⑤ブログを書いている事を「初めて」話しました。

SPONSORED LINK


LOK_yorunohodouwowatarukoibito-thumb-1000xauto-13760

不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

 

ところで、

「一度不倫をした人は、また不倫を繰り返す」

なんていうのを、不倫がテーマのサイトを見ているとよく目にします。

 

以前に私はこんな記事を書きました。

不倫を繰り返す男の心理

 

・・・もう二年以上、前の記事ですね(涙)

 

「きっと不倫がばれないで関係が終わった人は、二度、三度と繰り返すのかもしれません。

繰り返したくはないものです。」

 

 

他人事のように書いている自分が、なんともいえない気分です。

不倫を繰り返すかどうか?

私はその答えが、私なりに分かった気がしています。

 

 



不倫を繰り返してしまう人。

先日からの続きになります。

 

私と彼女は、二人だけで飲みに行きました。

そして遅くなり、そろそろ終電の時間。

これ以上一緒にいるには、どこかに泊まらなければなりません。

 

 

私の泊まっているホテルに、一緒に過ごすこともできます。

 

 

「・・・どうしようか?」

「そうだね、話足りないね。」

 

「一緒にホテルに来る?」

 

そう言えば、きっと一緒にホテルに帰っていたような気がします。

彼女も、私が近くのホテルに泊まっていることは知っていました。

 

でも、

そのことはお互いに触れない会話・・・

「もう少し遅くまでやってるお店あるから、もうちょっと飲む?」

その後、最終的にはホテルなのか。

 

 

私は何かに迷っていました。

罪悪感のような、でもまた違うような。

 

 

そして、こう言いました。

 

 

「・・・この辺で、ファミレスとかある?」

「24時間営業のところで・・・」

 

 

私はある人の顔を、思い出していました。

それが娘の顔なのか、妻の顔なのか。

 

 

始発待ちの、若者に交じって。

a0152081_0434240

私たちは、某24時間営業のファミレスに着きました。

 

「ここってお酒あるのかな?」

ありました。

ビールやサワーがあり、しかもお財布に優しいお値段です。

最近はファミレスでも飲めるんですね(笑)

 

 

ちょこちょことサイドメニューを頼んで、

「今日は朝まで語ろうか!!(笑)」

「いいよ!もうなんでも話す!!(笑)」

・・・テーマはとても重い話ですけど。

 

 

その時の彼女の元気な笑顔は、カラ元気だったかもしれません。

 

最初のお店で、辛いと言いながら泣き崩れた時、

私は彼女の頭を撫でてあげたいと思いました。

今、心が張り裂けそうに辛いよねと慰めてあげたいと思いました。

 

 

一緒に仕事をしていた時に、彼女の笑顔に心を動かされて

また人を好きになるかもしれない、恋愛をするかもしれないきっかけを与えてくれました。

そんな下心が、最後までLINEのIDを書くかどうか迷った本音だと思います。

 

 

でも、泣き崩れた彼女に手を差し伸べることは

できませんでした。

 

 

四か月前の私も、恋が終わって誰が手を差し伸べてくれたなら、

その手に縋っていました。

 

 

でも、彼女が抱えているものは私の辛さよりも遥かに大きなものであることは、察しがつきます。

 

離婚をして、子供とも離れ離れになり

それでも店長として責任を持って働いて

付き合い続けた相手との別れを迎えた

 

それだけしか分かりませんでしたが、それだけでも十分わかります。

 

 

もし彼女が、私が手を差し伸べるのを望んだとしても、

与えられたきっかけだけで手を差し伸べるのは、彼女に対して失礼なことのような気がしました。

 

 

お互いが思い出していたもの。

u

私の彼女に対する誠意は、

誰にも言えなかったこの恋愛の辛さを、ちゃんと聞いてあげること。

話しながら考えなければならない事が、絶対にある。

 

ですので私は

たとえ社内でバラされるとしても、私が不倫をしていてそれをブログに書き続けていたと、話しました。

 

 

どういういきさつで相手と関係が始まったか、

どんな相手だったのか、

どうして別れたのか、

そして、今はどんな気持ちなのか、

 

