「不倫する」の別名は「外注する」と言うようです。

SPONSORED LINK


不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

 

 

不倫のことを「婚外恋愛」という言い方は、なんとなくもう古いと感じる昨今ですが、

世間ではどうやら別の言い方で呼ばれているのを、つい昨日知りました(涙)

 

レスられ夫が外注して嫁にばれました

全然誘ってくれないから外注していい?

外注先を探すスレ

 

いえ、本当は「妻とのセックスレス」について、同僚と話したことを書こうと思ったのですが・・・。

ネットでセックスレスについて少し見てみようとしたら、やたらこの「外注する」という単語を目にしました。

 

世間では・・・と言いますか、ネットではそう呼ばれていると言った方が正しそうですが、そろそろ私の冒頭のご挨拶でもある「婚外恋愛」という言い方はもう古いと認識したほうがよさそうですね(涙)

 



婚外恋愛という言葉はいつから使われたのか?

不倫の別名として定着されてきた「婚外恋愛」という言葉ですが、

いつからそう呼ばれるようになったのか?というのは、正式には調べてもなかなか正確な結果は得られませんでした(涙)

 

ちなみに、婚外恋愛という言葉がタイトルで出版された本を調べてみますと、

婚外恋愛に似たもの (光文社文庫) [ 宮木あや子 ]

感想(0件)

宮木あや子さんの本は、2015年2月10日に出版されています。

 

もっと前で、亀山早苗さんの本が2014年2月27日。

婚外恋愛【電子書籍】[ 亀山 早苗 ]

感想(0件)

もっともっと前のものとしては、

【中古】 結婚外恋愛の手ほどき /桜井秀勲(著者) 【中古】afb

感想(0件)

桜井秀勲さんの本は1999年11月12日で、「結婚外恋愛」という言葉がタイトルですが、このあたりがいちばん古くからのもののようなので、

「婚外恋愛」は、もう20年弱は使われていた言葉かもしれません。

 

そして、ここ最近(?)でよろしいのでしょうか、

「外注する」という言葉も、もっと前から使われてたよ!というのを知っている方がいらっしゃったら教えてほしいですが(涙)

配偶者とではない外でのセックスのことを「外注」という言葉で表現されています。

 

 

外注という言葉そのものは

会社などで、仕事の一部を、外部に注文してさせること。

というふうに出てきます。

 

夫婦間において考えますと、

夫婦の間で、セックスの一部を、他の相手にお願いしてすること。

というふうに解釈できるでしょうか。

 

そもそも外注とは、「自分達でやるべき仕事を他の会社の人にお願いすること」であり、

「夫婦間で行われるべきセックスを他の相手にお願いすること」という、夫婦でのセックスはやらなければならない義務のように感じてなりません。

 

・・・という点については、また別の記事で書きたいと思っていますが、

「不倫=外注」と直接繋がる感じではなく、使われ方としてはあくまで「セックスそのもの」の捉われ方のようです。

 

セックスをアウトソーシングする人の目的

外注・・・かっこいい言い方をすればアウトソーシングなので、セックスのアウトソーシングと呼んでみます。

もともとアウトソーシングの目的とは、一般的には会社の経営の効率化や、環境変化に対応するための方法の一つであり、

これも夫婦間で考えると、夫婦生活の円満化や、家庭環境の変化におけるトラブルに対応するための方法の一つ。

それがセックスのアウトソーシングにおける目的なのでしょうか。

 

そして私が「セックスレス」から調べたように、夫婦間でのセックスレスの不満を外に求めるという意味合いだとすると、あくまで心の部分は別もののように

意図的に表現された言葉だと感じます。

 

でもまあ、配偶者以外でのセックスは不貞行為にあたりますから、そこに心が入っていようと入ってなかろうと、セックスのアウトソーシングと言おうと、

結果としては不倫と言われることでしょう。

 

 

ともあれ、この外注という表現は

私は、まだ配偶者に気持ちのある人が使っているように感じます。

 

外注とあえて言うことで、不倫相手に気持ちが入ってしまう関係になるのを拒んでいるように感じます。

婚外恋愛という言葉よりも、なんともビジネスライクな表現ですが(涙)

私的にはこの言い方は、これから先あまり流行ってほしくないですね。

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

あなたにおススメの記事



6 件のコメント

  • Kさん、こんにちは!
    いつも、とこしえをありがとうございます。
    忙しい中、凄いなー、どうやって時間のやりくりしてるんだろうなって、
    感心すると同時に感謝しています。

