⑅︎◡̈︎*

みなさまのご投稿, 既婚&独身の不倫

The following two tabs change content below.
詩

皆さま初めまして。詩(うた)といいます。 20代前半子供なし。夫は40代前半。 30代前半の独身の彼と不倫の関係になってもうすぐ1年になります。
詩

最新記事 by 詩 (全て見る)

皆さまこんにちは。5回目の投稿です。

彼と初めて会ってから、増えたこと。

喧嘩。将来の話。

喧嘩は多い時は2日に一度してました。理由は本当に色々でしたが、多かったのが フリーの彼とのお付き合いについてでした。私が既婚で、離婚する気がない以上 彼を縛ることはできません。何より実際に会ってみて、彼は本当に素敵な人だったので、私よりもずっとずっと素敵な女性と出逢って、幸せな道を歩いていけるんじゃないか…と思うことが増えました。私が縛っていい人じゃない…と。このことに関しては今まで何十回、私の中の汚いドロドロを彼にぶつけてきたか…

普段は私が感情的になって言ってることがぐちゃぐちゃになっても、彼は静かに話を聞いてくれます。私が自分の中のドロドロした気持ちを全部吐き出した後に、彼の想いや考えをひとつひとつ丁寧に伝えてくれます。「大丈夫。ずっと傍にいるから。これからも二人で一緒にいよう。」最後に必ず言ってくれる言葉です。何十回の喧嘩の中で、彼が本気で怒ったことは2回。1回目は私が「私だけのことを見るんじゃなくて、他の人にも目を向けてほしい。大切にしたいと思える人と出逢えるかもしれない。貴方が幸せなら私も嬉しいから。」それに対しての彼の返事は「ふざけるな。」でした。

「私には旦那がいる。だから貴方も彼女をつくっていいよ。それでおあいこ。同じ立場でしょ?ってそう考えてるの?」と。「俺のためみたいな言い方して、それは俺のためじゃない。自分が離婚考えてないのに独身の俺と付き合って申し訳ないから、その罪悪感から逃げたいだけだろ?相手のためみたいな適当な理由つけて逃げんな。お前のことが好きでお前との将来を考えてる俺とちゃんと向き合え。」

そんなつもりはありませんでした。慌ててそうじゃないと言いました。でもほんとはそんな気持ちもあったと思います。彼に彼女ができたら、離婚とか考えずに済むと。お互いがお互いに責任をもたない関係でいられると。そんな考えが全くなかったかと言われたら、否定できません。私のことを好きと言ってくれた彼に、とても失礼なことを言ったんだと…

私は泣く立場じゃないけど、泣いてしまいました。ただひたすら謝るしかありませんでした。

「この関係が間違ってるとか、俺に申し訳ないとか。詩は自分を責めて泣くんだろうけど、俺にはそんなのもうどうでもいいんだよ。既婚だとか独身だとかじゃない。俺のために身をひくんじゃなくて、俺自身を見て考えて。詩が、俺とはやっぱり無理。旦那さんと歩いていく。そう決めるならそれで構わない。泣かせたいわけじゃないけど、考えてたら泣くこともあると思う。でも泣いて泣いて、それでも考えて。俺のことを好きだって、傍にいたいって思ってくれるなら、俺との未来に手を伸ばしてほしい。」

「あ、なんかプロポーズみたいになって恥ずかしいな、俺…照。」

めちゃめちゃ泣いてたのに、最後のその言葉で笑ってしまいました。笑うとこじゃないでしょ…と思ったけど、私が笑う声を聞いて「それでいいんだよ。いっぱい笑って。」と言ってくれました。

彼の立場に立って、考えてたつもりでした。でも結局私は、自分のことしか考えていませんでした。情けなかったです。それ以来、私は「他の人にも目を向けて」と言わなくなったし考えなくなりました。相変わらず不安にはなります。彼の愛情を私が独り占めしていいのか。彼が私のことを真剣に考えてくれているのなら、私が既婚者であることはすごく辛いことです。私は彼のものではないのです。たくさんの言葉と気持ちを、彼は飲み込んでそれでも傍にいてくれてるんだろうと思います。「全部わかってて始めたことだから。大丈夫。」そうやって笑うのも、ほんとはすごく痛いんだろうなって、それで私はまた涙がじわっと出てきます。私が泣いて済むことではないのに。私は彼との未来をどう考えてるのか、どうしたいのか。夫との今の生活をどう考えてるのか、どうしたいのか。私がどんな道を選んでも、必ず誰かを傷付けます。そういうことを私はしてるんだと、彼が教えてくれました。まだ自分の考えもまとまらないし、自分自身の気持ちなのに、自分でもわからないと思ってしまいます。覚悟だとかも全然できていません。でも、逃げずに考えます。

思い出すままに書いて、なんだかぐちゃってしまいました…。私は自分のことなので理解して書いてますが、読んでくださる方には読みづらいし何が何だか…しかもだらだら長くなってしまって…すいません。文字にすると自分の情けなさを改めて実感できますね。しっかりしなくちゃ。




Posted by