ごく、簡単に。

 

 

私のブログには、私自身の別れの辛さや、どんな気持ちでどんな行動をしてきたかや、

それを見たこの関係に居る方々のお気持ちも、全て出しています。

 

もし読みたいと感じたら、

その時に読んでほしいと言いました。

 

 

決して、こうして気持ちの整理をつけたほうがいいとか、答えを出すのではなく

ただ今は、彼女の話を聞くだけでいいと思いました。

 

 

 

そうして彼女のほうも、話してくれました。

 

彼女の話を聞きながら、思っていたこと。

いえ、その前からずっと思っていたこと。

 

 

ファミレスに行く前に、何かに迷っていたというよりは、

私は娘の顔、妻の顔を思い出しているのではなく

 

「相手」の顔を、ずっと思っていました。

 

 

そしてそれは、彼女も同じであったと

彼女の話の後に感じました。

 

 

彼女の話は、後日にお書きしたいと思います。

 

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

あなたにおススメの記事



12 件のコメント

  • 不倫パパさん、
    私は、こちら側のものでは、
    ありません。
    でも、結婚まで、充分,浸かった人間です。苦しさ、辛さ…知り尽くしています。
    今でも、その彼には、ネットを通じて心が揺れています。
    でも、母として母として、
    夫との心の穴は、
    男性ではなく、
    自分自身で塞ぐのだ、と…
    あちらの世界で踏ん張っています。
    繰り返えさないために。
    だからこそ、あなたではなく、店長さんを心配しているのです。身も心もズタズタになった彼女の心の中に、おもく、入らないでほしい。
    既婚者の優しさは罪なのです
    わかりますか?

    こちら側もあちら側もなく、
    女性側から…縁のある女性を大事にしてほしい。
    そして、何より、
    父親としてのあなたも。
    元お相手さんも、そう願って
    去ったのですよ。忘れないで

  • パパさん、良かった(涙)
    ふくろうさんの言葉、ほんとそう思います。今の
    ズタズタになった店長さんは彼女自身が修復しなければ。
    ここまでの苦しみを癒すのは。。ずいぶん時間かかるでしょうね。。

    パパさんもそれをわかってたから彼女にストップかけれた
    のだと信じてます。パパさん、疑ってごめんなさい。
    ありがとう。

  • パパさん、こんにちは。

    私も成り行きをハラハラしながら拝見しておりました。

    店長さんの問題はご自身が時間をかけて解決して答えを見つけていくべきことなんじゃないかなと思います。

    おそらく他の誰かが何とか出来る領域のものではないと思います。

    前の不倫の総括?をされないうちは、パパさんと新たな関係を始めても同じ事の繰り返しみたいな気がします。

    でも同じ女性として、この先、店長さんに心からの笑顔が訪れる日を願ってやみません。

  • パパさん、こんにちは。

    今回の記事は、何話まで続くのでしょうか?
    パパさんの文章力が秀逸すぎるので、
    今回の記事の結末やパパさんと店長さんの今
    を勝手に想像して、先日コメントしました。

    でも、この第5話で私のコメントの間違いが分かりました。
    なので、今回の記事の最終話までコメントをすべきではないと思っていましたが…
    コメントしてしまいました。

    これまでに分かったこと…
    ①パパさんは、手を差し伸べることはできなかった。
    ②‘顔が見えない、匿名性のあるこの場所の皆さん’
    に対して、パパさんが日常的にブログ上でしていることを
    ‘顔が見えていて、その時その時の表情も見えている、目の前の店長さん’
    に対してした。

    今回の記事は、まだ続きます。
    ‘部分’を知ったにすぎません。
    それなのにパパさんを責めるのは、なんか違うと私は思います。

  • パパさん、みなさん、再度の投稿失礼します。

    パパさんや店長さんを責めているような文章になっていたら申し訳ありませんでした。

    パパさん、続きを最後まで読んでみたいと思います。

  • 誰が店長さんの心を癒すことができるのかは店長さんが決めること。
    パパさんがどうしたいかを決めるのはパパさんが決めること。
    店長さんもパパさんも立派な大人ですから。どんな結末でもいいと思います。
    とりあえず先が気になる。