    外注って!初めて知りました。
    ウーン、私は、その呼び方、嫌です。(笑)
    Kさんがおっしゃる通り、パートナーに幾分、配慮がある使い方ですかね?
    私も、そう感じる?感じるから嫌なのかな?
    後、何か、凄く軽い?感じがして。ま、そういうドライな感じのがいいんですかね。
    婚外恋愛。それが一般的?ま、マスコミは、不倫ですよね。
    私は昔、不倫っていう表現も、好きではなかったんですが、今は自分達の関係は
    不倫が、まだ一番しっくり来るかなって。
    イギリスでは、不倫て言葉無いそうです。代わりに【True Love】だそうです。
    ウーン、それも違う様な?だから、私達は、やっぱり不倫かなって。
    何か背徳な意味合いも含んでの関係だから、不倫が一番、しっくり来るのかも。

    前回の匂いのトピも、私はどうなんだろう?って、考えて。
    彼の体臭。嫌いではないけど。もし、この匂いが彼の物では、無かったら?
    多分、嫌です。彼は、私の匂い、好きって言って、よく嗅いでるけど(//△//)
    嫌じゃあないのは、彼を好きだからですよね。

    年末で、忙しくて、寒い日が続きますが、体調崩さない様にして下さいね。
    Kさんが居ないと、みんな困っちゃいますから。

    • じゅんさん
      コメントありがとうございます。

      有難いお言葉、嬉しい限りです(涙)
      私はただくだらない事をつぶやいているだけなので、ここに来て頂ける皆様方のおかげさまさまです。
      「おかげさまさま!」って、ミラちゅーのカノンがよく言う言葉なのですが、ほっこりして良い言葉ですよね。

      イギリスの「True Love」は驚きですね。倫理観の違いなのでしょうか、不倫が原因の離婚は日本では慰謝料が発生しますが、イギリスでは発生しないというような記事をネットで見ました。
      私は娘のニオイと、本のニオイと、接着剤のニオイと、雨がポツポツきた時のアスファルトのニオイが好きです。変態でしょうか(涙)

      ブログは深夜にやっているので大丈夫です。
      年末、じゅんさんも風邪にはお気をつけくださいませ。

      是非また覗きに来てください。

  • 「外注」という言葉、世の中で使われているのですね。びっくりしました。

    私の相手は、私の前に複数の方と付き合った経験がある人たったので、嫌みを込めて、「これまで、奥さまにはお世話にならない部分を外注してきたんだね」、と言ったことがあります。
    相手は、「外注!」(○_○)!!と絶句した後、しゅんとしてました。
    50代半ばのおじさんにはあまりにビジネスライクで、だけど図星でショックだったようです。

    私も外注された女、と自覚すべき、と付き合って来ましたが、
    そう思えない相手からの言葉には、せめてもの自分への戒めがなし崩しになりそうでした。
    今振り返ると、私も最初は「外注」だったと思います。そのままなら楽だったと思います。

    • たまきさん
      コメントありがとうございます。

      お相手さんにとっては、つうこんのいちげき!だったことでしょう(涙)
      しゅんとなるのは楽だったから、図星じゃなかったらショックは受けないと思います。

      やっぱり不倫というのは恋だからだと思います。恋とは少なくとも私の場合はもう少し泥臭くて、うしろめたくて、そして苦しみを伴うものだと感じます。

      出産や育児を終えた後、その後の長い結婚生活のなかで恋をすることはあってはならなく、「外注」と言い聞かせながらその恋に蓋をするのは苦しい生き方にも思えます。
      そう考えると種の保存という点からは、人間はおそらく神様が予定した以上に長生きし過ぎるようになった哺乳類なのかもしれませんね。

      是非また覗きに来てください。

  • パパさん

    少し思う所があり書込みます。
    「外注」私もあまり好きではありません。
    ですが、不貞行為、婚外恋愛…
    言い方を変えても、している事はいけない
    こと…
    「とこしえの木」では、みなさん少なからず
    経験しているから、肯定されている内容で
    「私は、間違ってない」と思えますが…
    ですが、ここを離れれば世間的には、否定的行為なんですよね…
    今回、考えさせられました。
    だからと言って、彼と切るつもりは、有りませんけど…好きだはれたばかりじゃ無いんだと気持ちを引き締めた感じです。
    ステキなお題、いつもありがとうございます。

    どうか、年末ですので、お身体大切に…
    これからも、よろしくお願いします。

  • パパさんこんばんわ

    配偶者間に愛情が無かったら、愛情の外注もあるのかなと読ませてもらいました。

    『外注』の言葉に意味はなく、どんな言葉で飾ろうともやってることは不貞行為ですからね。好きも嫌いもないですが。

    でも一般的には不評だということが分かりました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA