①「恋愛」に怠けていませんか?

不倫パパつぶやき




skeeze / Pixabay

不倫中、婚外恋愛中の皆様こんばんは。

不倫パパです。

 

 

四か月ほど前に私はこんな記事を書いていましたが、

不倫相手の「コンプレックス」

 

そう、以前から私は

「顔のシミ」が気になっていまして。

で、実は半月ほど前に

「シミのレーザー除去」してきました。

 

ですので、今はまだ顔のシミがあった部分に小さい絆創膏を貼って仕事しています(笑)

なるべくお風呂で水がかからないように注意して、お風呂の後には絆創膏をはがして消毒液を塗ってから日焼け止めの薬を塗っています。

 

かさぶたっぽいのはようやく取れてきて、今はまだシミのところはうっすら赤くなっておりますが、完全に消えるまでは二か月くらいかかると言われました。

 



シミのレーザー除去手術の具体的な感想。

もし、詳しく聞きたい方がいらっしゃれば、

長くなるので別の記事としてお書きします(笑)

 

 

まあ、今月の外回りではお得意先で

「あれ?どうしたの?」と顔の絆創膏を行くたび行くたびツッコまれます(涙)

 

「下の娘とジャレてましたら・・・」

とそのたびそのたび答えておりますが。

 

 

昔からずっと気になっていたというのが大きいのですが、

仕事上、人と会う機会が多いので、そこで清潔感のあるほうが印象は間違いなく良いというのも理由ですし、

子供が女の子で、これから成長していくなかで少しでも若々しいパパでいたいなというのも理由の一つでしょう。

まあ、上の娘は夏休みも友達との遊びが楽しいようで、今は下の娘を手なずけてます(笑)

 

 

どうしてキレイになりたいの?

puderundpinsel / Pixabay

ともあれ、

いつまでも若くいたいというのは、男性も女性も共通の気持ちでしょう。

人間は見た目じゃない、大事なのは心・・・なんて正直に言える人がいれば私はすこぶる尊敬してしまいますが、

 

特に女性の「美」に対するこだわりは男性の比べものにならないですよね。

派遣の50代の女性の方と話していて、美白(?)クリームに8,000円のを使っているというのを聞き、

「そ、そうなんですか・・・」と言うだけで、

「だからお肌がきれいなんですね!」と言うのを、驚きのあまり忘れてしまいました(涙)

 

 

キレイで若々しくいたほうが、自分の人生が豊かになったり、得をしたりするのかもしれませんが、

「キレイになりたい」というのは、私は自分のためでもあり

そして自分と関係のある「相手」のためでもあると思います。

 

相手と一緒にいる「私」を、相手に自慢に思ってもらいたい。

相手に喜んでもらうために、キレイな「私」でいつづけたい。

 

その気持ちが若々しさを保つ原動力になることも、大いにあると思います。

 

 

どうしたらキレイになれるの?

aletuzzi / Pixabay

いずれは私も40代、50代、そしてもっともっと年齢を重ねていけば

たぶん家系的にはハゲないと思いますが、きっとハラも出てきたり、シワも増えてきたりするのでしょう(涙)

 

男だって、いつまでも若く見られたいものです。

 

そんな事を思うと、

私は相手と出会ったころを思い出します。

 

 

あれやこれや言ったところで、人が若々しくいるために一番効果があるものは

やはり「恋愛」かもしれません。

 

 

30を過ぎて私はある人を好きになりましたが、

その時はこの関係であろうとなかろうと、30代の恋愛はなかなか難しいものだと感じていました。

 

「もう私なんか」という劣等感みたいな気持ちと、

「まだ私だって」というプライドみたいな気持ちと、

そんなものが複雑に交差している心境でした。

 

互いに育児のブログを書いていて仲が深まっていったのですが、

その前のただのちょっと仲の良い顔見知りの程度の時に、私が相手のことが好きな気持ちを見透かされてしまったら、私は死ぬほど恥ずかしいと思っていました。

 

ちなみに相手のほうは、

初めて一緒に食事に行った時なんて、相手はほとんどご飯を口にしなかったので、

相手はとても小食なんだなと思っていました。

 

後で聞いたら、緊張してただけって言われました(笑)

 

 

キレイというと、魅力的な目をしていたりとか、顔だちが端正であったりとか

そんな要素ばかりを考えてしまうかもしれませんが、

 

私はもっと「表情が魅力的」かどうかって、大きいと思います。

相手が笑うとそれだけで楽しくなる。

どの表情も豊かで、それが魅力的に感じる。

 

 

考えてみると私は最近、恋愛には怠けています。

ですが、つい数日前に、そのことを思い出させる女性に出会いました。

 

それはまた次回にお話ししようと思います。

 

本日もご閲覧ありがとうございました。




Posted by 不倫パパ