②ブログを書いている事を「初めて」話しました。

不倫パパつぶやき

The following two tabs change content below.
不倫パパ
管理人「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。 趣味:絵を描く・娘と見るアニメ・BMX・ボルダリング
stevepb / Pixabay

不倫中、婚外恋愛中の皆様こんばんは。

不倫パパです。

 

 

先日からの続きです。

先日の記事は、今月1日の出来事でした。

同じエリアのお店をご訪問しながら、金曜日には出張から帰る予定でした。

 

 

2日の水曜日、私はその女性店長さんのお店に、フロアで一日立ちました。

話しあった内容をもとに、お店のレイアウトなどを一緒に変更していきました。

 

Sponsored Link



久しぶりにまじめにお仕事をしてきました。

「そのパッキン重そうだから、持ちますよ。」

「全然っ平気ですよ、、、よっこらしょっ!!」

 

「よっこらしょって・・・(笑)」

「しょうがないじゃないですか!(笑)、私オバサンですから(笑)」

「そうですね、私もオジサンですもんね(笑)」

 

「・・・老眼きました?」

「いえ、同い年です(笑)まだそんな年齢じゃないでしょ(笑)」

「えー、私さいきん細かいのを見ると、ほんっとに見えないんですよ~(涙)」

 

なぜか、終始彼女のペースに乗せられっぱなしです(涙)

 

 

お店の動線、プライスラインからの商品展開、その他さまざまなVMDを一緒に考えて

ようやく納得のいくカタチになりました。

 

「本当にお店が変わったと思います・・・これからも頑張ります!」

 

 

私は、今後ももっと彼女に良いお店を作っていってほしいという気持ちと、

あまり仕事で無理をしてほしくないという、なぜか心配する気持ちがありました。

 

 

そしてその日は、売り上げ予算もしっかり獲得し、

「少し、一服しましょうか。」

と、休憩室で二人、すがすがしい達成感を味わいながら仕事の解放感に浸りました。

 

 

 

 プレゼントを、贈りたい。

Unsplash / Pixabay

私も連日の疲れからか、

まだまだ出張の終わりは先なのに(涙)、その時は本当に仕事のことがポーンと頭から不思議と飛んでいて、

彼女と二人でいる時間の居心地の良さを感じてました。

 

 

昨日、もし聞ければと思っていたことを、聞いてみました。

 

 

「あの・・・」

「はい?」

 

「昨日、お誕生日のこと、おっしゃってましたよね。」

「そうですね、先月でしたけど(笑)」

 

 

「私からお誕生日プレゼントをお渡ししても、ご迷惑にならないですか?」

そのあとに、「同年齢のよしみで・・・」と付け加えようとしたのですが、

 

 

「ほんとうですか?嬉しいです~!!」

同年齢は、どうやら必要なかったみたいでした(笑)

 

 

「でも、一年もあっという間ですよね。

自分もどんどん年とりますし、娘なんてどんどん大きくなってビックリする事ばかりですよ。」

 

 

あっ、と心の中で思いました。

昨日言っていた「今は一人なんですよ」という彼女の言葉を思い出しました。

私はその言葉をわざと言ったのか、何も考えていなかったのか、

自分ではよくわかりませんでした。

 

 

「・・・そうですね、私も小学生の息子が二人いました。」

 

彼女にはお子さんがいらっしゃいました。

 

 

「そう、なんで昨日も私、

誕生日一人だったなんて言っちゃったのか、分からない(笑)」

 

 

やはり私は、ずっと考えていました。

彼女にはお子さんがいないのか?いるならなぜ母親なのに子供と一緒に住んでいないのか?

 

 

「離婚して、今一人で住んでるんです。」

「もう子供と離れて、一年くらい経つかなぁ。」

「私も女の子がよかったなー、二人もいて、今はかわいくてしょうがないでしょう?」

「なんか、優しいパパって感じがするよね。」

 

 

でも、私にはそんな理由を聞く「理由」がありません。

ただ、お互いに同年齢という親近感があるだけです。

この空気を、切らなきゃと思いました。

 

 

「金曜日は全体ミーティングですよね。その時までにプレゼントを用意しておきますね。」

 

「はい!楽しみにしてます!(笑)」

いつもの笑顔の彼女に戻りました。

 

 

本当は、私はもっと彼女のことを知りたいと思いました。

あんなに明るい笑顔なのに、あんなに幸せそうなのに。

あんなに根っから、明るい人なのに。

 

 

 

 

最後まで、書くのを迷って・・・。

kboyd / Pixabay

 

そうして、私はなんとか仕事の合間を見つけて、プレゼントを探しました。

あまり仰々しいものでもなく、

ちょっと仕事でも使えそうな、良い小物を見つけました。

 

 

それと、名刺くらいの小さなメッセージカードに

「お誕生日おめでとうございます」と書き、それと私のフルネームを書きました。

 

 

そして、ようやくこの長い出張の最終日(涙)、

各店の店長さん達との全体ミーティングとなりました。

 

 

もちろん彼女もいました。連日のハードワークでかなり疲れている様子でした。

取締役も参加していて、

各店長の皆さま、かなり神妙な面持ちです。

 

そりゃそうですよね(涙)

私もですけど。

 

 

各店長さんの発表、そしてなんやらかんやらと、滞なくミーティングも終了しました。

ようやく私の出張もおわりです。

皆様も、私も、お疲れさまでした(笑)

 

 

彼女に声をかけようとしましたが、

そのすんでのところで、やっぱり私は最後まで悩んでいたことを渡す直前に書き足しました。

 

 

カードの裏側に「LINEのID」を書きました。

 

 

そして私は、彼女に声を掛けました。

 

 

本日もご閲覧ありがとうございました。




Posted by 不倫パパ