②「自宅不倫のバレない方法」と「外出不倫を見破る方法」は、どちらも一万円ちょっとです。
新規登録
Sponsored Link

②「自宅不倫のバレない方法」と「外出不倫を見破る方法」は、どちらも一万円ちょっとです。

The following two tabs change content below.
不倫パパ

不倫パパ

管理人の「不倫パパ」です。30代半ば、妻と娘二人の四人家族です。

不倫中、婚外恋愛中の皆さまこんばんは。

不倫パパです。

先日からの続きです。

先日からの最後に、外での不倫の調査も、自宅で不倫をしていても、対象となる相手の所在をGPSで把握するということが目的の達成に繋がるのではないかと書きました。

先日の、自宅マンション不倫「ZMF!」と同じように、不倫をしている相手を調査することも分かり易く「SF調査」と名付けてみます。

「SF調査」において、例えば不倫疑惑のある配偶者の素行を探偵を雇って調べるとするとその費用はいかほどのものでしょう?

浮気調査の平均的な目安としては、一時間で15,000円~20,000円(調査員二人)くらいらしいです。ですので、まる一日くらい雇うものならそれだけでだいたい40万円くらいの大金が掛かります。

また、「ZMF!」においては自宅で相手と逢瀬をするメリットの一つとして、ホテル代が掛からないという経済的な部分もあります。配偶者の所在を把握するためにそれ以上の費用が掛かってしまっては元も子もありません。

「ZMF!」も「SF調査」も、相手の所在を知るためには低コストでのGPS発信器が必要不可欠です。

そして、そのGPS発信器もいいかげんなものでは命取りになるので、対象者の所在の精度の高さが要求されるのと同時に、リアルタイム性も非常に重要なところです。

その点を含めて、私の最近の経験を元に調べた結果をご報告します。

費用3,000円以下の発信器

タイトルで一万円ちょっとと既に書いておりますが(涙)掛かるコストはできるだけ避けたいものです。

ということでまずは調査費用がなんと3,000円以下で抑えたこちらをご紹介です。

iHere3 GPSウェアラブルキーホルダー

※画像引用元・楽天市場より

とても小型のキーホルダー型GPS発信器です。iHere3のアプリを使って、スマホから発信器の位置情報を確認できるようです。

こんな小さいサイズの発信器なら、相手のカバンの中にこっそり入れておいてもバレなさそうです。更には、リモートカメラのシャッターやリモートボイスレコーダー機能を兼ね備えているということで、価格は楽天で2,980円で販売されていました。

「ZMF!」にはあまり必要ありませんが「SF調査」においてはとても利用価値がありそうです。

3,000円以下ならとてもリーズナブルなリスク回避対策ですが・・・

この発信器の弱点は、約22メートルの範囲でしか機能しないということです(涙)もともと自宅で失くしてしまった小物などを探すための発信器のようです。

もし「ZMF!」で使おうものなら、22メートル先で自宅マンションに向かってくる相手の所在を確認できたとしても、スッポンポンの自分と帰って来る妻との距離は目と鼻の先!みたいなものです(涙)

あわてて服を着て、なんとか靴を隠すことができたとしても、逃げることは難しいでしょう。

実用、不可です。

費用9,000円以下の発信器

次のは、商品紹介ページでも「探偵社も行動調査の証拠に利用」と謳ってあるもので、ちょっと期待ができそうです。

GPSロガー i-gotU GT-600

主に車両設置で車の移動経路などのルート確認に使われているようです。もちろん小型なので気付かれなそうです。

こんな感じ本体から発信される位置情報を端末で把握できます。

・・・ただ、この商品のAmazonレビューを見るとなかなか厳しいご意見が78件ほど出てきます。

「天気が曇りの時は認識しないのでGPSとして全く使えません」

「時刻機能が付いているが、1時間もずれたりする」

「パソコンに繋げても読み取れなくなりました」

※原文ママ

実際に私は使った事がないのでなんとも言えませんが(涙)一つのミスも犯せない逢瀬の状況下としては信頼性が今一つ足りないように感じます。

期待は大きかったですが、これも実用不可のようです。

私が使っている「ZMF!」は一万円ちょっとします。

どうやらなかなかそんなにウマい話はないのか?と、ちょっとあきらめモードです(涙)

対象者の活動範囲を広域にわたってカバーし、かつその所在がきっちりとどの辺りにいるのか?を把握し、更に今どこに居るのか?をリアルタイムで分からないとダメ。

それがパソコンなどではなく、ベッド脇に置いてあるスマホからでも瞬時に簡単に教えてくれるもの・・・。

あ、そう言えば昔の私の記事で、こんなのを書いていました。

不倫を「調査・見破る」方法
不倫を「調査・見破る」方法
今まで不倫・浮気のばれない方法をお伝えしてきましたが、本日は逆の視点から、 不倫・浮気を調査・見破ってい...

相手のスマホにアプリを勝手にダウンロードして、相手のスマホから位置情報がわかるので「不倫を調査・見破る方法」として書いたものです。

まあ、そもそも自分のケータイに見慣れないアプリのアイコンなんかがあったら「なんじゃこりゃ」ってなりますよね(涙)

自分のケータイに・・・。

・・・あ、そうそう、

話は変わって、つい最近なのですが上の娘に初めてケータイを持たせたんですよね。

最近は物騒な世の中ですから、学校からの帰り道とか娘が不安なもので(涙)

最近はau、ドコモ、ソフトバンクと各社キッズケータイを出していて、普通のケータイやスマホと比べると使える機能が制限されていますので料金もそんなに高くないんです。

ウチは新規購入で本体価格がだいたい10,000円くらい、基本使用料は月額500円くらい、GPSを使った位置情報サービスの利用に200円くらい。

合計でいいますと一万円ちょっとくらい。

本体のサイズも大きくなく、長さは9センチ・幅は5センチくらいで手のひらサイズですから、例えば私のカバンの使わない内ファスナーの中に入ってても気が付かないくらいです。

ちなみに、キッズケータイの最大の安心機能は、やはり娘の今居る位置が自分のスマホから、リアルタイムに正確に分かるということでしょう。

ドコモのキッズケータイは「イマドコサーチ」というGPS機能がありまして、こんな感じで位置の把握や、スマホへ連絡がくるような設定もできます。

※画像引用元・arrows×ケータイWatchより

入学した四月からケータイを持たせて、私は最初の頃は仕事の休憩時間の度に検索してました(笑)

でも自宅から学校や公園くらいの活動範囲なのであまり地図上の画面は変わらないんですけどね(涙)なので最近は安心してしまって、友達との習い事の帰りの時間に見るくらいです。

まあ今までの私の「ZMF!」、自分不安!から、安心のためなら月額数百円は安いものですよね。

あ、すみません、話がそれました・・・

対象者の活動範囲をカバーし、かつその所在の位置精度&リアルタイム性を自分のスマホから把握できて、しかも経費を抑えた方法・・・

・・・あ、あれっ?

もしかして、その答えは・・・

余計なリスクは負わないのがいちばんです。

色々と書かせて頂きましたが、まあ最近のキッズケータイというのは色々と進化しているのだなぁと感じます。

ただ、タイトルにお書きしました「自宅不倫のバレない方法」や「外出不倫を見破る方法」のツールとしての活用と考えると、いささか悲しいものがあります(涙)

もし私が不倫中で、自宅マンション不倫「ZMF!」のリスク回避を本気で考えるのなら・・・

一階に住んでいるお相手さん以外は「ZMF!」はしないほうがいい

かもしれません。

本日もご閲覧ありがとうございました。

Sponsored Link

フォローする

関連記事

Sponsored Link