  • はなだいさん、初めまして。

    いつもコメントを拝見しています(^o^)
    やりとりをするのは、初めてですね。

    はなだいさん、すみませんでした。
    私が言葉足らずで、気を遣わせてしまいました。
    はなだいさんのことではないですよ。

    ○○さんへ、としたら建設的でないと判断しました。
    だから、意図的にパパさん宛のコメントにしました。

    長くなりそうですが…
    私の思いを書き込みます。
    ある方を対象としてしまうこと、お許しください。
    本当にごめんなさい。

    昨日・今日と‘毛色が違う’コメントがありました。
    ‘匿名性に守られている’
    ことによる、度が過ぎたコメント。

    私は、‘この場所’では見たくないです。
    ‘この場所’では「初めまして」・「こんにちは」など、皆さん自然につかいますよね。
    私も、そうです。

    その方には、まずそれがありませんでした…。
    いろんな意見があって当然です。
    肯定と否定があって当然です。
    ただ、否定や批判をする場合は、言葉選びに慎重になるべきだと私は思います。

    その方も、おそらく苦しんでいる女性の1人かと私は思います。
    ‘この場所’に辿り着いた皆さんと同じかと私は思います。
    今回たまたま閲覧して、コメントしたわけではないと私は思います。

    その証拠に、
    パパさんの過去の記事の内容に詳しく、お嬢さんが2人なのも知っています。
    そして、‘相手’というパパさんの表現も。

    コメントするときに、私が気をつけていることがあります。
    それは、主観と客観をハッキリ区別することです。

    その方のコメントが、‘あくま
    で主観’だととれる内容であれば、私は流すことができました。
    いい関係性で皆さんが繋がっている‘この場所’を
    初コメのその方に乱されるのが、私は残念で悲しかったのです。

    パパさんの相手の考えも気持ちも、想いも
    パパさんの相手にしか分からない。
    と‘私は思います’。

  • パパさん皆さん初めまして、Yと申します。
    私はW不倫1年です。色々と悩むことがあり、パパさんのブログに辿り着きました。
    パパさんのブログはパパさんのお人柄なのか、ほんわかした雰囲気に癒されています。パパさんはきっと皆さんのアイドル的な存在で、店長さんとの成り行きに毎回ドキドキしながら、拝見させて頂いています。ただ一つ言えることは、パパさんもこれから出会いがあり、恋愛なさるかもしれません。それは喜ばしいことだと思います。これからも、ブログ拝見させて頂きます。

  • パパさん、皆さんこんばんは。はじめまして。
    いつも拝見していましたが、初コメです。

    読んでて、なぜか涙が止まりませんでした。なんの涙なのか、自分でもよくわからないのですが。

    でも、これは私にも皆さんにも起こりうる事ではないでしょうか。

    私は遠距離Wで、なかなか会えませんが、パパさんや皆さんの言葉に励まされています。
    この先どんな事があっても後悔しないように。

  • パパさん

    私も。パパさんのお相手だった方の顔を想っていました。
    (顔知らないけど(笑))
    私は、パパさんのお相手だった方の人間性が好きです。

    そんな彼女の誕生日に
    パパさんからの『お誕生日おめでとう』コメントはいくつ貯まるかな。

    日常生活すべてにおいて
    何を目的とするか…次第で結果は全く違ってきますね。

  • パパさん

    出張、お疲れ様でした! ブログを拝見し、パパさんはやっぱりパパさん♪ 、そう感じています! 4か月前の出来事が、パパさんに違ったバノラマを授けられたのでは?、、 お相手の心も、今回、出逢われた方の心の奥底も、誰にも解らない。 だけど、自分の心を投影して、相手に少しでも寄り添う事は出来るはず、、
    自分自身が幸せなのか、そうじゃないのかは、この先の未来にならないと見えて来ない。 今出来る事を自分なりに納得して歩いて行けばいいのでは! たとえ回り道したとしても! 応援してます! 来月、体調整えて、半年ぶりに相手に逢えます!
    それまでくたばらないように頑張ります!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA