々辛いときがあり、
    泣きながらみなさんのメッセージを読んだものです。
    私だけじゃないんだ、みんな悩んでいるんだって、
    本当どれだけ救われたか・・・。感謝の気持ちで
    いっぱいです。
    いつも、今も気持ちはブレブレで、こんな気持ちで
    子供に向き合う自分が本当に嫌です。
    その狭間が私の一番の悩みです。
    はなだいさんのコメントの夫婦は鏡合わせの言葉に
    今すごく納得している自分がいます。

  • パパさんのブログは、以前から拝見してきました。当時のひどい言葉や、醜い表現のコメントも目にしてきました。
    名前を出さずに語れるこのような場では、何でも口に出せる人がいるのだな…と感じながらコメントを読んできました。

    でも、実生活でも本当は自分がどう見られているかだなんて、分かりませんよね?誰もが自分の感情をコントロールしながら、上手にお付き合いしているのだと思います。
    もちろん私自身も、苦手な相手にそんな素振りを見せずに関わっています。
    ですから、私は嫌いなのに向こうからは好かれてしまう…なんて事が起きてしまいますが(笑)

    こちらでいろんな意見を聞けるのは、むしろ良いことだと思っています。激しい表現をされてる方がいたら、それだけ気にしているからなんだな…と感じます。それだけ誰かと関わりたい…という気持ちの現れなのでしょうね。

    コメント欄で何度か目にした、「本気なら離婚して結婚するはず…そうでなければ割りきった遊びの関係」
    そういう考え方もあるのだなぁ、と思っています。
    婚姻制度を重視しているのですよね。

    私と彼はとても愛し合っていますが、離婚せずにこの先もお付き合いしていきます。お互いの人生がより豊かに感じられるこの関係が、私たちに相応しいと思っているからです。

    私がこの世で無条件で愛せるのは、息子と自分自身。それから、もうひとつの世界で愛しているのは彼。
    今、とても幸せです。

  • hanaさん、ごめんなさい。コメントしづらくなっておられるのではないでしょうか。話が逸れてしまって申し訳ないです。すみません。
    その後いかがでしょうか。

    本当のことを言ってるかどうかは、結局本人にしかわからないことで、私にとっても「本音かどうか」「本当かどうか」というところはさほど重要ではありません。私は、その人が発した言葉に、読み手への思いやりがあるのかどうか、というところに重きを置いています。
    所詮顔も見えない会うこともない他人ですが、だからこそ。
    私は、相手への思いやりのない言葉ならやりとりする必要性を見出せません。

    何事も需要と供給。合致するか否かですね。
    nariさんの分析で目の前の靄が晴れました。ありがとう。

  • のこのこと あとから登場いたしました^^; そこそこ?常連の ごまぷりんです(笑)文字を読むのに目がついていかなくなりました。老眼が進行中です^^; hanaさん 彼とはその後はなにも音沙汰なしですか? 一度離れようって…そんな…。確かに 調停だの親権だの難題は次々に。hanaさんが不利になれば母子手当なども支給されなくなるかもしれませんが、やはり支えであってほしいです。涙を流したとしても 彼の誠意は伝わって響いていますか? ご主人になんの愛情もなく、生活することでお子さんに家庭内不和がよい影響を与えないならばですが、そうでなければ、このままの生活をお子さんの為になさるのも一つかもしれません。 私は 彼とのことでとても不安になって寂しくて身体にもちょっとした症状が現れた頃、このパパさんのBlogに出会えました。特にかおるさん、nariさん、メレンゲさん、いろいろさん…そしてたくさんのかたの助言もあり、叱咤激励のお言葉ありで、今もしっかり彼とつながっていられます。他の方のお悩みも本気で考えます。投稿はないけどあの方 元気にしてるかなときになる方もおります。
    私、才女でもないのであまり奥深い文章は書けませんが、とてもありがたい場所です。

  • パパさん

    パパさんの伝えたかったこと、理解できました。やっとやっと。
    私が気づかなかったというか、私の知らない感情を知ることができて、これも学びだなぁ…と思いました。

    nariさん

    終わらせた人と終わらせていない人。
    足元を固めた人と、そうではない人。
    不倫という共通点はあっても、抱く感情は違いますよね。

    私、そこにもきづいていませんでした。

    気づきを大切にしていきたいです。

  • パパさんはじめ、コメントいただいたみなさま。

    なかなかお返事できずすみません…
    みなさまからのコメントはじっくり何度も読ませていただいていました。

    そんな折り、義母が急変しまして…
    そのまま亡くなり今に至ります。
    やっと葬儀が終わり一段落したところです。
    まだ残務処理が色々残っていますが…

    嫁の仕事に徹しつつ、
    目の前のことをこなしつつも…
    その中で色々な気持ちがぐちゃぐちゃになっています…。
    思考停止状態で…

    もう少し落ち着いたらまたお返事しに来ます。
    みなさまからの真摯なコメント、
    本当にありがとうございます…。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    hana

    独身彼とお付き合いしています。夫とは離婚する予定・・・ もうたくさん泣きました。次の涙は・・・うれし涙がいいな。 新参者ですがどうぞよろしくお願いします。