②不倫相手からのLINEが減ってしまった女性へ
Sponsored Link

②不倫相手からのLINEが減ってしまった女性へ

不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

前回の投稿で、お相手さんからのLINEが減ってきてしまっている時、男はどんな気持ちでいるのか?ということについて書いてみました。

で今回は、そうなってしまってる時には実際にどうすればいいのか?という事について私の思うところを書いてみようと思います。

お相手さんからのLINEが昔より減ってきた。

最近は「おはよう」「おやすみ」くらいしかLINEが来ない。

毎日だったのに、二、三日おきくらいになってきた。

・・・一週間、LINEが、来ない・・・。

仕事でめちゃくちゃ大事な時期とかには「最近、ホントに忙しくて・・・」みたいに、一週間くらい連絡できなくてもしょうがないじゃん!と開き直りたい時も、男はあると思います。

でも、そんなことを言ってしまったら「私が居る意味あるの?!」って感じですよね。

このように、LINEが原因でお互いの関係がギクシャクしてしまう状況もなくはありません。

そして、そんなかるいギクシャクの後、またしばらくLINEが来ない・・・

もう明日でまた一週間、さすがに明日LINEが来なかったら自爆して何を言ってしまうか分からない・・・。

じゃあそんな時は、

「実際に会ってじっくり話をすれば、きっと仲直りができる!」と思いますよね。

でも、これもまた勘違いで

「仲直りをしたいから、しばらくLINEも会うのもやめよう。」と男は考えたりします。

とくに、以前に相手の女性が自爆してしまった事がある男性側は、なおさら考えます。

・・・仲直りしたいからLINEしない?話し合いをしない?

意味わかりませんよね(涙)

男って、多分こんなんです。

私なんかはへなちょこなので、妻が「ちょっと話があるんだけど」なんて言われると悪い予感しかしなくて逃げたくなります(涙)

まあ、それはさておき、

自爆しそうになったとき、お相手さんに言いたい事は色々あると思います。

以前のほうが大事にされてるって思えた。

会えなくても、LINEがなくても平気なら私がいる意味がない。

そんなふうにはストレートに言えないと思いますが(涙)私の気持ちも少しは分かってほしいということを、お相手さんに伝えたいと感じます。

もちろんそれは分かりますが、男としては過去の話は受け止めることしかできません。

過去はどうすることもできないので、その言葉は全て自分が責められている状態と受け止めます。

男性に物事を相談するとき、ただ聞いてほしいと思っていても結論を出したがってウザいと思ったことはありませんか?

「要は・・・」なんて言葉は、あまり解決していなくてもしょっちゅう聞くと思います。

きっと男はたいがいそうで、結論や解決策を出したがりたい生き物だと感じます。

どうする事も出来ない過去のハナシに対して、責められていると感じて「じゃあどうしろと?」と言い返したくなり、きっとギクシャクがケンカになってしまうことが自分でも分かると思うのです。

そんなことになったら、貴女を傷つけてしまうことは分かっている。

だから話し合いをしたくないのは、これ以上ギクシャクをケンカに発展させたくないのです。

好きな人を傷つけたくないという、お相手さんの思い遣りなんだと私は感じます。

男同士でケンカになりそうな時も、たいがいそうします。

お互い血がのぼってヤバい感じだから、そんな時はしばらく時間を空けて冷静になってから話してみようと。

たいがいは仲直りして、またいつも通りの関係に戻ります。

気持ちを伝える具体的な二つの方法。

でも、やっぱり女性としては自分の気持ちを伝えないと気が済まないと思います。

それにはめんどくさいですが(涙)「伝え方」の工夫があります。

一つは、責められていると感じさせない楽しい伝え方、

もう一つは、連絡しやすい時間帯を作ることかなと感じます。

要は、(←自分で言うな)

色々忙しいお相手さんだって、LINEがしたくないわけじゃないと思います。

楽しいLINEや話し合いならしたいと思っているのです。

仕事で疲れた後の帰り道の時間なんて、とってもいいですね。仕事で疲れても、大好きな人とのLINEや会話ならめちゃくちゃ癒されます。

その時の内容は、過去の気持ちではなくどうやったら良い未来になっていくか?という解決策をお相手さんに出させれば男は満足すると思います。

「以前のほうが連絡が多くて今は不満」という気持ちも、

帰り道に話せて少しうまくいったなら「今度からはこんな時間ならどうかな?」とか

良い未来に繋がるためのLINEだとしたら、自然にLINEは増えていくと思います。

それが、お相手さんにとって癒しの存在と感じるLINEで、あとは貴女は特別なことをする必要はないと思います。

なぜならお相手さんにとって、既に貴女は特別な存在だからです。

・・・と、色々と書きましたが

結局は言いたいこと言えないで我慢するしかないじゃん、というツッコミが聞こえてきます(涙)

だから、私はいつも思うのです。

この関係は、結局は女性の我慢の上に成り立っているものだなぁと・・・(涙)。

本日もご閲覧ありがとうございました。

Sponsored Link

フォローする

姉妹サイト新着記事
おあいてさんといっしょ

関連記事

コメント

  1. まみ より:

    前回の記事にも、
    コメントさせて頂きました。
    悩まれている方がいる中、不謹慎かと思いましたが
    わかり過ぎて朝から笑ってしまいました。

    独身時代、男性社員と業務内容を巡って
    やり合っていると
    その方は、怒られている子犬の様に、目を合わせず口を閉ざしたままでいました。

    その状況を理解できず、時間を置いて聞いたところ
    「極論を言ってしまいそうだから」と
    教えてくれました。

    教えてくれた、男性社員のおかげで
    男性相手の伝え方を知る事ができました。

    女性側からみたら
    「我慢」かも知れないけど
    男と女は違う、だから楽しいな…と思っています。

    凄く良い記事に、
    連続でおじゃまさせて頂きました。
    ありがとうございます。

  2. ニコ より:

    パパさん。
    こんばんは。
    納得!!!(笑)。
    私たちは そんなにLINEは減ってませが…。
    わかる気がします。今は お互いなんとなく落ち着いて連絡できていますが、この関係が始まって しばらくしたころ。彼が安心してLINEの頻度が減ったころは パパさんの おっしゃる通りのギクシャクがありました。
    確かに 女性は話し合い好きですよね。私も大好きです(笑)。でも少し男性よりなのかな。相談というより どうするのか?結論や解決策を求めてたかも。
    あ~だ こ~だ言ってても どうしたいの?って私から言ってたかも。過去のことを話しても彼は逆ギレしちゃうし…。きっと 責められてるって思ってたんでしょうね。
    最近はLINE少ないと思ったら「少ない。」じゃなくて「寂しい。LINEしてくれたら嬉しいな。」とか言うようにしてます。
    結局 がまんなのかしら。
    何が言いたいのか わかんなくなっちゃいました(笑)。
    お邪魔しました~。

Sponsored Link